故人ポール・ウォーカー出演!映画フルスロットルのキャスト・見所紹介

『フルスロットル 』は『ワイルドスピード』シリーズの主演として知られるポール・ウォーカーの遺作となった映画です。

他にもパルクールの生みの親・ダヴィッド・ベルも出演しており、華麗なアクロバティック激しいアクションシーン満載の映画となっています。

ポール・ウォーカーのファンだけでなく、戦闘シーンが好きな方にもお楽しみいただけるでしょう。

本記事では『フルスロットル 』のあらすじやキャスト、見所などをご紹介していきますので最後までぜひお読みください。

作品情報

まずは、『フルスロットル』の公開日や監督、出演俳優といった作品情報をご紹介します。

『フルスロットル』の作品情報
  • 劇場公開日:2014年9月6日
  • 監督:カミーユ・ドゥラマーレ
  • 製作国:フランス、カナダ
  • 出演者:ポール・ウォーカー、ダヴィッド・ベル、RZA
  • 上映時間:91分

監督は『トランスポーター3 アンリミテッド』などを手掛けたカミーユ・ドゥラマーレです。また、特筆すべきは2013年に亡くなった主演のポール・ウォーカーの最後の主演作であることです。

世界中で大ヒットした『ワイルドスピード』シリーズの主演で知られる人気俳優で、ワイスピファンには是非ご覧いただきたい作品です。

あらすじ

舞台は無法地帯となっていた米・デトロイトにある”ブリックマンション”。

潜入捜査官ダミアンは、ブリックマンションのボスであるトレメインが強奪し起動させた中性子爆弾を止めるための潜入捜査を命じられる。

元恋人を誘拐されたリノを相棒にして、トレメインのアジトに乗り込む。

最初は噛み合わない二人だが、次第に心が通じ合い、類まれなアクロバットと戦闘能力を駆使してトレメイン一味との戦いを繰り広げる。

映画『フルスロットル』の予告映像

ここで、『フルスロットル』の予告映像をご紹介します。2分弱の映像ですが、これだけでアクションの激しさが伝わります。

タイトル通り、ダミアンとリノは目の前が行き止まりでも壁であっても止まることなく突っ込み、身体能力で解決してしまいます。

『ワイルドスピード』シリーズを彷彿とさせながらも、よりアクロバティックが加わったアクション映画です。冒頭からリノのアクションに誰もが舌を巻くことでしょう。

映画『フルスロットル 』のキャスト紹介

ダミアン・コリアー(演:ポール・ウォーカー)

中性子爆弾を止めるためブリックマンションへと潜入操作をする本作の主人公。

ダミアンを演じたポールは日本でも大ヒットしたアクション映画『ワイルドスピード』シリーズの顔として一躍人気になりましたが、同作の撮影期間中に交通事故に遭い亡くなりました。

【ポール・ウォーカー】世界的に活躍していた、今は亡き人気俳優

2019年11月23日

リノ・デュプリー(演:ダヴィッド・ベル)

トレメインにさらわれた元恋人を救うためにダミアンとタッグを組み、ブリックマンションへと乗り込む

演じるのはアクロバティックなスポーツ・パルクールの第一人者のダヴィッド・ベルです。本作では冒頭から華麗な身のこなしで、ビルからビルへ飛び移り、壁を乗り越え、対峙する敵を寄せ付けません。

トレメイン・アレクサンダー(演:RZA)

無法地帯となったブリックマンションを牛耳るマフィアの首領。演じるのはヒップホップ・アーティストのRZA(本名:ロバート・ディグス)です。

当初は完全な悪役かと思われますが、後半では意外な展開をもたらします。

フランス映画『アルティメット』のリメイク版

『フルスロットル 』は2004年に公開されたフランス映画『アルティメット』をハリウッドでリメイクした作品です。ダヴィッド・ベルは両作品でリノ役として出演しています。

リメイク版なので当然ストーリーは似通っていて、『アルティメット』の方が好きだという方も見られました。
人によって好みは分かれますが、ポール・ウォーカー目当てで見るのであれば『フルスロットル 』の方がおすすめですね。

created by Rinker
¥300 (2020/11/21 12:17:28時点 Amazon調べ-詳細)

映画『フルスロットル』の見所

本作の見所はリノの無重力アクションです。驚異的な身体能力を生かし、階段をハードルのように飛び越え、ソファーやテーブルが並ぶスペースをパルクールの動きさながらに疾走していきます。

立ち止まって考えることはなく突っ走り、目の前にあるものをどう活かすか瞬間的に判断し、行動に移します。

後から登場するダミアンもリノに負けじと『ワイルドスピード』シリーズさながらのカーアクションや、戦闘シーンを披露します。アクション好きの方にはたまりませんね。

映画『フルスロットル』の口コミ

ここでは『フルスロットル 』を観た方がどんな感想を抱いたのかレビューを2つご紹介します。

「翔んでポールウォーカー」

ポールウォーカーの遺作。リュックベッソン製作した「アルティメット」っていうアクション映画のリメイク。

マンション内を走って飛んで、銃撃戦、肉弾戦と色々忙しい!!でも好き!!わりと何回か観てる作品だけどやっぱり好き。そして90分だからね。アクションが濃い。

(出典:https://filmarks.com/movies/58807/reviews/97963248)

2013年11月に他界したポール・ウォーカーの遺作だ。

『ワイルド・スピード』を思わせるカーアクションもカッコ良かったし、警官の制服姿も凛々しかった。

結末の、おジイチャンとの遣り取りでの優しい笑顔は、もう二度と見られないと思うと哀しくなってくる。

で、エンディング真近で、『ポール・ウォーカーの思い出に捧ぐ』なんていう追悼メッセージが流れたもんだから、もう堪らないよ……。

(出典:https://movies.yahoo.co.jp/movie/349465/review/332/?c=23&sort=lrf)

「ポールの演技が見られなくて哀しい」「ポールの追悼メッセージに感動した」という声が多数見受けられました。ストーリー云々よりも亡くなったポールの雄姿を見たい人が多いことが伺えますね。

また『アルティメット』の方が優れていると評価する人もいて、『アルティメット』を既に観ている人からの評価は決して高いとは言えませんでした。

映画『フルスロットル』を観た感想

『ワイルドスピード』シリーズのファンである筆者もポール目的で視聴しました。

カーアクションのシーンや戦闘シーンなど『ワイルドスピード』を彷彿とさせるシーンにワクワクしながらも、「これが遺作なのか…」とちょっと切ない気持ちに…。

ストーリーは最後に予想外のどんでん返しが起こり、「冒頭に伏線があったなあ」と思い出し、うまく繋げられている作品だと感じました。

しかし、無理やりこじつけたような展開に違和感を覚えることもありましたね。

映画『フルスロットル』の視聴方法

月額制で『フルスロットル 』が観られるサービスは「Netflix」と「U-NEXT」があります。レンタルでは「Amazon Prime Video」や「ビデオマーケット」、「dTV」などで観られます。

U-NEXTは月額1990円初月無料、Netflixは月額800円からのサービスで同様に30日間無料キャンペーン中です。

また、Netflixは最近話題の韓流ドラマなどのオリジナル作品が観られるのでおすすめです。

created by Rinker
¥440 (2020/11/21 12:23:09時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

フルスロットル 』のあらすじや見所、レビューなどをご紹介しました。フランス映画『アルティメット』のリメイク版ですが、『フルスロットル 』ならではの良さもあります。

『ワイルドスピード』シリーズさながらのポール・ウォーカーのドライブシーンもあり、ポールのファンには見逃せない作品です。ポールの相棒役のダヴィッド・ベルのアクロバティックにも目が離せません。

初月無料で見られる月額制サービスだけでなく、レンタルなどで、ぜひお楽しみください。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>