“キャプテン・アメリカ”として活躍!クリス・エバンスの経歴まとめ

クリス・エバンスと言えば、マーベルコミックのスーパーヒーロー“キャプテン・アメリカ”を長年演じていたことで知られる俳優ですね。

キャプテン・アメリカの他にも様々な映画で活躍しているクリス。今回はそんな彼の出演作品や交際関係などを紹介していきます。

この記事を読めば、クリス・エバンスの経歴について詳しくなれるので、最後までお楽しみください!

(トップ画像出典:https://wallpapercave.com/w/wp1821481)

クリス・エバンスの基本情報

  • 本名:Christopher Robert Evans
  • 生年月日:1981年6月13日(201912月現在38歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州サドバリー
  • 職業:俳優
  • 活動期間:1997年〜
  • デビュー作:教育映画『Biodiversity: Wild About Life!(1997)

クリス・エバンスはマサチューセッツ州の都市サドバリー出身の俳優です。父のボブは歯科医で、母のリサはダンサーとして働いています。

2005年の映画『ファンタスティック・フォー』でブレイク

1997年に俳優デビューを果たしたクリス・エバンスは、いくつかのテレビドラマや映画出演を経験します。その後、大作SFアクション『ファンタスティック・フォー』に出演して人気を得ました。

2005年にアメリカと日本で公開された『ファンタスティック・フォー』は、宇宙空間で事故にあった4人の男女が超能力に目覚め、その力を正義の為に使おうとヒーローチームを組むお話です。

クリス・エヴァンスは熱を操る能力を持つ青年、ジョニー・ストームとして出演。ジョニーはヒーロー時は“ヒューマン・トーチ”と名乗っています。

クリス・エバンスの主演作品『スノーピアサー』を紹介

いくつかの主演作品を持っているクリス・エバンスですが、今回はその中の一つ『スノーピアサー』を紹介させていただきます。

韓国・アメリカ・フランスで合同製作されたSFアクション映画『スノーピアサー』は2013年に韓国で、翌年には日本でも公開されました。

化学物質によって極寒の大地になってしまった未来の地球が舞台で、人々は動き続ける列車の中でしか生きられません。列車を社会の縮図に見立てた考えさせられるストーリーが魅力の作品です。

クリス・エバンスは、カーティスという貧困階級の車両で暮らす若者を演じています。

現在はキャプテン・アメリカ役として有名

クリス・エバンスの名前を聞くと、多くの人が思い浮かべるキャラクターはマーベルコミックのスーパーヒーロー“キャプテン・アメリカ”ではないでしょうか。

クリスが初めてキャプテン・アメリカを演じたのは2011年公開の映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』からです。

それ以降、マーベルコミックのヒーローたちが集結する『アベンジャーズ』シリーズなどにも登場し、2019年公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』でも活躍しました。

なお契約の関係で、クリス・エバンスがキャプテン・アメリカを演じるのは『エンドゲーム』が最後となるようです。

(参考:https://theriver.jp/chris-evans-contract-with-marvel-is-up/)

最新出演作品『ナイブズ・アウト』が2020年1月公開! 

ここでクリス・エバンスが出演する最新映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』を紹介します。

2019年11月にアメリカで公開された『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、2020年1月末に日本でも公開が予定されています。

死亡したミステリー作家の死の真相を、私立探偵が暴いていくというストーリーです。クリス・エバンスはミステリー作家の孫、ランサムとして出演します。

クリス・エバンスの出演作品一覧

キャプテン・アメリカとしてのイメージが強いクリスですが、その他にも多数の作品に出演しています。

そこでここからは、クリス・エバンスが出演している作品を一覧で紹介します。※一部抜粋。

出演作品
  • 1997年 Biodiversity: Wild About Life! デビュー作
  • 2000年 OPPOSITE SEX テレビドラマ
  • 2000年 The Newcomers
  • 2001年  Not Another Teen Movie
  • 2004年 スカーレット・ヨハンソンの百点満点大作戦
  • 2004年 セルラー
  • 2005年 Fierce People
  • 2005年 ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]
  • 2005年 エクスタシー
  • 2007年 サンシャイン2057
  • 2007年 ファンタスティック・フォー:銀河の危機
  • 2008年 フェイク シティ ある男のルール
  • 2008年 The Loss of a Teardrop Diamond
  • 2009年 PUSH 光と闇の能力者 主演
  • 2010年 ルーザーズ
  • 2010年 スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
  • 2011年 Puncture 主演
  • 2011年 キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 主演
  • 2011年 運命の元カレ
  • 2012年 アベンジャーズ
  • 2012年 THE ICEMAN  氷の処刑人
  • 2013年 スノーピアサー 主演
  • 2014年 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー 主演
  • 2014年 Before We Go 主演 監督製作兼務
  • 2014年 君がくれた恋のシナリオ 主演
  • 2015年 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • 2016年 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 主演
  • 2017年 gifted/ギフテッド 主演
  • 2018年 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  • 2019年 アネンジャーズ/エンドゲーム
  • 2019年 紅海リゾート -奇跡の救出計画- 主演
  • 2019年 ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
  • 放送時期未定 Defending Jacob テレビミニシリーズ 主演
  • 公開時期未定 Jekyll

ヒラリー・クリントンを支持していたクリス・エバンス

クリス・エバンスは政治に関心があり、民主党支持者だそうです。その為2016年の大統領選挙ではヒラリー・クリントンを応援していました。

クリスは現大統領ドナルド・トランプにはそうとう不満があるようで、ツイッターで日常的にトランプ大統領を批判する呟きをしているそうです。

(参考:https://www.cheatsheet.com/entertainment/chris-evans-calls-out-donald-trump-on-twitter.html/)

特にトランプが大統領選挙に当選した日は、「アメリカにとって恥ずべき夜」とまで発言しました。

映画の撮影がきっかけで犬を飼うことに

クリス・エバンスは、2015年からドジャーと名付けた犬を飼っています。

ドジャーは動物保護施設に預けられていた犬で、クリスが主演を務めた映画『gifted/ギフテッド』の撮影で、保護施設を訪れた際に出会いました。

クリスはドジャーを一目惚れするほど気に入ったようで、彼のツイッターにはドジャーを可愛がっている写真や動画をいくつもみかけます。

クリス・エバンスの交際関係を紹介

クリス・エバンスは、数多くの女性と交際してきたプレイボーイです。噂レベルも含めると10名以上の女優やモデル、タレントなど様々な職業の女性との関係が報じられています。

主な交際相手としてジェシカ・ビールクリスティーナ・リッチエリザベス・オルセンサンドラ・ブロックといった女優たちの名前が挙がります。

付き合った人数が多い分、ほとんどのお付き合いが1年未満で終わっており、一番長く続いていた相手でも2年ほどで終わっています。

2016年から2018年までクリスと一緒だった女優、ジェニー・スレイトを最後に、クリス・エバンスと親しい関係の女性はいません。

クリス・エバンスの紹介まとめ

キャプテン・アメリカ役で知られる、クリス・エバンスについて紹介しました。

放送時期は未定ですがテレビのミニシリーズ『Defending Jacob』で、クリスは主役と製作総指揮を担当しています。人気作品となって日本でも視聴出来るようになるといいですね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでクリス・エバンスへの理解が深まったら、出演作品にも手を伸ばして貰えると嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。