F1での最高のライバル関係『ラッシュプライドと友情』の見所を紹介!

今回は映画『ラッシュプライドと友情』を紹介します。この作品は、2人のライバルがF1での優勝を目指して、命の危険と隣り合わせになりながらも、日々戦っていくというお話です。

2人はどの様にしてライバル関係になったのか2人のライバルはどちらが優勝するのか、気になりますよね。

本記事では、映画『ラッシュプライドと友情』のあらすじや3つの見所のほか、レビューや無料で観られる方法も紹介します。ぜひ最後までご覧ください!

(出典:https://pixabay.com/photos/fast-speed-racing-speedway-1281628/#content)

『ラッシュプライドと友情』の作品情報

作品情報
  • 制作年:2013年
  • 上映時間:122分
  • 監督:ロン・ハワード
  • 脚本:ピーター・モーガン
  • 出演者:クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ etc
  • ジャンル:ドラマ、アクション

まずは、映画『ラッシュプライドと友情』の主な作品情報を上記にまとめてご紹介しました。

監督のロン・ハワードさんは、代表作品として『天使と悪魔』『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌』などがあります。

スポンサーリンク

『ラッシュプライドと友情』の主な出演者の紹介

主な出演者
  • クリス・ヘムズワース(役:ジェームス・ハント/F1で優勝を目指している)
  • ダニエル・ブリュール(役:ニキ・ラウダ/ハントのライバル。頭脳派)
  • オリヴィア・ワイルド(役:スージー・ミラー/ハントの結婚相手だが、破局してしまう)
  • アレクサンドラ・マリア・ララ(役:マルレーヌ・クナウス/ラウダの結婚相手)

この他にも出演者はいますが、話の中心になる4人を紹介しました。

F1で優勝を目指しているジェームス・ハント(演:クリス・ヘムズワース)が主人公になります。

『ラッシュプライドと友情』のあらすじ

時は1970年代、F3のレースに出場するハント(演:クリス・ヘムズワース)とラウダ(演:ダニエル・ブリュール)はライバル関係にありました。

そして、ハントもラウダも結果を残し続け、F1に昇格しました。

F1ではハントが勝ったり、ラウダが勝ったりしていて、トータルだとわずかながらラウダがリードしている状況です。

そんな中、F1のレースの日に雨が降ります。ラウダは中止を訴えましたが、ほとんどの選手がレースを決行する事に賛成してしまい…。

スポンサーリンク

見所①:ハントをどん底に落としたラウダの言動とは?

ある日、世界選手権のスペインでのレースで、1位がハント(演:クリス・ヘムズワース)、2位がラウダ(演:ダニエル・ブリュール)になります。

しかし、ラウダはハントのマシンのサイズが1.5cm大きい事を指摘した結果、ハントの1位が取り消しになってしまいます。

その影響もあり、ハントはその後のレースでラウダに負ける日が続いてしまいます。ハントは一体、この状態からどの様にして立ち直るのか、注目してご覧ください。

見所②:ラウダの復帰の記者会見で怒りが収まらないハント

出典:https://pixabay.com/photos/angry-man-point-finger-india-angry-274175/#content

あるレースでケガをしたせいで、しばらく戦線離脱していたラウダ(演:ダニエル・ブリュール)ですが、レースに復帰します。

そして、そのレースに復帰する日に記者会見が行われました。その記者会見の中で記者の1人が、「そんなひどい顔で結婚生活は大丈夫ですか?」とふざけた質問をします。

頭にきたラウダは、そこで記者会見を終了させます。しかし、ラウダ以上に頭にきていたのは、ハント(演:クリス・ヘムズワース)でした。

記者会見終了後、ハントはラウダにふざけた質問をした記者の元へ行き、ある行動をします。その行動とは一体何なのか、それが明らかになった時、あなたは驚きの声をあげるでしょう。

スポンサーリンク

見所③:世界チャンピオンのレースでラウダが取った驚きの行動

出典:https://pixabay.com/photos/f1-car-race-wet-competition-speed-1605909/#content

世界チャンピオンが決まる最後のレースの日本グランプリ日は、ラウダ(演:ダニエル・ブリュール)が「中止にした方がいい」と言ったレースの日以上に雨が降っていました。

しかし、大雨の中レースをやるのは選手達の命が危ないにも関わらず、レースは決行する事になってしまいます。

そして、レースがスタートし、ラウダもハント(演:クリス・ヘムズワース)も順調なスタートを切りましたが、2人とも途中から苦戦します。

その中でも、驚いたのはラウダのある行動でした。その行動とは一体何なのか、予想しながら視聴してみましょう。

『ラッシュプライドと友情』を視聴した筆者の感想

正直、F1については何の知識もないまま、『ラッシュプライドと友情』を観ましたが、充分に楽しんで観る事ができました。

観る前は、「何であんな危ない事が人気があるのだろう」と思っていましたが、大きな間違いでした。

レースをしている時や勝利をした時の割れんばかりの歓声や、F1での優勝を目指して戦う男達の姿は非常にカッコいいものです。

また、ハント(演:クリス・ヘムズワース)とラウダ(演:ダニエル・ブリュール)がお互いを認めているシーンがいくつかありますが、最高でした。

『ラッシュプライドと友情』のレビュー

出演:https://pixabay.com/photos/finger-feedback-confirming-3530353/#content

続いては、『ラッシュプライドと友情』のレビューを紹介します。良いレビューと悪いレビューをそれぞれ2つずつご紹介します。

『ラッシュプライドと友情』の良いレビュー

確かに、ハント(演:クリス・ヘムズワース)とラウダ(演:ダニエル・ブリュール)のライバル関係や、迫力あるレースシーンは最高です。

F1について全く知らない私でも『ラッシュプライドと友情』を楽しんで観る事ができました。

『ラッシュプライドと友情』の悪いレビュー

私は吹き替え版で観ましたが、特に違和感なく観る事ができました。

確かに、映画館で迫力を味わいたくなります。しかし、PCで観ても「凄い迫力あるレースだな」と感じる事ができますよ。

『ラッシュプライドと友情』を無料で観る方法

出典:https://unsplash.com/photos/ngMtsE5r9eI

動画配信サービス

『ラッシュプライドと友情』は上記の動画配信サービスに会員登録をすれば、一定期間は無料で観る事ができます。

また、作品の配信期間が終了すると観れなくなってしまうので、気になっている作品は早めに視聴することをオススメします。

もちろん、無料期間だけ契約して解約する事も可能なのでご安心ください。

動画配信サービスによって観れる動画が異なるので、あなたにあった動画配信サービスを選んでくださいね。

『ラッシュプライドと友情』のまとめ

今回は、『ラッシュプライドと友情』のあらすじや3つの見所、感想やレビュー、そして無料で観られる方法をご紹介しました。

『ラッシュプライドと友情』は、ハント(演:クリス・ヘムズワース)とラウダ(演:ダニエル・ブリュール)がF1での優勝を目指して、命の危険と隣り合わせになりながらも、日々戦っていくという映画です。

F1が好きな方、刺激的な展開が続く作品が好きな方にはオススメです。最後までお読みいただき、ありがとうございました

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マメ

社会で働き始めて分かった人間関係の疲れ→5社経験するも、人間関係の悩みは避けられない事を認識→なるべく1人でもできて楽しめる仕事としてライター始めました。得意ジャンルは、映画、恋愛。好きな事で場所を選ばす生きていくことを目指しています。