衰えない美貌をもつ、クリスティーナ・リッチの出演作や交際歴まとめ

クリスティーナ・リッチといえば、映画『アダムス・ファミリー』シリーズで可愛らしい少女ウェンズデー役を演じた人気女優ですね。

『アダムス・ファミリー』公開当時はわずか11歳だった彼女。現在どんな成長を遂げたのか、他にどんな作品に出演していたのか気になりませんか?

ということで、今回はそんなクリスティーナの出演作品や交際関係などを紹介していきます。

この記事を読めば、クリスティーナ・リッチの経歴について詳しくなれるので、最後までお楽しみください!

(トップ画像出典:https://wallpapercave.com/w/wp4116590)

クリスティーナ・リッチの基本情報

  • 本名:Christina Ricci
  • 生年月日:1980年2月12日(20201月現在39歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ
  • 職業:女優・プロデューサー
  • 活動期間:1990年〜
  • デビュー作:『恋する人魚たち(1990)

クリスティーナ・リッチはカリフォルニア州西部の都市サンタモニカ出身の女優兼プロデューサーです。

精神科医の父と不動産関係の仕事をしていた母を持ち、4人兄弟の末っ子として誕生しました。

1990年『恋する人魚たち』で子役としてデビュー

小学校低学年の頃、学校の劇に参加していた所を芸能事務所からスカウトされたクリスティーナ・リッチは、子供服のモデルやテレビCMなどで活躍していました。

いくつかのCM出演を経験した後、1990年公開の映画『恋する人魚たち』で子役として映画デビューします。当時のクリスティーナの年齢は10歳でした。

『恋する人魚たち』は、シングルマザーで自由奔放な性格のレイチェル・フラックスと、その家族の物語です。

クリスティーナ・リッチはレイチェルの娘ケイトを演じました。ケイトは水泳が大好きで活発な少女として登場します。

人気シリーズ『アダムス・ファミリー』に出演して人気を博す

クリスティーナ・リッチの出演作品といえば、大ヒットを記録した映画『アダムス・ファミリー』を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

1991年にアメリカで、翌年には日本でも公開されたホラーコメディ映画『アダムス・ファミリー』は、不気味な雰囲気の屋敷に住んでいる、アダムス一家の日常を描いた作品です。

クリスティーナ・リッチはアダムス家の長女ウェンズデーとして出演。同映画は興行収入1億9000万ドルを突破する大ヒットとなり、2年後には続編も公開されました。

1億9000万ドルは、当時の日本円で約250億円にもなる大金です。この金額、実は『君の名は。』の興行収入と同じくらいなんですよ!そんなヒット作に出演したら、クリスティーナが人気を得るのも納得しますね!

1990年代後半から演技派女優として数多くの作品に出演

『アダムス・ファミリー』シリーズで人気を獲得したクリスティーナ・リッチは、1995年以降出演作品が増大し、演技力に磨きをかけていきます。

1998年公開の映画『バッファロー’66』では主人公の恋人役を演じ、シアトル国際映画祭主演女優賞を獲得するなど演技力を高く評価されます。

その後も『スリーピー・ホロウ(1999年)』や『モンスター(2003年)』、『スピード・レーサー(2008年)』といった映画に出演。演技派女優として数々の作品に貢献しました。

クリスティーナ・リッチの最近の活躍は?

近年、日本でも視聴できる作品に出演する機会が減っているクリスティーナ・リッチ。2018年に彼女が主演した映画『Distorted』が『コントロール 洗脳殺人』という邦題で公開されたくらいです。


現在は主にアメリカやカナダのテレビドラマ・映画でその実力を発揮しているようで、2020年放送予定のテレビドラマ『Yellowjackets』では、メインキャストに起用されています。

しっかり活躍されているようで良かったですが、日本の映画館でもっと彼女の姿を観たいものですね。

クリスティーナ・リッチの出演作品一覧

ここまで紹介した作品の他にも、クリスティーナ・リッチはたくさんの作品に出演しました。

そこで、この項目では彼女が出演した作品を一覧で紹介します。※一部抜粋。

出演作品一覧
  • 1990年 恋する人魚たち デビュー作品
  • 1991年 アダムス・ファミリー
  • 1994年 アダムス・ファミリー2
  • 1995年 キャスパー 主演
  • 1997年 アイス・ストーム
  • 1998年 バッファロー’66
  • 1998年 I love ペッカー
  • 1999年 スリーピー・ホロウ
  • 2000年 耳に残るは君の歌声 主演
  • 2001年 私は「うつ依存症」の女 主演
  • 2002年 パンプキン 主演
  • 2003年 モンスター
  • 2003年 僕のニューヨークライフ
  • 2005年 ウェス・クレイヴン’s カースド
  • 2006年 勇者たちの戦場
  • 2007年 ブラック・スネーク・モーン
  • 2008年 ペネロピ 主演
  • 2008年 スピード・レーサー
  • 2009年 アフターライフ 主演
  • 2010年 アルファ・アンド・オメガ
  • 2011年 ポルノ☆スターへの道
  • 2011年〜2012年 PAN  AM/パンナム テレビドラマ 主演
  • 2012年 ベラミ 愛を弄ぶ男
  • 2014年 Lizzie Borden Took an Ax 主演
  • 2015年 The Lizzie Borden Chronicles テレビドラマ 主演
  • 2017年 Z: The Beginning of Everything テレビドラマ 主演
  • 2018年 コントロール 洗脳殺人 主演
  • 2019年 Escaping the Madhouse
  • 2020年 Yellowjackets テレビドラマ

動物愛護団体『PETA』からファッションを批判される

2006年にクリスティーナ・リッチが、トナカイの毛皮を羽織った姿でアメリカの雑誌『W』の表紙を飾った時のことです。

出典:http://zoos-pisajes-plantas-etc.blogspot.com/2006/12/christina-ricci-wears-fur-fansite-shuts.html

雑誌を見た動物愛護団体『PETA』は、彼女の衣装を批判し“最悪なファッションのセレブ”としてクリスティーナを認定しました。

この批判でクリスティーナのファンサイトが炎上、閉鎖に追い込まれるなどの騒動に発展。彼女は『PETA』に謝罪し、毛皮製品を利用しないことを約束しました。

なぜここまで炎上したのかというと、クリスティーナ・リッチのファンサイトの管理人が動物愛好家で、毛皮を着た彼女に非常に失望しそれに共感を覚える人が多数現れたからです。

(参考:https://www.cinematoday.jp/news/N0009657)

クリスティーナ・リッチのインスタグラムをチェック

ファッションが炎上騒ぎに発展するほど注目を集める、クリスティーナ・リッチのインスタグラムをチェックしてみましょう。

2020年1月現在、彼女のインスタにはフォロワーが42万人以上いて、300件以上の写真が投稿されています。

クリスティーナ・リッチのインスタグラムを見て筆者が「イイね!」と思った画像をいくつか紹介!

動物が好きなのか、動物と写っている写真が多く投稿されています。この他にも素敵な画像がたくさんありますので、彼女の日常が気になる方はぜひチェックしてみてください!

クリスティーナ・リッチの交際関係を紹介

クリスティーナ・リッチは2003年から2006年までの3年間、俳優のアダム・ゴールドバーグ交際していました。

アダムと別れたクリスティーナは、続けてコメディアンで俳優のオーウェン・ベンジャミンと交際。クリスティーナとオーウェンは2009年3月に婚約しましたが、その3ヶ月後に破局しています。

2020年現在、彼女はドラマ撮影スタッフのジェームズ・ヒアーデゲンと夫婦関係にあります。2人はテレビドラマ『PAN AM/パンナム』の撮影現場で知り合いました。

2013年にジェームズと婚約・結婚を交わしたクリスティーナは、その翌年に男の子を1人授かっています。

クリスティーナ・リッチの紹介まとめ

可愛らしい少女時代から活躍し、美しい大人の女性に成長したクリスティーナ・リッチ。

その美貌は35歳を過ぎても衰えを知らず、ますます魅力的になっていく彼女。最近はテレビドラマの出演が増えているので、インターネット配信やビデオレンタルされる時を楽しみにしましょう。

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでクリスティーナ・リッチへの興味が高まり、出演作品を観て貰えたら嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。