海外映画(ドラマ)

大ヒット裁判サスペンス!『私は確信する』のあらすじや見所を紹介

今回紹介する『私は確信する』は、実際の未解決事件をテーマにした渾身のサスペンス映画

本国フランスで40万人の観客動員数を記録した大ヒット映画ですね!この記事を読んでもらえれば、より本作品を楽しめますよ。

『私は確信する』のあらすじをはじめ、キャストや見所なども紹介するので、ぜひ最後までご覧くださいね!

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/法-正義-裁判所-裁判官-1063249/)

『私は確信する』の作品情報

まずは『私は確信する』の作品情報について簡単に紹介しますね!

作品情報
  • 監督:アントワーヌ・ランボー
  • 制作:2018年(フランス)
  • 上映時間:110分
  • 公開日:2021年2月11日(日本)

本作品は、アントワーヌ・ランボー監督の長編デビュー作となる“裁判サスペンス”。

フランスで実際に起きた未解決事件「ヴィギエ事件」を映画化した作品です。

小規模ながら口コミで広がり、フランス国内で40万人を動員した大ヒット映画ですね!

『私は確信する』のあらすじ

2000年2月、フランス南西部トゥールーズで、38歳の女性スザンヌ・ヴィギエが3人の子供を残して突然姿を消した。

明確な動機もなく、決め手となる証拠もないまま、妻を殺した疑いで夫ジャックは殺人容疑をかけられる。

第一審では「無罪」となるが、すぐさま検察に控訴されたジャックは、第二審で再び「殺人罪」を問われることに。

無実を確信するシングルマザーのノラは、敏腕弁護士デュポン=モレッティに弁護を懇願する。自らも助手として250時間の電話記録を調べると、新たな真実と疑惑に気づく…。

『私は確信する』のキャストを紹介!

簡単にあらすじを紹介したところで、本作品のメインキャストを紹介しますね!

ノラ(演者:マリーナ・フォイス)

ノラを演じるマリーナ・フォイスは、フランスで記録的ヒットを樹立した『アステリックスとオベリクス/ミッション・クレオパトラ』(2002)など、数々の作品に出演している人気女優。

本作では、前代未聞の裁判に挑むシングルマザーを演じ、未解決事件の真相に迫っていく。

デュポン=モレッティ弁護士(演者:オリヴィエ・グルメ)

デュポン・モレッティを演じるオリヴィエ・ グルメは、ダルデンヌ兄弟の『息子のまなざし』(2002)などで知られる名優。

本作では、2020年7月にフランス内閣の法務大臣にも就任した、実在する弁護士を演じる。

ジャック・ヴィギエ(演者:ローラン・リュカ)

ローラン・リュカは、主演映画『ハリー、見知らぬ友人』(2000)が「セザール賞」を複数受賞し、一気に有名俳優の仲間入りを果たす。

本作では、突然姿を消したスザンヌ・ヴィギエの夫ジャックを演じる。(写真の右の男性)

フランス全土が注目した「ヴィギエ事件」とは?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ブリッジ-トゥールーズ-フランス-5150522/

フランスで大ヒットを記録した『私は確信する』は、実際に起きた「ヴィギエ事件」をテーマにした作品。

決定的な証拠もなければ、遺体も見つかっていない。失踪か殺人なのかも分からない状況で、夫ジャックが殺人容疑をかけられた“異例尽くしの事件”ですね。

監督自身も第一審を傍聴していて、あまりにもずさんな展開に、フランスの司法制度における“悪夢”とも感じたそうですよ。

メディアは「ヒッチコック狂の完全犯罪」と世論を煽り、フランス全土の関心を集めた「ヴィギエ事件」。映画でもリアルに近いストーリーが演出されています。

よりリアリティーを追求したサスペンスストーリーは必見!

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/5668772/

先程も紹介したように、本作品はフランスで起きた未解決事件を題材にしています。ほとんどの登場人物が実在し、よりリアリティーが追求されているのも魅力ですね!

しかも、ストーリーの中心人物デュポン・モレッティ弁護士は、実際の事件においても監督自らが弁護をお願いした方なんですよ。

ちなみに主人公ノラは架空の人物ですが、監督自身が考える司法や情報の在り方、そして自分の体験を反映したリアルに近いキャラクターでもあります。

よりフィクションに近いサスペンス映画が好きな方には、ぜひ見てほしい作品ですね!

嘘をついているのは誰なのか?捻れた裁判の行方は…

本作品の見所は、何と言っても白熱する法廷シーンですね!法廷では、刑事・ベビーシッター・愛人などが証言しますが、誰かが嘘をついているため証言が食い違うんです。

疑惑だらけの証人たちと真相を求める主人公ノラ。裁判の内外で繰り広げられるスリリングな展開には、一瞬たりとも目が離せませんね!

特に全ての運命を決する最終弁論は圧巻で、デュポン・モレッティ弁護士(オリヴィエ・グルメ)が披露する渾身のスピーチには心が揺さぶられますよ。

『私は確信する』の良いレビュー

ここからは、実際に『私は確信する』を見た人のレビューを紹介しますね!

めちゃめちゃ面白かったー!
法廷ものには外れがあまり無いという印象あるけれど、本作は特に興奮した。。。

フランスで話題になった事件を基に造られたそうだが、エンドロール前のテロップに主人公がフィクションの人物と表示されていたので、ストーリーそのものもフィクションと考えるのが妥当だろうね。なにしろ主人公の活躍、葛藤がメインストーリーだから。。。

秀逸な脚本。そして名優達による素晴らしい演技。
はらはらドキドキしたし、警察、検察、裁判官には腹立ったし、最後は涙溢れた。

なにしろ弁護士による最終弁論が圧巻。震えた!
このシーンを観れただけでも本作を観に来た甲斐あった!!🤓
実際にも相当優秀な弁護士だったらしいので、ここだけはもしかしたら実話に近いのかな。。。🤔

出典:https://filmarks.com/movies/93501/reviews/108160534

良いレビューでは、「見応えのあるストーリーだった」「クライマックス最終弁論が良かった」という意見が見られました。

リアルに近いということもあり、ストーリーには定評があるので、サスペンス好きにはぜひ見てほしい作品ですね!

尚、登場人物が多いので、事前に人物相関図を頭に入れておくとストーリーも理解しやすいですよ。

公式サイト(人間相関図):私は確信する

『私は確信する』の悪いレビュー

良いレビューを紹介したところで、本作品への悪いレビューも紹介しますね!

うーーん、、僕にはあまりハマらず。
法廷ものとして観ればおもしろいのかも。僕は、なんで主人公がこんなにがんばってるのかわからず話に置いてかれました…

出典:https://filmarks.com/movies/93501/reviews/107509570

悪いレビューでは、「ノラの裁判への執着心が尋常じゃない」という意見が多かったですね。

確かに自分ごとではないにも関わらず、あらゆることを疎かにしてまで裁判に関わる姿には、不自然さを感じる方もいるかもしれません。

また、ストーリーが重厚なため、「途中から置いてけぼりになった」というレビューも見られました。

より本作品を楽しむなら、事前にあらすじや事件の概要などを頭に入れておくと良いでしょう。

『私は確信する』の上映・配信情報

最後に、『私は確信する』の上映・配信情報について紹介しますね!

本作品は、2021年2月11日から日本で公開されていて、現在(2021年3月時点)も一部の映画館で上映されています。

映画館で楽しみたい方は、公式サイトの方から上映情報を確認してみてくださいね!

尚、2021年3月時点では、本作品の動画は配信されていません。また、配信に関する情報も公開されていないので、動画で視聴したい方は今後の情報も要チェックです。

冤罪か、それとも有罪か。サスペンス映画『私は確信する』まとめ

今回は、2021年2月より日本で公開された『私は確信する』を紹介しました。

本作品は、実際に起きた未解決事件をテーマにし、よりリアリティーを追求した作品。名優たちによる迫真の演技もあり、見応えのある作品に仕上がっています。

白熱する法廷シーンも見所で、特にデュポン・モレッティ弁護士(オリヴィエ・グルメ)の最終弁論は圧巻です!

果たしてジャックは冤罪なのか、それとも有罪なのか。ぜひ自分の目で事件の真相を確かめてみてくださいね!