【日本が舞台!】『007は二度死ぬ』のストーリーやキャストを紹介

日本が舞台となった『007』シリーズ作品:『007は二度死ぬ』について紹介していきます。

この記事を読めば、日本人だからこそ今作をもっと楽しめるようになるでしょう。

そして『007は二度死ぬ』を”無料”で観られる動画サイトも紹介していくので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

(トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/_p8URGduyEg)

『007は二度死ぬ』って、どんな映画?

まずは、日本が舞台となっている映画『007は二度死ぬ』の情報を紹介していきます。

『007は二度死ぬ』作品情報
  • 公開年:1967年
  • 監督:ルイス・ギルバート
  • 主演:ショーン・コネリー
  • ジャンル:スパイアクション映画
  • 前作:『007 サンダーボール作戦』
  • 次作:『女王陛下の007』

『007は二度死ぬ』は、”初代ジェームズ・ボンド”の一度目の引退作品です。(次々作で、ショーン・コネリーさんがボンドに復活します)

歴代最高のジェームズ・ボンド」と言われることも多いショーン・コネリーさんが、日本で大暴れして活躍する姿を楽しめる作品ですよ。

『007は二度死ぬ』のストーリーを、簡単に紹介!

ここで『007は二度死ぬ』のストーリーを、簡単に紹介していきます。

アメリカの宇宙ロケットが、謎の飛行物体に捕まってしまうという事件が発生しました。この事件をキッカケに、アメリカとソ連が一触即発の緊張した状況になってしまいます。

その事件に犯罪組織:スペクターが関わっていると気付いたイギリス情報部(MI6)は、日本にジェームズ・ボンドを派遣しました。

そして日本の公安のトップ:タイガー田中たちに協力してもらいながら、ボンドはスペクターの秘密基地に潜入していく…というストーリーです。

【ボンドガールは日本人】今作のメインキャストを3人紹介!

日本が舞台になっているだけあって、今作には多くの日本人が出演しました。

それらのキャストの中から、今作で特に活躍する3人のメインキャストを紹介していきます。

ジェームズ・ボンド(演:ショーン・コネリー)

イギリス情報部(MI6)に所属し、”007”のコードネームでも恐れられている主人公がジェームズ・ボンドです。

演じているのは、「歴代最高」と言われるほどボンドがハマり役となった名俳優:ショーン・コネリーさんですね。

敵である犯罪組織:スペクターの陰謀を阻止するために日本を訪れ、日本人の協力者と共に活躍していきます。

キッシー鈴木(演:浜美枝)

今作のボンドガールであり、ボンドと共にスペクターの陰謀を阻止していく女性がキッシー鈴木です。

演じているのは、1960〜1980年代に大活躍した名女優:浜美枝さんですね。

「ボンドを動きやすくするため」という目的のもと、ボンドとキッシー鈴木は偽装結婚して夫婦になりました。

タイガー田中(演:丹波哲郎)

ボンドと協力して、日本国内に作られていたスペクターの秘密基地を壊そうとしていくのがタイガー田中です。

演じるのは、50年以上も俳優として活躍して300本以上の映画に出演した名俳優:丹波哲郎さんですね。

公安のトップという立場を活かして、表からも裏からもボンドをサポートしていきます。

【メインの2人以外にも!】今作に出演した、主な日本人一覧

ここで、浜美枝さんと丹波哲郎さん以外の『007は二度死ぬ』に出演した日本人を紹介していきます。それがコチラの人たちですね。

『007は二度死ぬ』に出演した日本人
  • 若林映子
  • 松岡きっこ
  • 牧村純子
  • 島田テル
  • 佐田の山

出演者の中には俳優以外にも、忍者や有名な空手家、力士などの日本人が数多く出演しています。

とくに佐田の山さんは大相撲で活躍中の横綱だったので、公開当時に今作を観ていた多くの日本人が驚いたそうですよ。

どんな日本人がどんなシーンに出演しているかを、あなたもぜひ探してみてくださいね!

今作で初めて、敵である犯罪組織:スペクターのボスが姿を現す!

今作では、『007』シリーズの二作目である『007 ロシアより愛をこめて』から登場していた敵(スペクター)のボスが、初めて姿を現しました。

そのボスの名前はブロフェルドです。世界征服を狙う悪の天才であり、『007』シリーズの中で何回もジェームズ・ボンドの宿敵として登場しますよ。

スキンヘッドで顔の右側に大きなキズ跡があり、ぎょろりとした青い目の男性という、とても不気味な外見をしています。

何人もの異なる俳優に演じられているので、顔や性格が変わることも多いキャラですね。今作では顔の右側にあるキズ跡が次作では消えているという風に、作品ごとに違う特徴を持っています。

【のちにカムバック!】今作でショーン・コネリーは、一度引退

映画『007』シリーズ第一作目からジェームズ・ボンドを演じてきたショーン・コネリーさんは、今作をもってボンド役を引退します。

次作である『女王陛下の007』では”二代目ジェームズ・ボンド(演:ジョージ・レーゼンビー)”が登場して、『007』シリーズは新しいジェームズ・ボンドで進んでいくハズでした。

しかしコネリーさんと比較されることに疲れたのか、レーゼンビーさんが『女王陛下の007』の撮影中に、ボンド役からの引退を決意してしまいます。

そのため、今作の次々作である『007 ダイヤモンドは永遠に』ではコネリーさんがボンド役にカムバックし、ファンを驚かせました。

【異色の作品】『女王陛下の007』のストーリーやキャストを紹介!

2020年10月15日

『007は二度死ぬ』は、航空関係のトラブルにつきまとわれた

ruin white plane under grey clouds

https://unsplash.com/photos/HXWBIBMokQw

今作のスタッフや出演者たちは、撮影中に多くの航空関係トラブルに巻き込まれました。そのトラブルの中でも、とくに大きい事故になってしまったものを紹介します。

英国海外航空機空中分解事故

今作を撮影中の1966年3月5日、羽田空港から飛び立ったボーイング707型機が、富士山に墜落してしまう事故が起きました。

乗員乗客を合わせた124人全員が死亡した大事故で、その124人にはイギリスに帰国する今作のスタッフも含まれています。

もともと監督のルイス・ギルバートさんや製作のアルバート・ブロッコリさんたちも搭乗する予定でした。しかし出発の2時間前に、忍者術の記録映画の披露が行われることになり、搭乗をキャンセルします。

キャンセルしてから数時間後、羽田空港から飛び立ったボーイング707型機が墜落するという、大事故が起きてしまいました。

カメラマンの片足が切断

今作にある「リトルネリー(ヘリコプター)の空中戦」のシーンを撮影しているとき、カメラマンであるジョニー・ジョーダンさんの片足が切断されてしまう事故が起こりました。

【高評価多数!】『007は二度死ぬ』を観た人のレビュー

指, フィードバック, 確認, レビューを書く, メモ, 腸, 善, 品質, 価値観, 評価, レビュー

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%8C%87-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%A2%BA%E8%AA%8D-3530353/#content

ここで『007は二度死ぬ』を観た人のレビューを紹介していきます。

いよいよ日本が舞台となった原作の映画化となった。

原作では、結婚した妻が殺され、失意のどん底にあえぐボンドが東洋で再生を図る。

主題歌のナンシー・シナトラは意外だったが、とてもいい曲。

浜美枝や若林映子はボンドガールとして文句なし。

それにしてもブロッコリは秘密基地が好きだなぁ。

引用:https://eiga.com/movie/46181/review/02402919/

丹波哲郎の存在感は素晴らしい

洋画の中で全く貧相でなく華があった

ボンドガールの日本人女性の美しさ以上のインパクトがあった

もっと洋画に出るべきだったと残念に思う

引用:https://eiga.com/movie/46181/review/02009340/

「ジェームズ・ボンドやショーン・コネリーに負けないほど、浜美枝さんや丹波哲郎さんの存在感が素晴らしかった」という高評価のレビューが、とても多いです。

ほかにも当時は現役だった横綱が出ていたり、日本人ですらあまり見たことが無い忍者も出ていたりするので、『007は二度死ぬ』で描かれている日本の姿を、ぜひあなたも楽しみましょう!

”無料”で『007は二度死ぬ』を観られる動画サイトを紹介!

テレビ, 男, 見, ルーム, オフィス, 近代的な, 技術, 画面, 見制御, ホーム, デスク, テーブル

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93-%E7%94%B7-%E8%A6%8B-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-3774381/#content

それでは”無料”で『007は二度死ぬ』を観られるサイトを紹介していきます。

ここで紹介する動画サイトは大手の動画サイトなので、安心して観てくださいね。

VideoMarketに登録すれば無料で観られるのですが、「登録初月無料」となっています。月末に登録すると次の日から月額料金がかかってしまうので、注意してくださいね。

そして、VideoMarketでは字幕と吹き替えの両方を観られます。ぜひ今すぐ登録して『007は二度死ぬ』を楽しんでくださいね!

『007は二度死ぬ』についての情報まとめ

日本が舞台となった『007』シリーズ作品:『007は二度死ぬ』について紹介しました。

日本人が多く出演していたり、偽装とはいえ日本人とジェームズ・ボンドが結婚するなど、日本人だからこそ楽しめる作品かもしれませんね。

さらに「敵組織のボスが初めて姿を現す」という、ある意味では記念作品にもなっています。

ぜひ今すぐ、ショーン・コネリーさんの一度目の引退作でもある『007は二度死ぬ』を観て、楽しい時間を過ごしてくださいね!

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>