ベン・アフレックの山あり谷ありな役者人生や趣味、交際歴を紹介!

90年代から現代まで、数々の名作に出演した一流俳優のベン・アフレック。

俳優業以外にも映画監督や脚本家としても大活躍したベンですが、そんな彼について、あなたはどこまでご存知でしょうか?

ということで今回はベン・アフレックの出演作品や趣味、交際歴などを紹介していきます!

この記事を読めば、ベンの経歴について詳しくなれるので、最後までお楽しみください!

(トップ画像出典:https://www.thewrap.com/ben-affleck-robert-rodriguez-hypnotic/)

ベン・アフレックの基本情報

  • 本名:Benjamin Géza Affleck-Boldt
  • 生年月日:1972年8月15日(201912月現在47歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー
  • 職業:俳優・脚本家・監督・プロデューサー
  • 活動期間:1981年〜
  • デビュー作:『The Dark End of the Street(1981)

ベン・アフレックはカリフォルニア州の都市バークレー出身の俳優です。脚本や監督、プロデューサーとしても映画製作に貢献しています。

『アルマゲドン』『パール・ハーバー』などの名作映画に出演

1981年に子役として俳優デビューしたベン・アフレックは、80年代は主にテレビで活躍していました。

90年代に入ってから映画への露出が増え、脚本を担当した映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997)』でアカデミー脚本賞やゴールデングローブ賞脚本賞を受賞し、一気にブレイクします。

その後、日本でも人気を博した『アルマゲドン(1998)』や『パール・ハーバー(2001)』、『トータル・フィアーズ(2002)』といった映画に出演し、トップスターの道を駆け上がって行きました。

順調かと思いきや、2003年に出演した映画は全て振るわず…

ベン・アフレックは、2002年まで順調な俳優人生を歩んできました。

しかし、2003年にベンが主役を務めた映画『デアデビル』『ジーリ』『ペイチェック 消された記憶』が全て興行収入的に振るわず、そのキャリアに影を落とすことになってしまいます。

上記3作品で、ベン・アフレックは役者にとって大変不名誉な記録となる、ゴールデンラズベリー賞最低主演男優賞を受賞しました。

一時期低迷するも『ハリウッドランド』で見事復活!

そんな苦しい時期を経験したベン・アフレックは、2006年に出演した映画『ハリウッドランド』でゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされ、見事な復活劇を遂げています。

『ハリウッドランド』は、1959年に死没した俳優ジョージ・リーヴスの死の真相を解明しようとするサスペンス映画です。

ベン・アフレックはジョージ・リーヴスを演じ、映画評論家のピーター・トラヴァースから「ベンはジョージの外見の魅力や内面の弱さ、栄光の喜びと失落の悲しみを見事に表現している」と評価されました。

(参考:https://www.rollingstone.com/movies/movie-reviews/hollywoodland-252052/)

スーパーヒーロー、“バットマン”を演じたことでも有名

ベン・アフレックは、DCコミックスのスーパーヒーロー“バットマン”を演じていたことでも知られています。

ベンが最初に“バットマン”役を務めたのは、2016年公開の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』です。

その後も『スーサイド・スクワッド(2016)』や『ジャスティス・リーグ(2017)』といった作品で、ベン・アフレックはバットマンを担当しました。

ベン・アフレックの出演作品一覧

ここまで紹介した作品の他にも、ベン・アフレックはたくさんの作品で活躍してきました。

この項目ではベン・アフレックが出演している作品を一覧で紹介します。※一部抜粋。

映画
  • 1981年 The Dark End of the Street デビュー作品
  • 1995年 モール・ラッツ
  • 1997年 チェイシング・エイミー 主演
  • 1997年 グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち 脚本兼務
  • 1998年 アルマゲドン
  • 1999年 200本のたばこ
  • 1999年 ドグマ 主演
  • 2000年 レインディア・ゲーム 主演
  • 2000年 偶然の恋人 主演
  • 2001年 パール・ハーバー 主演
  • 2001年 ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲
  • 2002年 チェンジング・レーン 主演
  • 2002年 トータル・フィアーズ 主演
  • 2002年 恋の方程式 あなたのハートにクリック2
  • 2003年 デアデビル 主演
  • 2003年 ジーリ 主演
  • 2003年 ペイチェック 消された記憶 主演
  • 2004年 世界で一番パパが好き! 主演
  • 2004年 恋のクリスマス大作戦 主演
  • 2006年 ハリウッドランド
  • 2009年 そんな彼なら捨てちゃえば?
  • 2009年 消されたヘッドライン
  • 2010年 カンパニー・メン 主演
  • 2010年 ザ・タウン 主演 監督脚本製作兼務
  • 2012年 アルゴ 主演 監督製作兼務
  • 2012年 トゥ・ザ・ワンダー 主演
  • 2013年 ランナーランナー
  • 2014年 ゴーン・ガール 主演
  • 2016年 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 主演
  • 2016年 ザ・コンサルタント 主演
  • 2017年 夜に生きる 主演 監督脚本製作兼務
  • 2017年 ジャスティス・リーグ 主演 製作総指揮兼務
  • 2019年 トリプル・フロンティア 主演
  • 2019年 Jay and Silent Bob Reboot
  • 2020年 The Last Thing He Wanted
  • 2020年 The Way Back 主演
  • 2020年 Deep Water 主演

テレビ
  • 1984年 The Voyage of the Mimi
  • 1988年 The Second Voyage of the Mimi 主演
  • 1991年 Daddy テレビ映画
  • 1993年 Against the Grain

裏方としても成功を収めたベン・アフレック

先述の通り、ベン・アフレックは脚本家や監督、プロデューサーとしても映画製作に貢献し、成功を収めています。

2012年公開の映画『アルゴ』で主演と監督・製作を兼務したベン。この映画では役者としても裏方としても高い評価を得ました。

『アルゴ』でベン・アフレックが受賞・ノミネートした主な映画賞一覧

  • アカデミー作品賞 受賞
  • ゴールデングローブ賞監督賞 受賞
  • ゴールデングローブ賞最優秀映画賞 受賞
  • 英国アカデミー賞監督賞 受賞
  • 英国アカデミー賞最優秀映画賞 受賞
  • 英国アカデミー賞主演男優賞 ノミネート
  • 全米監督協会賞優秀監督賞 受賞
  • 全米製作者協会賞最優秀演劇映画賞 受賞
  • 全米映画俳優組合賞優秀賞 受賞

ベン・アフレックの趣味はポーカー

ベン・アフレックは大のポーカー好きとしても知られており、地元で開催されているポーカー関連のイベントにはよく顔を出しているそうです。

その情熱はプロのポーカープレイヤー、アミール・ヴァヘディとアニー・デュークから個人レッスンを受けるほど熱心で、大会に出場した経験もあります。

2004年にカリフォルニア州で開催されたポーカー大会では見事に優勝し、356,400ドル(日本円にして約2900万円)もの賞金を受け取り、世界大会への出場資格も獲得しました。

(参考:https://usatoday30.usatoday.com/life/people/2004-06-22-affleck-poker_x.htm)

ベン・アフレックの交際歴を紹介

ベン・アフレックは現在まで4人の女性との交際が確認されています。順番に紹介します。

まず1人目は女優兼歌手のグウィネス・パルトロー。詳しい交際期間は不明ですが、彼女とは1998年頃に交際していたようです。

グウィネスと関係を終わらせたベンは、続けて女優のジェニファー・ロペス交際開始します。

ベンとジェニファーは2002年から交際開始し、一時期は婚約を発表するほど親密な仲になっていましたが、2004年に別れてしまいました。

ジェニファー・ロペスと破局した後、ベンは『デアデビル』で共演した女優ジェニファー・ガーナーと関係を持ちます。ベンとジェニファー・ガーナーは2005年に結婚しました。

2人は2女1男の子宝に恵まれ、幸せな家庭環境はしばらく続きます。しかし、2015年に離婚を発表すると、2018年に正式に離婚しました。

離婚の理由は、ベン・アフレックのアルコール依存やギャンブル中毒が原因と言われています。

(参考:http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=8501)

2017年中頃、ジェニファー・ガーナーと離婚調停中だったベンは、テレビ番組のプロデューサーをしている女性リンゼイ・ショークスとデートを楽しんでいました。

ベンとリンゼイはその後1年間ほど交際していたようです。2019年現在、ベン・アフレックと親しい女性の存在は浮上しておりません。

ベン・アフレックの紹介まとめ

山あり谷ありの役者人生を送った男、ベン・アフレックについて紹介させていただきました。

2020年も既に2本の映画で主演が決まっています。どちらも日本で公開されるかはまだわかりませんが、このペースで仕事を続けていれば、彼の活躍を日本で再び観る日は必ず来るでしょう。

その時を期待して、今後もベンの活動を応援していきたいですね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでベン・アフレックへの興味が高まったら、関連作品をぜひ鑑賞して貰えると嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。