男の色気がとまらない!アーロン・エッカートの経歴・交際歴まとめ

『ダークナイト』や『エンド・オブ・ホワイトハウス』など、数多くの有名作品に出演したアーロン・エッカート。

甘いマスクが女性に大人気の俳優ですが、そんなアーロン・エッカートのことをあまり知らない…という方もいるかと思います。

ということで今回はアーロン・エッカートの出演作品や交際関係などを紹介していきます!

(トップ画像出典:http://ja.gde-fon.com/download/wall/478497/1920×1200)

アーロン・エッカートの基本情報

  • 本名:Aaron Edward Eckhart
  • 生年月日:1968年3月12日(20198月現在51歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノ
  • 職業:俳優
  • 活動期間:1992年〜
  • デビュー作:テレビ映画『Double Jeopardy(1992)

アーロン・エッカートはコンピュータ関係の仕事をしている父、ジェームズ・C・エッカートと児童書作家の母メアリー・エッカートの間に生まれました。

両親の影響で末日聖徒イエス・キリスト協会(通称:モルモン教会)で宣教師になるための教育を受け、フランスとスイスで2年間布教活動をしていたことがあります。

イングランド、オーストラリアと移り住んだ少年時代

1981年、アーロン・エッカートが14歳のころにエッカート一家はイングランド・サリー州に移住しました。

アーロン・エッカートはアメリカン・コミュニティスクールに入り、そこで初めて演技を学んで学校開催の演劇に出演します。

高校生となった1985年からはオーストラリアのシドニーへ移住し、シドニーでも演技を勉強していました。

また、高校卒業後はサーフィンをするために3年ほどハワイへ滞在していました。

ニール・ラビュートとの出会い、そして映画デビュー

1988年にアメリカへ戻り、キリスト教会が運営する『ブリガムヤング大学』で映画を学んでいた際に映画監督のニール・ラビュートと出会い、彼が手がけた演劇に参加して交友を深めます。

大学在学中、アーロン・エッカートはテレビのスリラー映画『Double Jeopardy』に出演し、俳優デビューを飾りました。

1997年にニール・ラビュートの監督デビュー作『In the Company of Men』で映画デビューを果たし、インディペンデント・スピリット賞新人俳優賞を受賞しました。

名女優ジュリア・ロバーツと共演した『エリン・ブロコビッチ』

華々しい映画デビューを飾ったアーロン・エッカートはその後3年間いくつかの映画に出演したのち『エリン・ブロコビッチ(2000)』という映画でジュリア・ロバーツの恋人役を演じました。

この映画はアメリカの大手企業『PG&E』を相手に、史上最高額の和解金を獲得した女性エリン・ブロコビッチの半生を描いた伝記映画です。

大物女優との共演を果たしたことで彼の知名度は急上昇。この映画に出演以降、メインキャストに抜擢される機会が増大します。

アーロン・エッカートの代表作『サンキュー・スモーキング』

2003年公開の『ザ・コア』という映画で初主演を飾ったアーロン・エッカート。

初主演獲得から3年後の2006年『サンキュー・スモーキング』で再び主演の座を勝ち取り、この映画でゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされました。

代表作を確立した2006年、アメリカの娯楽雑誌「ピープル誌」の人気企画『世界で最も美しい50人』に選出されました。

『ダークナイト』のハービー・デント役としても有名

2008年、アメリカの人気コミックス『バットマン』を原作とした実写映画作品『ダークナイト』でアーロン・エッカートはヴィラン(悪役)のハービー・デント/トゥーフェイスを演じました。

ハービー・デントは数々の精神病を抱えた地方検事で、善と悪の間で揺れる複雑な役所でしたが、アーロン・エッカートは持ち前の演技力で見事に演じきりました。

ダークナイトは全世界で10億ドルの興行収入を記録する大ヒットとなり、当時の歴代興行収入ランキングで4位になりました。また、アーロン・エッカートの俳優人生の中でも最も売れた映画です。

アーロン・エッカートは役作りで2度激太りした!?

アーロン・エッカートの凄いところは、役作りのために肉体を激変させられるところです。通常時は細身な体型の彼ですが、役者人生の中で2度、役作りの為にわざと激太りして映画に挑みました。

1度目は『僕らのセックス、隣の愛人(1998)』という映画で22kgの増量、2度目はなんと2016年、49歳で出演した『ビニー/信じる男』という映画です。

この映画は事故により選手生命を絶たれたボクサー、ビニー・パジェンシャ奇跡の復活までを描いた実話で、アーロンはトレーナーのケビン・ルーニーを演じるために頭を剃り18kg増量しました。

この役作りへの強いこだわりは、日本の俳優、鈴木亮平を彷彿とさせますね。彼もまた役のために大きく肉体を変化させる俳優です。

アーロン・エッカートの出演作品一覧

アーロン・エッカートが出演している作品を一覧で紹介します。映画を探す時の参考にしてください。※一部抜粋となっています

  • 1992年 Double Jeopardy 役者デビュー作品
  • 1997年 In the Company of Men 映画デビュー作品
  • 1998年 僕らのセックス、隣の愛人
  • 2000年 エリン・ブロコビッチ
  • 2001年 プレッジ
  • 2002年 抱擁
  • 2003年 ザ・コア 初主演作品
  • 2003年 ペイチェック 消された記憶
  • 2004年 サスペクト・ゼロ
  • 2005年 カンバセーションズ
  • 2006年 サンキュー・スモーキング 主演 ゴールデングローブ賞 主演男優賞ノミネート
  • 2007年 幸せのレシピ
  • 2008年 幸せのセラピー
  • 2008年 ダークナイト
  • 2009年 わすれた恋のはじめかた
  • 2010年 ラビット・ホール
  • 2011年 ラム・ダイアリー
  • 2011年 世界侵略: ロサンゼルス決戦 主演
  • 2012年 陰謀のスプレマシー 主演
  • 2013年 エンド・オブ・ホワイトハウス
  • 2014年 アイ・フランケンシュタイン 主演
  • 2015年 My All American
  • 2016年 エンド・オブ・キングダム
  • 2016年 ハドソン川の奇跡
  • 2016年 ビニー/信じる男
  • 2016年 ドクター・エクソシスト 主演
  • 2018年 ロマノフ家の末裔 〜それぞれの人生〜 主演 Amazonオリジナルドラマ
  • 公開未定 Wander 主演

『エンド・オブ・キングダム』を前作・最新作と共に紹介

2019年8月13日

「エンド・オブ・ホワイトハウス」を一部ネタバレありで紹介

2019年8月9日

ここで紹介している作品は、デビュー作以外は全て助演以上の大きな役を果たした映画です。

『エリン・ブロコビッチ』で知名度を上げた2000年以降、2017年を除いた全ての年でメインキャストを演じています。彼の演技力の高さと現場からの信頼の厚さが伺えますね。

アーロン・エッカートの交際関係を紹介

『世界で最も美しい50人』にも選ばれたこともあるほど男としてセクシーな顔立ちのアーロン・エッカートですが、交際関係はどうなっているのでしょうか?

映画デビュー作品『In the Company of Men』の撮影中に出会った女優、エミリー・クラインと婚約までいきましたが、1998年に破局してしまいました。

その後しばらく浮いた話はなかったものの、2006〜2007年の2年間アメリカの女性カントリーグループ『SHeDAISY』のメンバー、クリスティン・オズボーンと交際しています。

ほかにも一般女性やモデルのモーリー・シムズと交際していた経歴がありますが、2019年8月現在は付き合っている女性はおらず、現在独身のようです。

アーロン・エッカートについての情報まとめ

役作りに一本気で男から見てもセクシーな顔立ちのイケメン俳優、アーロン・エッカート。

2019年以降も『Midway』や『Live!』といった映画への出演が決定しており、50歳を過ぎてもまだまだ活躍が期待できそうですね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでアーロン・エッカートへの興味が高まり、出演作品を見て貰えたら嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。