【大物芸能一家】ジェイク・ギレンホールの生い立ちに迫ってみた

ジェイク・ギレンホールと言えば、最近(2019年6月現在)では「スパイダーマン」シリーズ最新作への出演が決定していますよね。

過去には「デイ・アフター・トゥモロー」などの超大作に出演した人気俳優です。

そんなジェイク・ギレンホールは両親も映画関係の仕事をしていたり、も同じく女優だったりと、典型的な芸能一家生まれだったことはご存知でしょうか?

この記事では、ジェイク・ギレンホールのことが大好きなぼくが、彼の魅力をとことん解説していきます!

(トップ画像出典:https://images.app.goo.gl/cp1GCLoBxrZAVXMA8)

ジェイク・ギレンホールの生い立ち

  • 誕生日:1980年12月19日(39歳)
  • 出生地:アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルス

ジェイク・ギレンホールはまさに俳優になるために生まれてきたと言っても過言ではない、芸能一家の長男として生まれました。

父親は映画監督のスティーヴン・ギレンホール、母は脚本家のナオミ・フォフナー。

さらに姉は「ダークナイト」などで知られる、女優のマギー・ギレンホールです。

以上のような家庭環境から彼が俳優を目指したのは自然といえますが、現在ほどの人気俳優となったきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

ジェイク・ギレンホールが超人気俳優になるまでの道のり

https://pixabay.com/images/id-2285627/

ジェイク・ギレンホールが映画デビューを果たしたのは、1991年に公開された「シティ・スリッカーズ」

初主演を果たしたのは、1999年の「遠い空の向こうへ」という作品です。

彼の演技が大きく評価されるようになったのは2001年に主役を務めた「ドニー・ダーコ」がきっかけでした。この作品で彼はインディペンデントスピリット賞主演男優賞の候補に選ばれています。

「ドニー・ダーコ」以降、彼は数々の映画賞を受賞することになります。

ジェイク・ギレンホールの受賞歴

「ドニー・ダーコ」で演技力が認められたジェイク・ギレンホールは、以降、アカデミー賞を始め数々の映画賞を受賞するようになりました。

「ブローバック・マウンテン」(2005)
  • 英国アカデミー賞助演男優賞 受賞
  • アカデミー助演男優賞 ノミネート
「ラブ・アンド・ドラッグ」(2010)
  • ゴールデングローブ賞主演男優賞 ノミネート
「ナイトクローラー」(2014)
  • ゴールデングローブ賞主演男優賞 ノミネート
  • 英国アカデミー賞主演男優賞 ノミネート
ちなみに「ナイトクローラー」では製作にも携わっており、彼の出演する映画の中でぼくが1番好きな作品でもあります。

もちろん賞を受けていない作品もおすすめ!

以上紹介したように多くの映画賞を受賞してきたジェイク・ギレンホールですが、彼が賞を受けていない作品でも、おもしろいものはもちろんたくさんあります。

彼の出演する映画の中で特におすすめなものを、ぼくの独断ではありますが4つ厳選してみました。

デイ・アフター・トゥモロー

「インデペンデンス・デイ」や「ホワイトハウス・ダウン」など、SF作品に定評のあるローランド・エメリッヒが監督を務めたSF超大作です。

地球温暖化によって突然訪れた氷河期に混乱する人々を現実味を持って描いたパニック映画である。SF映画であるとも言えるが[要出典]、映画の公開より約2年前の2002年に実際に崩壊したラーセンB棚氷に大規模な亀裂が走る場面が出てくるように、フィクションではなく史実である部分も存在する。2005年11月30日付のAFP通信の記事では、実際にヨーロッパにおいて映画ほどの急激さはないものの、映画と同じ理論で、今後十年単位で平均気温が4度低下する恐れがあるとの科学者の見解を伝えている。

最新のVFXによって作られた竜巻津波などのリアルな映像が話題を呼び、決して豪華とは言えないキャスティングにも関わらず興行収入が北アメリカでは1億8,600万ドル、日本では3週連続1位、52億円、全世界では5億4,400万ドルに達した[1]。なお、本作は地球温暖化を問題とした映画でありながら、映画制作においては(例えば自動車を使用するなどして)温室効果ガスである二酸化炭素を排出した。しかし、映画制作に伴って排出したと考えられる二酸化炭素を吸収させるために、植林を行う資金として20万ドルを拠出した[3]

(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%A2%E3%83%AD%E3%83%BC

 

 

エンド・オブ・ウォッチ

ドキュメンタリーのような撮影方法が特徴のアクション映画。ロス市警が凶悪なギャングを取り締まる様子を描いています。

実際にロサンゼルス市警の協力を得ながら、ロサンゼルスで最も治安の悪い街と言われるサウスロサンゼルスで命がけの撮影を行いました。

サウスポー

ボクシングチャンピオンの栄光、挫折、復活を描いた王道ストーリーです。

ジェイク・ギレンホールはボクシングチャンピオンを演じるため、半年間に及ぶ超過酷なトレーニングをこなしました。

無敗の世界ライトヘビー級王者、ビリー・“ザ・グレート”・ホープ。彼は壮絶な打ち合いの末に勝利する、その捨て身のファイトスタイルで絶大な人気を誇っており、愛する妻と娘にも恵まれ幸せな日々を過ごしていた。そんなある日、チャリティ・パーティの席でライバル選手からの挑発を受けたビリーは、短気な性格が災いして大乱闘を引き起こしてしまう。そしてその最中、相手の兄弟が発砲した流れ弾がビリーの妻に命中。彼女は帰らぬ人となってしまう。この事件が原因でボクシングに身が入らなくなったビリーは無残に敗れ続け、しまいには自暴自棄になり自殺未遂まで引き起こしてしまう。これにより、プロモーターから一年間の謹慎を命じられたビリーは、ついに最愛の娘とも引き離されてしまうのだった。

全てを失ったビリー。彼は人生の再起をかけ、過去に自信を苦しめた対戦相手のトレーナー、ティックのもとを訪れる。ところがティックはビリーのファイティングスタイルを全否定し、彼に辛辣な言葉を浴びせるのだった。これに当初は反発していたビリーだったが、自分を変えたいと願う一心からティックに教えを乞う。ビリーはティックのもとでボクシングの基礎を一から学び直すのだった。その姿を見た周囲からビリーに対して容赦ない罵倒が降り注ぐ。それでもビリーはトレーニングを続け、ついにリングへ再び立つのだった。

(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

ライフ

国際宇宙ステーション(ISS)のクルーは火星探査機の回収に成功した。探査機が持ち帰ったサンプルを分析した結果、地球外生命体の存在を示すものであることが判明した。喜びに沸くクルーだったが、実験の過程でサンプルが知性を持つようになったことが判明する。急速に成長するサンプルによってISSに閉じ込められたクルーは、地球を守るために孤立無援の状況下で戦うことになる。

(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95_(2017%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)

ジェイク・ギレンホールの最新作は?

以上見てきたように数多くの映画に出演しているジェイク・ギレンホールですが、彼の最新作がなんなのか気になりませんか?

ジェイク・ギレンホールは2019年6月に公開予定の「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」に出演が決定しています。ファン待望のマーベルシリーズ参加となりました。

本作でジェイク・ギレンホールの演じるミステリオは、スパイダーマンにとって道しるべとなるようなキャラクターです。

また、スパイダーマンを演じたトム・ホランドにとってもジェイク・ギレンホールは憧れの俳優だったそうで、こんなコメントを残しています。

実際トム・ホランドは、いつか共演したい俳優リストにジェイク・ギレンホールを上げていたほどで、「今まで僕が共演した役者には必ずスイッチがあった。『アクション』と声がかかり、彼らが演技をしているというのはわかった。でもジェイクはそうじゃない。役に入る時、役から出る時の境目がないんだ。僕に話しかけているんだと思っていると、『しまった!もうシーンを演じてるんだ!』って気づくんだ」と熱く語り、若手俳優にとっても憧れの存在であることを打ち明けている。

(出典:https://www.cinemacafe.net/article/2019/06/13/62045.html

間もなく(2019年6月現在)公開されるスパイダーマンの最新作でも、ジェイク・ギレンホールがどんな演技を見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

ジョニー・デップに匹敵?カメレオン俳優ジェイク・ギレンホール

SF作品、スポーツもの、最新作ではスーパーヒーローと、ジェイク・ギレンホールという俳優は本当にあらゆるジャンルの作品に登場していますよね。

「カメレオン俳優」と言えばジョニー・デップの名が思い浮かぶかと思いますが、ジェイク・ギレンホールも多くの作品でカメレオン俳優ぶりを見せています。

例えばパパラッチ役を演じた「ナイトクローラー」(2015)では14キロもの減量に成功しました。

かと思えばその直後、わずか1年後に出演した「サウスポー」では21キロもの増量を果たし、ボクシングチャンピオンを演じています。

どんな衣装も似合っちゃうイケメンぶり

彼があらゆる役をこなせるのはまずその高い演技力があるためでしょう。

加えて、どんな衣装も髪型も似合ってしまうイケメンぶりが、彼にあらゆる役を与えています。

「エンド・オブ・ウォッチ」や「サウスポー」のように硬派な男を演じる際には坊主頭にしていますが、最近は長髪でいることが多いようですね。

どちらもめちゃくちゃカッコいいです。

友達がいない?!ジェイク・ギレンホール

どんな役もこなしてしまうイケメン俳優ということで紹介してきましたが、実はジェイク・ギレンホールには友達がいないということを自身のインタビューで述べていました。

そのインタビューはこちら!↓

彼のプライベートを知るべく、まず「今日は何をした? 」か質問。その答えは意外なもので、「起きたらメールがゼロ件だった。友達がいないからね」と話す。この日は起きてからしばらくぼう然と座っていたというが、本当に友達がいないの!?

(出典:https://www.vogue.co.jp/celebrity/conversations/VJ1028-ASMRInterview-2018-JakeGyllenhaalExploresASMRwithWhispersBubbleWrapandaCamera/page/2

このインタビューは、ASMRという録音方法についてインタビューされているものです。

ASMRとは、耳の中で音が鳴っているように聞こえさせる録音方法のことで、耳かきをされているときのような心地よさを味わえます。

英語のインタビューをすべて聞き取るのは難しいかもしれませんが、イケメンジェイクのささやき声や、カメラのシャッター音などで耳を癒してみてはいかがでしょうか?

友達はいないけど恋人は?

本当かウソか、友達はいないと自身で述べていたジェイク・ギレンホールでしたが、恋愛事情はどうなっているのでしょうか?

実は、ナタリー・ポートマンテイラー・スウィフトを始め数多くの超大物と交際していた経験があるという噂がありました。この章では彼が交際していた女性有名人たちを紹介していきます。

ジェイミー・キング

オマハ出身。地元のモデリング・スクール『ナンシーバウンズ インターナショナル』にて卒業式のファッションショーで最初にモデルエージェンシーからオファーがもらえず、その悔しさから再度挑戦、NYのモデルエージェンシーに14歳の時に契約、モデルとなる。[1]、『ヴォーグ』を初めとする数々のファッション雑誌の表紙を飾り、16歳までにトップ・モデルとなる。クリスチャン・ディオールシャネルのショーにも出演した。 2000年の『コスモポリタン誌』において、『Face of 2000』に選ばれる。1999年から女優として活躍し、『パール・ハーバー』、『シン・シティ』といった話題作にも出演。続編の『シン・シティ 復讐の女神』にも出演した。

(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0_(%E5%A5%B3%E5%84%AA)

ナタリー・ポートマン

ナタリー・ポートマンと言えば、「スター・ウォーズ」シリーズや「ブラック・スワン」で知られる超大物女優ですね。

キルスタン・ダンスト

2002~2007年のスパイダーマンシリーズのヒロイン、メリー・ジェーン・ワトソンを演じたことで有名な女優です。

テイラー・スウィフト

2010年には世界の歌姫、テイラー・スウィフトとの交際が噂されていました。

名前を並べてみただけでもビックリするぐらい、とんでもない女性遍歴でしたね・・・。

お姉さんとの関係は?

最初に紹介したとおり、ジェイク・ギレンホールのお姉さん、マギー・ギレンホールも人気女優として活躍する人物です。

「ダークナイト」「ホワイトハウス・ダウン」などに出演したことで知られています。

実は、ジェイク・ギレンホールのブレイクのきっかけとなった「ドニー・ダーコ」で2人が共演していたことはご存知でしょうか?

作中でもそもまま姉弟役を演じています。今後、2人が共演することがあったら絶対見てみたいですね!

まとめ

以上、ジェイク・ギレンホールについて紹介してきました。どんな見た目も似合ってしまうルックスと、徹底して役作りを行えるストイックさを兼ね備えた超実力派の俳優です。

彼の出演する作品はどれもクオリティの高いものばかりで、ぼくも大好きです。

最後に今回登場したジェイク・ギレンホールの出演作品をまとめておきました。気になった方はぜひ視聴してみてはいかがでしょうか?

ジェイク・ギレンホールの出演作品
  • 「シティ・スリッカーズ」(1991)
  • 「遠い空の向こうに」(1999)
  • 「ドニー・ダーコ」(2001)
  • 「デイ・アフター・トゥモロー」(2004)
  • 「ラブ・アンド・ドラッグ」(2010)
  • 「エンド・オブ・ウォッチ」(2012)
  • 「ナイトクローラー」(2014)
  • 「サウスポー」(2015)
  • 「ライフ」(2017)
  • 「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(2019)

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>