ミュージシャンとしても活躍するブルースウィリスの素顔を徹底解剖!

映画『ダイ・ハード』で有名な俳優のブルースウィリス。実は、俳優業以外にもミュージシャンとしての活動歴が長いことをご存知ですか?

今回は、俳優業以外にもマルチに活躍しているブルースウィリスの知られざる素顔を紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。

(トップ画像出典:https://www.cinemacafe.net/article/2014/08/26/25536.html)

ブルースウィリスのプロフィール

ブルース・ウィリス -(C) Getty Images

(画像出典:https://www.cinemacafe.net/article/img/2014/08/26/25536/119610.html)

  • 本名:Walter Bruce Willis
  • 年齢:65歳(2020年1月現在)
  • 生年月日:1955年3月19日
  • 出生地:西ドイツ ラインラント=プファルツ州ビルケンフェルト群
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 身長:182cm
  • 利き手:左
  • 職業:俳優、プロデューサー、ミュージシャン
  • デビュー年:1977年
  • 配偶者:エマ・ヘミング(2009年結婚)
  • 趣味:バスケットボール観戦、ボクシング観戦

ブルースウィリスの経歴

ブルースウィリスは、アメリカ軍の兵士の父と、ドイツ人の母との間に生まれました。高校では、演劇部に所属。卒業後は、警備員や、私立探偵を経験。

そんなブルースウィリスのキャリアスタートは、意外にもコメディ俳優なのです!

こちらブルームーン探偵社

(画像出典:https://ciatr.jp/topics/94577)

テレビドラマシリーズ『こちらブルームーン探偵社』(1985年〜1989年)のデビッド・アディスン・ジュニア役を3,000人のオーディションから勝ち取りました。

ブルースウィリスを一躍有名にした映画『ダイ・ハード』

『こちらブルームーン探偵社』で俳優デビューしたブルースウィリス。そんな彼を一躍有名にした映画は、『ダイ・ハード』(1988年)です。

映画『ダイ・ハード』のあらすじ

NY市警察のジョン・マクレーン(ブルースウィリス)は、別居中の妻に会うため日系企業ナカトミ商事を訪れる。しかし、武装テロリスト集団によってナカトミ商事は占拠されてしまう。

間一髪、人質になることを免れたジョン・マクレーンは、単独テロリストと闘うのであった。

映画『ダイ・ハード』は、興行収入約1億4,000万ドル(約152億円相当)の大ヒット映画となり、後に続編4作品が公開されました。

そして、シリーズ6作品目となる『ダイ・ハード6/イヤーワン(原題)』公開予定です(2020年1月現在)。まだ、公開日は公表されていませんが、今から楽しみです。

ブルースウィリスの出演作品

映画『ダイ・ハード』で有名になったブルースウィリス。現在までに数多くの映画に出演しています。そこで、彼が出演した人気映画作品を一部紹介します。

公開年映画タイトル
1988年『ダイ・ハード』
1990年『ダイ・ハード2』
1991年『ハドソン・ホーク』
1993年『スリー・リバーズ』
1995年『ダイ・ハード3』
1997年『フィフス・エレメント』
1997年『ジャッカル』
1998年アルマゲドン
1999年『シックス・センス』
2000年『隣のヒットマン』
2003年『ティアーズ・オブ・ザ・サン』
2005年『ホステージ』
2005年『シン・シティ』
2007年『ダイ・ハード4.0』
2010年『エクスペンダブルズ』
2010年『RED /レッド』
2012年『LOOPER /ルーパー』
2013年『ダイ・ハード/ラスト・デイ』
2013年『G.I.ジョーバック2リベンジ』
2013年『REDリターンズ』
2014年『エクスペンダブルズ2』
2014年『コードネーム:プリンス』
2019年『ミスター・ガラス』

人気作品だけでもすごい数に出演しています。これまでに出演した映画作品は、約77作品あります。また、2020年公開予定の映画も2作品あります。

ブルースウィリスの受賞作品と功績

ブルースウィリスは、これまで多くの作品に出演し、ドラマ・映画で賞を受賞しています。ここでは、彼の功績と受賞作品をみていきましょう。

受賞年作品名受賞タイトル
1987年ドラマ『こちらブルームーン探偵社』
  • エミー賞
  • ゴールデングローブ賞
1999年映画『シックス・センス』
  • ブロックバスター・アワード
  • ピープルズ・チョイス・アワード
2000年ドラマ『フレンズ』・エミー賞ゲスト出演賞テレビ部門

ほかにも、数多くのドラマ、映画にノミネートされています。また、2002年にジョージ・W・ブッシュ大統領から里親に預けられた子供たちの国際的スポークスマン(代表)に任命されています。

ブルースウィリスのアクション

ブルースウィリスといえば、映画『ダイ・ハード』シリーズでのド派手なアクションが印象的です。「年齢を重ねてもすごいアクションをこなしていて凄い!」と思う方も多いでしょう。

しかし、映画『ダイ・ハード/ラストデイ』公開時、シネマトゥデイのインタビューにブルースウィリス(当時57歳)は、次のように述べています。

いいことを教えてあげよう。映画には2通りのアクションシーンがある。一つはスタントマンを使ったもの、もう一つは俳優が自らアクションを行うもの。ケガをさせないようにって製作側は気を使うけど、俳優としては自分でアクションに体当たりしたいものなんだ……でも、俺はほかの人(スタントマン)にやってもらう(爆笑)。

(引用元:https://www.cinematoday.jp/interview/A0003590)

実は、ブルースウィリスのド派手なアクションシーンはほとんどスタントマンが演じているのです。

これからは、スタントマンではなく、彼が演じたアクションシーンを探しながら作品を見るのも面白そうですね。

ブルースウィリスはパパラッチ嫌い

ブルースウィリスは、大がつくほどのパパラッチ嫌いとしても有名です。(動画59秒からブルースウィリスの映像。)

動画以外にも、しつこく付きまとうパパラッチに腹を立て、自身の車の窓を開け、写真を撮りまくるパパラッチに罵声と水を浴びせたそうです。

また、パパラッチがブルースウィリスに暴力を受けたと訴える事件もありました。ブルースウィリスは「フラッシュが眩しく、手で遮った際に接触しただけ」と話していたそうです。

ブルースウィリスの離婚歴や子供は?

(画像出典:https://movie.walkerplus.com/news/article/206531/)

ブルースウィリスには、離婚歴があります。女優のデミ・ムーアと1987年11月21日に結婚。2000年に離婚。離婚の原因について、ブルースウィリスは「自分が父親や夫としての役割を果たしていなかった」と述べています。

前妻デミ・ムーアとブルースウィリスの間には、3人の娘がいます。

ルーマー・ウィリス(1988年8月16日生)

スカウト・ラルー・ウィリス(1991年7月20日生)

タルーラ・ベル・ウィリス(1994年2月3日生)

現在の家族

ブルースウィルスは、23歳年下のモデル、エマ・ヘミングと2009年3月21日に再婚をしています。

2人の間には、マーベル・レイ・ウィリス(2012年生)、イブリン・ペン・ウィリス(2014年生)の2人の娘を授かっています。

妻のエマ・ヘミングスのインスタグラムには、家族写真が多くありとても幸せそうな様子が伺えます。

映画『エクスペンダブルズ3』をクビになっていた!?

ブルースウィリスは、映画『エクスペンダブルズ』(2010年)、『エクスペンダブルズ2』(2012年)にミスターチャーチ役として出演しています。しかし、シリーズ3作品目『エクスペンダブルズ3』(2014年)には、出演していません

その理由は、製作総指揮をとる俳優シルベスター・スタローンとの出演料をめぐるトラブルです。

ブルースウィリスは、300万ドル(約2.9億円)の出演オファーに対して、400万ドルを要求。シルベスター・スタローンは、即出演オファーを取り下げ、3日後には俳優ハリソン・フォードに出演オファーをしたのです。

ミュージシャンとしてのブルースウィリス

ブルースウィリスの俳優以外のもう一つの顔が、ミュージシャンです!実際に歌っている映像をご覧ください。

見事な歌声だけでなくハーモニカまで披露しています。本当に音楽好きというのが伝わる映像です。

ブルースウィリスは、ソロアーティストとして複数のアルバムも発表しています。画像はブルースウィリスが発表したアルバム『Masters Collection』のジャケットです。

Masters Collection

(画像出典:https://www.hmv.co.jp/artist_ブルース・ウィリス_000000000090243/item_Masters-Collection_401606)

また、バンド「The Acceleraors」とも活動しています。俳優歴と同じ位にミュージシャンとしての活動歴も長いのです。

まとめ

ブルースウィリスは、テレビドラマ『こちらブルームーン探偵社』で俳優デビューを果たし、映画『ダイ・ハード』でハリウッドスターの仲間入りを果たしました。

しかし、時折パパラッチや出演陣とトラブルになることもあるなど、話題が絶えない俳優でもあります。

俳優業以外にもミュージシャンとして活躍するなど、多彩な一面を持っているブルースウィリス。今後もマルチな活躍をみせてくれることに期待です。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>