金髪イケメンのトーマス・サングスターって?経歴・おすすめ作品紹介

あなたは『ラブ・アクチュアリー』という映画で、リーアム・ニーソンの息子サム役を演じたトーマス・サングスターをご存知でしょうか?

人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や映画『メイズ・ランナー』シリーズ、そして『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などの作品にも出演しているイギリスの人気俳優です。

今回は、有名作品に続々出演中のトーマス・サングスターの経歴とおすすめの出演作品を紹介していきます。

この記事を読むことで、トーマス・サングスターがどのような人物かを知ることができます。また、「彼女はいるの?」「インスタはしているの?」という疑問にも答えているので、ぜひ最後までみていってくださいね。

トーマス・サングスターのプロフィール

では、トーマス・サングスターについて下記にまとめましたので、参考にしてください。

トーマス・サングスターのプロフィール
  • 本名:Thomas Brodie-Sangster
  • 生年月日:1990年5月16日
  • 出生地:イングランド・ロンドン
  • 国籍:イギリス
  • 職業:俳優
  • 活動期間:2001年〜

また、現在30歳で身長は179cmあり、高身長でイケメンと羨ましい限りです。

そんな彼ですが、以前インタビューで「自分は無口でシャイな性格だ」と語っていたことがあるようです。

トーマス・サングスターの経歴

トーマス・サングスターは俳優である父、マーク・サングスターと、女優である母、ターシャ・サングスターの元に生まれました。

それから、2001年に子役として役者デビューをスタートしました。

また、映画『ラブ・アクチュアリー』で共演したヒュー・グラントとは親戚のようです。

両親が二人とも俳優で、親戚にも俳優がいるということで、俳優一家に生まれたトーマス・サングスターはサラブレット俳優だと言えるでしょう。

トーマス・サングスターに彼女はいるの?

トーマス・サングスターには、2016年からジー・ウィスダムという恋人がいます。

2019年9月11日に、ロサンゼルスで白昼堂々とデートをしている様子がパパラッチによって撮影されています。

「無口でシャイな性格」だと自分で言っていたトーマスですが、高身長イケメンに彼女がいないはずがないですよね。

また、2012年には映画『メイズ・ランナー』で共演した女優、カヤ・スコデラリオとお付き合いしていましたが、2016年に破局してしまいました。

トーマス・サングスターはインスタしてるの?

調べた所、トーマス・サングスターのInstagramアカウントはありませんでした。

しかし、Twitterのアカウントはありましたので、紹介しておきます。トーマス・サングスターのTwitter

海外のセレブは、Twitterでの出演作品や楽曲の宣伝が多い印象なので、Instagramの方は使わないのかもしれませんね。

ですが、今後Instagramを使うようなこともあるかも知れないので、要チェックです。

トーマス・サングスターおすすめ出演作品①ラブ・アクチュアリー

では、ここからはトーマス・サングスターが出演している作品でおすすめの作品を紹介していきたいと思います。

1つ目に紹介するのは、映画『ラブ・アクチュアリー』です。トーマス・サングスターのファンなら一度は見るべき映画でしょう。

2003年に公開された映画で、親戚であるヒュー・グラントと共演したことでも有名な作品です。

この作品は、「グランドホテル方式」で制作された作品となっており、様々な境遇の登場人物が送る恋模様を描いており、次第に彼らの恋模様が繋がっていたことが分かる流れになっています。

映画『ラブアクチュアリー』見所と特徴「グランドホテル方式」とは

2020年5月23日

トーマス・サングスターおすすめ出演作品②ギャングバスターズ

2目に紹介するのは、映画『ギャングバスターズ』です。2012年制作のアメリカのアクション・コメディ映画となっております。

ウーディ三兄弟は、無法地帯に等しい地域で暴れていました。ある日、3人の前に美女が現れて、高額な報酬で親友の息子ロブを取り戻してほしいと依頼されます。

三兄弟のうちの一人であるブリックは、その美女の魅惑に惹かれその依頼を引き受けてしまい、ギャングから追いかけられることに…。

この作品でトーマス・サングスターは、障害を持っていて移動には車いすが必要な17歳の男の子ロブを演じています。

トーマス・サングスターおすすめ出演作品③ゲームオブスローンズ

続いて3つ目の作品はテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』です。2011年春から放送が始まり、最終話は2019年5月19日に放送されました。

物語はホワイトウォーカーが冥夜の守人の隊を襲い、わずかな生存者しか残さなかった直後のシーンから始まります。

総師ジオー・モーモント(演:ジェームズ・コスモ)は、サムウェル・ターリー(演:ジョン・ブラッドリー)が敵の来襲を警告する鴉を南に送り出せなかったことを叱責し、生存者たちに壁に戻るように命じます。

トーマス・サングスターはシーズン3、4に主要人物の旅の仲間である、予知夢を視る能力を持つジョジェン・リード役を演じました。

トーマス・サングスターおすすめ出演作品④ノーウェアボーイ

4つ目に紹介するのは、映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』です。

この作品は2009年公開のイギリス映画で、ビートルズ結成前の若きジョン・レノンを描いた伝記映画です。

トーマス・サングスターは若い頃のポール・マッカートニー役を演じました。

ポールとの出会いのシーンや、ポールにギターのコードを習うシーンは感動的で、トーマス・サングスターの演技力が目立った作品でした。

トーマス・サングスターおすすめ出演作品⑤メイズ・ランナー

そしてなんと言っても5つ目は、人気映画『メイズ・ランナー』です。

ジェームズ・ダシュナーの小説を原作とした2014年のアメリカ映画のSFミステリー映画シリーズで、他に『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』『メイズ・ランナー:最後の迷宮』があります。

トーマス・サングスターが演じるニュートは、主人公のトーマスを冷静にサポートする姿がかっこいいとファンの間では、人気が高いようです。

アクションシーン盛り沢山!『メイズ・ランナー』の注目ポイントを解説

2019年2月14日

人気脱出シリーズ「メイズランナー2砂漠の迷宮」ネタバレなし紹介

2019年9月20日

『メイズ・ランナー 最期の迷宮』のあらすじ・キャストを徹底解説!

2019年3月18日

トーマス・サングスターの経歴・おすすめ出演作品 まとめ

今回は、いま話題の金髪イケメン俳優のトーマス・サングスターの経歴・おすすめ出演作品について紹介しました。

子役の頃から培ってきた演技力で、若くして数々の傑作を残している彼は、相当な努力をしてきたのだと思います。

そんなトーマス・サングスターは、まだ30歳ということもあり、まだまだ今後の活躍にも期待が持てます。皆さんも気になる作品がありましたら、ぜひ見てみてください。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>