終始迫力があり過ぎるアクション映画『ザ・ロック』の見所を紹介! 

今回は映画『ザ・ロック』を紹介します。この作品は、ある1人の軍隊が猛毒ミサイルを使ってアメリカ政府を脅して現金1億ドルを要求し、それを化学研究員と脱獄犯が止めようとするというお話です。

どうしてその軍隊はアメリカ政府に現金1億ドルを要求したのか、その軍隊を何故化学研究員と脱獄犯が止める事になるのか、気になりますよね。

本記事では、映画『ザ・ロック』のあらすじや3つの見所のほか、レビューや無料で観られる方法も紹介します。ぜひ最後までご覧ください!

(出典:https://unsplash.com/photos/Oi31uKsnM1Q)

映画『ザ・ロック』の作品情報

作品情報
  • 制作年:1996年
  • 上映時間:135分
  • 監督:マイケル・ベイ
  • 脚本:デヴィッド・ウェイスバーグ、ダグラス・S・クック、マーク・ロスナー
  • 出演者:ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジ、エド・ハリス、ジョン・スペンサー、デヴィッド・モース、マイケル・ビーン etc
  • ジャンル:アクション

まずは、映画『ザ・ロック』の主な作品情報を上記にまとめてご紹介しました。

監督のマイケル・ベイさんは、代表作品として『トランスフォーマー』『ウィジャ ビギニング 〜呪い襲い殺す〜』などがあります。

スポンサーリンク

映画『ザ・ロック』の主な出演者の紹介

続いて、『ザ・ロック』の主な出演者を3人紹介していきます。メイソンとグッドスピードの2人が、主人公になります。

ジョン・パトリック・メイソン(演:ショーン・コネリー)

ザ・ロック刑務所からの脱獄に成功した唯一の人物。グッドスピードと共にハメル准将の計画を止めようとする。

スタンリー・グッドスピード(演:ニコラス・ケイジ)

FBI特別捜査官の化学研究員。ハメル准将が持っている猛毒ミサイルの無効化を託されている。

“フランク”フランシス・X・ハメル准将(演:エド・ハリス)

ベトナム戦争の英雄として数々の勲章を授与された。しかし、これまでの戦争で命を落とした部下83人に対するアメリカ政府の不当な扱いに怒りを感じ、遺族に対して総額1億ドルの支払いをするよう政府に求めた。

映画『ザ・ロック』のあらすじ

数々の戦争で仲間を失ったにも関わらず、救援も送らなかった上に遺族に対して恩給や賠償金も支払われず、国葬もしないアメリカ国家を、ハメル准将は(演:エド・ハリス)ひどく恨んでいました。

そこで、ハメル准将は仲間と共に猛毒ミサイルを奪い、ザ・ロックと呼ばれるかつての刑務所であるアルカトラズ島に、観光客などを人質に立てこもり、遺族へ渡す補償金として現金1億ドルを政府に要求しました。

政府は、ハメル准将の要求には応じず、主にグッドスピード(演:ニコラス・ケイジ)とメイソン(演:ショーン・コネリー)の2人に助けを求めます。

ザ・ロック刑務所からの脱獄に成功した事のあるメイソンの力を借りて、ザ・ロック刑務所に進入していくグッドスピードですが…。

スポンサーリンク

見所①:グッドスピードとメイソンのアクションシーン

出典:https://pixabay.com/photos/car-accident-fire-street-accident-2789841/#content

グッドスピードとメイソンのアクションシーンが、『ザ・ロック』の見所の1つです。

次の章でも触れますが、メイソンがホテルから脱走してしまいます。その時の、グッドスピードVSメイソンのカーアクションは、思わず画面に釘付けになってしまいますよ。

次に、グッドスピードとメイソンは、猛毒ミサイルをハメル准将から奪い返す為に協力します。その時の、グッドスピードとメイソンの協力プレイは、迫力があるアクションシーンが多いです。

この様に、敵対視している時のアクションも、次第に協力して息の合ったコンビで魅せるアクションも見所なので、ご注目ください。

見所②:脱走したメイソンとグッドスピードの機転

メイソンがグッドスピード達に協力する条件として、ホテルで身支度を整える事でした。それに従ったアメリカ政府ですが、ある事件が起きます。

なんとメイソンがホテルから脱走したのです。メイソンが向かった先は、サンフランシスコに住む娘の所でした。

メイソンと娘のやりとりを陰で見ていたグッドスピードですが、メイソンを追うメイソンの元へパトカーが到着します。メイソンの娘はメイソンが脱獄してきたとは思っていないので、この事態に少し驚いています。

その様子を感じ取ったグッドスピードはある機転を利かせましたその機転とは一体何なのか、予想しながら視聴してみましょう。

スポンサーリンク

見所③:残り3基の猛毒ミサイルはどこにあるのか?

出典:https://pixabay.com/photos/anti-tank-guided-missile-rocket-63033/#content

猛毒ミサイルは、全部で12基ありました。9基を処理したグッドスピードですが、残りの3基が見当たりません。

そんな時に、ハメル准将は人質にとった観光客を脅し、グッドスピードとメイソンに降参する様に伝えます。

すると、メイソンは素直にハメル准将の元へ向かい、残り3基の猛毒ミサイルの処理をグッドスピードに託しました。

果たしてグッドスピードは、残り3基の猛毒ミサイルを見つけ処理する事ができるのか、それともハメル准将に捕まってしまうのか、特に大事な所なので目を離さずにご覧ください。

映画『ザ・ロック』を視聴した筆者の感想

『ザ・ロック』は、とにかくアクションだらけの映画でした。グッドスピードとメイソンが、ハメル准将達と戦うアクションシーンばかりが注目されがちですが、それだけではありません。

例えば、映画の冒頭でのハメル准将達が猛毒ミサイルを15基盗む場面も、緊張感があって迫力のあるアクションシーンがたくさんあります。

最初から最後までひたすらアクションを観たい方には、『ザ・ロック』はピッタリな映画だなと感じました。

映画『ザ・ロック』のレビュー

出典:https://pixabay.com/photos/stars-rating-travel-four-hotel-1128772/#content

続いては、『ザ・ロック』のレビューを紹介します。良いレビューと悪いレビューをそれぞれ2つずつご紹介します。

『ザ・ロック』の良いレビュー

「映画館で観たいなー」とありますが、『ザ・ロック』は迫力満点のアクションシーンがあるので、確かに映画館で観てみたくなりました。

メイソンを演じたション・コネリーさんは、非常にカッコよかったです!

『ザ・ロック』の悪いレビュー

「突入部隊隊長すごく脳筋でダメだな」とありますが、これに関しては完全同意ですね。仲間を守るという事を考えれば、敵のハメル准将の言う事を素直に聞くべきでした。

ただ、突入部隊隊長がハメル准将を尊敬していた事、猛毒ミサイルを飛ばして欲しくないと思っていた事は、痛い程伝わってきました。

確かに、人が死ぬシーンが多々あるので、そういうのが苦手な方は観ない方がいいかもしれません。ただ、迫力あるアクションシーンなど、見所はたくさんありますよ。

映画『ザ・ロック』を無料で観る方法

出典:https://pixabay.com/photos/room-office-modern-lectronic-2559790/#content

動画配信サービス

『ザ・ロック』は上記の動画配信サービスに会員登録をすれば、初月は無料で観る事ができます。

ただし、初月なので注意が必要です。例えば、2月20日に登録したら2月28日までしか無料で観る事ができません。その為、月の初め(なるべく1日)に登録する事をオススメします。

また、作品の配信期間が終了すると観れなくなってしまうので、気になっている作品は早めに視聴することをオススメします。

もちろん、無料期間だけ契約して解約する事も可能なのでご安心ください。

映画『ザ・ロック』のまとめ

今回は、『ザ・ロック』のあらすじや3つの見所、感想やレビュー、そして無料で観られる方法をご紹介しました。

『ザ・ロック』は、ハメル准将が猛毒ミサイルを使ってアメリカ政府を脅して現金1億ドルを要求し、それをグッドスピードとメイソンが止め様とするという映画です。

迫力あるアクション映画が好きな方、魅力あふれる登場人物の絡みが観たい方にはオススメです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

映画をたっぷり楽しみたいなら、動画配信サービスを利用すると良いですよ!僕があなたにオススメしたい動画配信サービスは「U-NEXT」と「Amazon Prime」の2つです。

U-NEXTは「膨大なコンテンツ数」が最大の魅力で、その数なんと“18万本”以上!

Amazon Primeは動画配信以外のサービスも充実しており、月額500円(税込)とは思えないコスパの高さが強みですね!

どちらのサービスも「無料お試し期間」が用意されており、その期間中に解約すれば利用料金は発生しません。(※無料期間:U-NEXT…31日間/Amzon Prime…30日間)

配信作品は定期的に更新されていくので「観たい!」と思っていた作品が、いつのまにか観れなくなってしまうということが起こります。

観れなくなって後悔しないように、今すぐ登録して観たかった作品たちを思い切り楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社会で働き始めて分かった人間関係の疲れ→5社経験するも、人間関係の悩みは避けられない事を認識→なるべく1人でもできて楽しめる仕事としてライター始めました。得意ジャンルは、映画、恋愛。好きな事で場所を選ばす生きていくことを目指しています。