海外映画(SF)

『アンジェラ』とはどんな映画?あらすじや口コミについて解説!

この記事は、「『アンジェラ』とはどんな映画?」「『アンジェラ』のあらすじやキャストについて知りたい」という方向けに書かれています。

『アンジェラ』がどんな映画なのか、気になる方もいるのではないでしょうか。また、『アンジェラ』の口コミや視聴方法について知りたい方もいるかもしれません。

そんなあなたのために、今回は『アンジェラ』のあらすじやキャスト、口コミや視聴方法についてまとめて紹介していきます。

この記事を読めば、『アンジェラ』がどんな映画なのかを理解でき、よりスムーズに『アンジェラ』を鑑賞できます。ぜひ参考にしてください。

映画『アンジェラ』とは?


映画『アンジェラ』は、2005年12月21日フランス公開され、2006年5月13日日本でも公開された映画です。

監督は『レオン』『トランスポーター』シリーズを手掛けた、リュック・ベッソンが務めています。

パリを舞台に、死を覚悟した男と突然目の前に現れた女性の姿が描かれた映画です。

そんな『アンジェラ』がどんな内容なのか気になる方もいるのではないでしょうか。そこで、次の章からは『アンジェラ』のあらすじについて紹介していきます。

映画『アンジェラ』のあらすじ

マフィアの取り立てに追われているアンドレは、あとわずか48時間しか生きられない運命の中で生きていました。

アンドレは自らの命を絶とうとセーヌ川に架けるアレクサンドル3世橋の欄干に上がりました。するとそこへ、突然女性が現れます。

金髪で美人な女性は、突然セーヌ川へ飛び込んでしまいます。アンドレは自分が泳げないことを忘れ、女性を助けるためにセーヌ川へ飛び込みました。

女性はアンドレになんとか助けられると、「あなたに未来を与えるためにきた」とアンドレに告げます。

映画『アンジェラ』の登場人物

ここでは、『アンジェラ』の登場人物について紹介していきます。

まず、『アンジェラ』の主人公はアンドレです。アンドレは命の猶予が残り48時間と知って絶望の淵に沈んでいました。

そんなアンドレの前に現れた美女が、アンジェラです。アンジェラは突然アンドレの前に現れ、「あなたに未来を与えるためにきた」と告げます。

『アンジェラ』は、アンドレとアンジェラの2人をメインに描かれた映画です。

映画『アンジェラ』のキャスト紹介

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E6%98%A0%E7%94%BB%E9%A4%A8-%E6%98%A0%E7%94%BB-%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-4153289/

ここでは、映画『アンジェラ』のメインキャストについて紹介していきます。

アンドレ(演:ジャメル・ドゥブーズ)

ジャメル・ドゥブーズは、1975年6月18日にフランスのパリで生まれました。

俳優として活躍し、これまでに『アメリ』『ミッション・クレオパトラ』などに出演しています。

ジャメル・ドゥブーズは、2006年に出演した『デイズ・オブ・グローリー』でカンヌ国際映画祭男優賞受賞しています。

主な出演作品
  • 『デイズ・オブ・グローリー』
  • 『アメリ』

アンジェラ(演:リー・ラスムッセン)

リー・ラスムッセンは、1976年2月14日にデンマークのコペンハーゲンで生まれました。

女優やモデルとして活躍し、これまでに『ファム・ファタール』などに出演しています。

主な出演作品
  • 『ファム・ファタール』

映画『アンジェラ』のみどころ

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93-%E7%94%B7-%E8%A6%8B-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-3774381/

『アンジェラ』のみどころといえば、全編白黒で描かれる今ではあまり見られない雰囲気でしょう。

パリを舞台に描かれた作品であり、アンドレがなぜ48時間しか生きられないのか、アンジェラはなぜアンドレのもとへ現れたのかを考えさせられる映画です。

白黒の映像であるため、よりファンタジーな雰囲気も醸し出されており見応えがあります。

生きる気力を失ったアンドレが、アンジェラと出会いどう人生が変わっていくのか、最後まで楽しめる映画です。

映画『アンジェラ』を鑑賞した感想

ここでは、『アンジェラ』を鑑賞した感想について紹介していきます。

まず、アンドレのもとに現れたアンジェラが、背が高く美人でずっと見ていられるキャラクターでした。

アンドレも生きる気力を失った冴えない男で、難しい役柄だと思いますがジャメル・ドゥブーズが見事に演じきっていました。

白黒映画は初めて鑑賞したのですが、パリが舞台ということもあってかよりファンタジーさが際立っており、観ていて心地よかったです。

映画『アンジェラ』の口コミ

https://pixabay.com/photos/finger-feedback-confirming-3530353/#content

ここでは、映画『アンジェラ』の口コミについて紹介していきます。

リュックベッソン作なのにずっと静かなの意外でしたが好きです、これ。
全編白黒ってのも雰囲気あっていい。
舞台がパリで仏語なのもプラス要因かも。

引用元:https://filmarks.com/movies/8618/reviews/91830914

アンジェラがとにかく美しい、白黒なのに魅せられる。白黒だからこそ2人がより対比して見えるのかな。舞台がパリであることも大きい要因

引用元:https://filmarks.com/movies/8618/reviews/91780655

『アンジェラ』を鑑賞した方からは、「白黒で描かれた雰囲気が良い」「アンジェラがとにかく美しい」といった声が見られました。

『アンジェラ』は白黒で描かれた映画で、パリが舞台ということもあり、思わず見入ってしまう魅力があります。

また、「アンジェラのような美女に出会ってみたい」といった声もありました。それほどアンジェラは、多くの人を魅了する絶世の美女だということでしょう。

映画『アンジェラ』はフランスでは酷評だった

『アンジェラ』は2005年12月21日にフランスで公開されていますが、フランスでは酷評を浴びた作品のようです。

多くの理由として、「アンジェラのキャラクターと演じた女優がまったく合っていない」という指摘が多かったようです。

『アンジェラ』は本国で酷評を浴びた気の毒な作品だが、その理由の一つに、ヒロインのアンジェラのキャラクターにこの女優がまったく似合っていないという点があげられる。

引用元:https://movie.maeda-y.com/movie/00725.htm

アンジェラを演じたリー・ラスムッセンは身長が高く、スタイルが抜群で美人な女性です。しかし、アンジェラを演じるためには美しさのほかに、かわいさ弱さといった一面も必要だったのかもしれません。

しかし、アンジェラが美しい女性であることは変わりないですし、アンジェラだけでなくアンドレの物語も見応えがあります。最後まで楽しめる映画なので、ぜひ鑑賞してください。

映画『アンジェラ』の視聴方法

ここでは、映画『アンジェラ』の視聴方法について紹介していきます。

まず、『アンジェラ』はAmazonでDVDが販売されていました。お家でゆっくり鑑賞したい方は、ぜひ参考にしてください。

created by Rinker
¥440
(2021/10/28 13:32:00時点 Amazon調べ-詳細)

また、Amazonプライムでも視聴可能です。まだAmazonプライム会員でない方は、月額500円から加入できます。

そのほかにも、VideoMarket(ビデオマーケット)でも視聴可能です。VideoMarket(ビデオマーケット)は初月無料で視聴できるため、ぜひ参考にしてください。

Amazon Primeへの登録を検討している学生には、“Prime Student”がオススメです!

Prime Studentなら、月額たったの250円(税込)でPrime会員と同じサービスが受けられます。登録から半年間は無料で使えるのも魅力的ですね。

Amazon Prime Videoで映画を観ようと考えているなら、この機会にぜひPrime Studentに登録しましょう!

Prime Studentへ登録する(半年間無料!)

まとめ

『アンジェラ』は2005年12月21日にフランスで公開され、2006年5月13日に日本でも公開された映画です。

全編白黒で描かれており、アンドレを演じたジャメル・ドゥブーズの演技力と、アンジェラを演じたリー・ラスムッセンの美しさに注目です。

AmazonプライムやVideoMarket(ビデオマーケット)でも視聴できるため、ぜひお家でゆっくり『アンジェラ』を鑑賞してください。

ABOUT ME
しょうご
しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。