実話に基づく話題作『グリーンゾーン』大量破壊兵器は存在するのか?

今回は、大量破壊兵器をめぐる「情報」を描いた『グリーンゾーン』についてご紹介します。

あなたは、イラク戦争開戦の理由をご存知ですか?今回ご紹介する映画は、その理由に迫った作品となっています。そのため公開当時には「米国批判だ!」とも言われた話題作です。

この記事では、映画本編をより理解して楽しむための予備知識をまとめました。ぜひ、最後までご覧ください。

(トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/IprD0z0zqss)

\配信作品数210,000本以上!探してたあの作品がきっと見つかる!/

『グリーンゾーン』の作品概要

まずは、政治と戦争を描いた話題作『グリーンゾーン』の作品概要についてみていきましょう。

『グリーンゾーン』の作品概要
  • 監督:ポール・グリーングラス
  • 原案:ラジーフ・チャンドラセカラン
  • 配給:ユニバーサル・ピクチャーズ
  • 公開:2010年5月14日
  • 上映時間:114分
  • 製作国:アメリカ合衆国
  • 製作費:1億ドル(約107億円)
  • 興行収入:9,490万ドル(約102億円)

製作費約107億円に対して、興行収入が約102億円と赤字となっています。これには、「米国批判だ!」と賛否が別れたことが原因ともいわれています。

スポンサーリンク

主要登場人物とキャスト

『グリーンゾーン』に登場する主要人物と演じるキャストを見ていきましょう。演技力の高い実力派揃いなので、他の出演作品にも注目です!

ロイ・ミラー(演:マット・デイモン)

ロイ・ミラーは、アメリカ陸軍上級准尉で移動捜索班隊長です。軍からの情報に基づいて大量破壊兵器の捜索を行います。しかし、いずれも空振りに終わり、情報源に不信感を抱いていきます。

ロイ・ミラーを演じるのは、1988年から活動するアメリカの俳優マット・デイモンです。代表主演作品には『ボーン』シリーズ(ジェイソン・ボーン 役)があります。

出演映画は続々大ヒット!俳優マットデイモンの魅力に迫ってみた!

2019年4月30日

ファリド・ラーマン(演:ハリド・アブダラ)

ファリド・ラーマンは、元イラク軍人の情報提供者です。イラク戦争時に片足を失い義足を使用しています。過去のイラク戦争で、フセイン政権下の軍幹部に反感を持ちイラクを変えたいと強く願っています。

ファリド・ラーマンを演じるのは、2005年から活動するイギリスの俳優ハリド・アブダラです。代表出演映画には『ユナイテッド93』(ズィアド・ジャッラーフ 役)があります。

ハリド・アブダラさんってどんな俳優?プロフィールや代表作を紹介!

2021年5月29日

ムハンマド・アル=ラーウィー将軍(演:イガル・ノール)

ムハンマド・アル=ラーウィー将軍は、旧イラク軍の上級将校です。

イラク戦争後、イラクを事実上管理しているアメリカに対して反米意識を持っています。そのため、他の将軍達を見方に付けて大きな反米行動を行おうとします。

反米行動を行おうとしているため、アメリカ軍のお尋ね者としてピックアップされています。

ムハンマド・アル=ラーウィー将軍を演じるのは、1987年から活動するイスラエルの俳優イガル・ノールです。代表出演作品には『300〈スリーハンドレッド〉〜帝国の進撃〜』(ダレイオス王 役)があります。

あの”独裁者”を演じた俳優:イガル・ノールさんの経歴などを紹介!

2021年6月2日

\配信作品数210,000本以上!探してたあの作品がきっと見つかる!/

『グリーンゾーン』の予告映像とあらすじ

それでは、『グリーンゾーン』の予告映像とあらすじを観て、イメージを膨らませていきましょう!

イラク戦争でフセイン政権が崩壊後、ロイ・ミラー率いる移動捜索班は、「大量破壊兵器が隠されている」という軍上層部からの情報をもとに幾たび捜索任務に出動。しかし、情報の場所には何もありません。

「情報が誤りではないのか?」と上官に相談するも上官は取り合おうとせず、ロイは違和感を感じていきます。

ある日、イラク人のファリド・ラーマンからの情報提供をきっかけに断片的な情報が徐々に繋がり始めます。そして、この戦争に隠された真実が明らかになっていくのです。

スポンサーリンク

大量破壊兵器とは?

(画像出典:https://unsplash.com/photos/6tiytXTQ3Yg)

本作で一番の鍵である「大量破壊兵器」とは一体どのような物なのでしょう?ここでは、大量破壊兵器やそれにまつわる条約等についてみていきましょう。

大量破壊兵器とは、破壊効果がきわめて強大な以下の4つのことを指します。

4つの大量破壊兵器
  • 核兵器
  • 化学兵器(毒ガス、煙幕、焼夷弾、枯葉剤)
  • 生物兵器(炭疽菌、痘瘡、天然痘、ペスト菌、ボツリヌス菌)
  • 放射線兵器

それぞれの大量破壊兵器は、軍縮会議で「廃棄」「実験を行わない」「製造しない」などが条約化されています。

しかし、核兵器に関しては、条約を発効するに至っていません。(2020年6月現在)

核兵器の実験、開発、製造、保有、貯蔵、使用などを禁止する核兵器禁止条約を発効(条約を使用)するためには、批准(ひじゅん)国が50カ国必要です。

2020年5月20日時点での批准国は、38カ国に留まっています。

批准国とは、国家が条約に対して承認、許可することを意味します。

(参考:https://hiroshimaforpeace.com/status-tpnw/)

\配信作品数210,000本以上!探してたあの作品がきっと見つかる!/

映画タイトルの「グリーンゾーン」とは?

(画像出典:https://unsplash.com/photos/nJI8WAqpn7Y)

映画タイトルになっている「グリーンゾーン」の意味について整理していきましょう。

グリーンゾーンとは、2003年の米軍侵攻によって制圧、管理されるようになったサダム・フセイン元大統領時代の政権中心地区のことを指します。

イラクの首都バグタードの中心部に位置し、広さは10平方キロメートルにもおよびます。グリーンゾーンは、高いコンクリート防爆壁、T字壁、有刺鉄線によって包囲されています。

グリーンゾーンは、厳重に警備され安全地域とされています。グリーンゾーン外のことを「レッドゾーン」と呼び、軍の管理を離れた危険地域を意味します。

スポンサーリンク

主人公ロイ・ミラーのモデルとなった人物

本作の主人公ロイ・ミラーにはモデルとなった人物が存在します。ここでは、モデル人物についてみていきましょう。

ロイ・ミラーのモデルとなった人物は、モンティ・ゴンザレス元アメリカ陸軍上級准尉です。彼は、イラク戦争初期に、本作主人公と同様にアメリカ陸軍移動捜索班隊長として、大量破壊兵器の捜索任務に就いていました。

そんな、彼は本作の軍事アドバイザーとして参加し、マット・デイモンへの助言等も行っています。

(参考:https://www.cinemacafe.net/article/2010/05/17/8276.html)

\配信作品数210,000本以上!探してたあの作品がきっと見つかる!/

『グリーンゾーン』はただの戦争映画ではない!

(画像出典:https://unsplash.com/photos/10MWI2UAWfg)

本作『グリーンゾーン』のストーリー自体はフィクションですが、ある実話に基づいて構成されています。ここでは、その実話についてご紹介します。

2003年から開戦されたイラク戦争のきっかけをご存知ですが?それは、「フセイン政権が大量破壊兵器を隠し持っている」というアメリカ政府の情報でした。

しかし、フセイン政権崩壊後にアメリカ軍が大量破壊兵器を捜索しますが、発見することはできませんでした。現在では、イラクには「大量破壊兵器は存在しなかった」という結論に至っています。

一体、どのような情報に基づいて大量破壊兵器の存在が確認されていたのでしょうか。ぜひ、あなた自身も考えながら本編をご覧ください。

『グリーンゾーン』のレビュー

ここでは、『グリーンゾーン』のレビューをネタバレが無いように一部抜粋して、ご紹介していきます。

作品レビュー
  • 政府の闇を感じられる映画
  • 外国が外国を統治することの困難さを感じる映画
  • イラク戦争の嘘の原因を追う1兵士の正義感
  • 戦争シーン圧巻の社会派サスペンス大作。
  • 退屈な場面がなく常に一定の緊張感がある

(参考:https://movies.yahoo.co.jp/movie/336109/review/?page=3)

本作は、単なるアクション映画では無く複雑な政治背景が描かれています。そのため、レビューは低評価も多く見受けられました。

また、本作をアクション俳優のマット・デイモン主演であるため、ド派手な戦闘シーン等を期待して観たという方も多くいました。

しかし、イラク戦争開戦のための情報操作を描いた、社会派映画であることを理解してご覧になった方からの評価は高い印象でした。

『グリーンゾーン』を視聴する方法

ここまで、『グリーンゾーン』をより楽しむための情報をご紹介してきました。

それでは、2020年6月現在で『グリーンゾーン』を視聴できる動画配信サービスをまとめたのでチェックしていきましょう!

現在、定額見放題の動画配信サービスは

U-NEXT

」「」の2サービスのみでした。

2サービスは、30日間の無料体験を実施(U-NEXTは31日間)しているので、この機会にぜひ加入してみてはいかがでしょうか。

\配信作品数210,000本以上!探してたあの作品がきっと見つかる!/

『グリーンゾーン』のまとめ

『グリーンゾーン』は、フィクション映画でありながら現実社会で起きている「情報」の重要性や信憑性を説いた社会派映画となっています。

映画レビューは賛否両論ですが、実話に基づいた作品であることを理解して観ることでこの映画の印象は大きく異なります。

2020年6月現在では、2つの動画配信サービスでの視聴が可能です。ぜひ、あなた自身の目でこの映画の真意を確かめてみてください。

映画・ドラマ・アニメなど、日本最大級の動画配信サービスと言えば、間違いなくU-NEXTです。U-NEXTが他の動画配信サイトと比べても優れている点を紹介しましょう。

  • 大手動画配信サイトと比べても、最新作の配信がずば抜けて速い
  • 雑誌も含めると、配信されているコンテンツ数は50万以上に上る
  • 1契約で4つのアカウントの作成が可能
  • "大人のため"の作品も取り揃えられている

とにかく最新作をいち早く楽しみたいと言う人には、U-NEXTがぴったりです。そして、家族みんなで映画やドラマを楽しみたい人、友達と料金を分け合いながら映画などを楽しみたい人にもU-NEXTがおすすめです。

まずは31日間の無料トライアルをお試しあれ!

映画をたっぷり楽しみたいなら、動画配信サービスを利用すると良いですよ!僕があなたにオススメしたい動画配信サービスは「U-NEXT」と「Amazon Prime」の2つです。

U-NEXTは「膨大なコンテンツ数」が最大の魅力で、その数なんと“18万本”以上!

Amazon Primeは動画配信以外のサービスも充実しており、月額500円(税込)とは思えないコスパの高さが強みですね!

どちらのサービスも「無料お試し期間」が用意されており、その期間中に解約すれば利用料金は発生しません。(※無料期間:U-NEXT…31日間/Amzon Prime…30日間)

配信作品は定期的に更新されていくので「観たい!」と思っていた作品が、いつのまにか観れなくなってしまうということが起こります。

観れなくなって後悔しないように、今すぐ登録して観たかった作品たちを思い切り楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です