映画『映像研には手を出すな!』の個性的なキャストや見所、感想を紹介!

2020年9月25日から公開されている映画『映像研には手を出すな!』。乃木坂46の齋藤飛鳥が主演を務めるなど、何かと話題になった作品なので「タイトルだけは知っている」という方も多いのでは?

今回は「『映像研には手を出すな!』って何?面白いの?」と思っているあなたのために、作品の概要から個性的なキャラクター、作品が持つ魅力なんかを紹介していきます!

この記事を読めば『映像研には手を出すな!』への理解・興味が深まります。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

映画『映像研には手を出すな!』の概要

映画の概要
  • 公開日:2020年9月25日
  • 主演:齋藤飛鳥/梅澤美波/山下美月
  • 監督:英勉(はなぶさ つとむ)
  • 脚本:英勉/高野水登(たかの みなと)
  • 製作:「映像研」実写映画化作戦会議
  • 配給:東宝映像事業部
  • 主題歌:『ファンタスティック3食パン』(乃木坂46)
  • 原作:月刊スピリッツ!連載『映像研には手を出すな!』大童澄瞳(おおわら すみと)著

映画『映像研には手を出すな!』は乃木坂46のメンバー、齋藤飛鳥・梅澤美波・山下美月の3名が主役を務めたコメディ作品です。

“映像研究同好会”に所属する3人の女子高生が、様々なぶつかり合いを乗り越えてオリジナルアニメを制作していく様子を描いています。

本作は2020年5月15日に公開予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期し、9月25日に上映されることになりました。

『映像研には手を出すな!』には漫画・アニメ・ドラマも!

『映像研には手を出すな!』の原作は漫画で、月刊!スピリッツにて2016年9月より連載中です。2020年10月現在、5巻のコミックスが発売されています。

また2020年1月〜3月まで、NHK総合にてアニメも放送されていました。全12話で同年6月24日にBlu-ray BOXが発売されています。

そして2020年4月〜5月には、毎日放送にて実写テレビドラマが全6話放送。映画『映像研には手を出すな!』と同じキャストで、映像研結成から正式な同好会として認められるようになるまでを描いています。

実写ドラマは2020年10月7日より、Amazon Prime Videoなどの動画配信サイトで配信が開始されました。配信サイト一覧は、下記の公式ツイッターの投稿をご覧ください!

映画『映像研には手を出すな!』のストーリー

ストーリー

主人公・浅草みどりが通う芝浜高校は、413の部活動と72の研究会が存在する“カオス”な高校。大量の部活動や研究会は大・生徒会によって管理されており、彼らの方針によって廃部や合併が盛んに行われていた。

浅草みどり・金森さやか・水崎ツバメの3名が所属する映像研究同好会、通称“映像研”は大・生徒会からアニメ研究部との合併を命令される。

合併を回避したい映像研は、自分たちにしか作れないアニメを制作して認められようとロボット研究部とタッグを組む。

みどりたちは果たして、大・生徒会が納得するようなロボアニメを作ることが出来るのか!?

映像研がアニ研と合併したくないのは、水崎ツバメが抱える“ある事情”が理由でした。どんな事情なのかは、後述する彼女の紹介で説明しますね。

作品の中心となる映像研メンバー3人を紹介!

この項目では、アニメを作るためにスクリーン狭しと大暴れする、映像研メンバー3人を紹介します。

浅草みどり(演:齋藤飛鳥)

想像力豊かで細かい設定を考えるのが大好きな、映像研の監督担当です。口調がかなり独特で急に広島弁になったり、べらんめぇ調になったりします。

人付き合いが苦手なので、知らない人に声をかけられるとフリーズしてしまいます。ちなみに金森さやかは中学時代の同級生です。

そんな浅草みどりを演じたのは乃木坂46のメンバー、齋藤飛鳥。「日本で一番ブログのタイトルが長いアイドル」を自称しており、その長さは文字数制限の220文字いっぱいになることも!

金森さやか(演:梅澤美波)

映像研のプロデューサー的な立ち位置を担う、長身・長髪が特徴的な少女です。アニメに対する知識も興味もありませんが商才があり、利益を考えるのが大好き。

クリエイティブな才能に溢れるが故に、暴走しがちなみどりとツバメをマネジメントしてアニメ制作の進行を管理します。

そんな金森さやか役を務めたのは、乃木坂46の梅澤美波。スラッとした体型で身長が170cmもあるので、長身のさやか役はまさにハマり役でした。

水崎ツバメ(演:山下美月)

絵を描くのが得意な水崎ツバメは、映像研のアニメーターとして活躍します。恵まれた容姿を活かして読者モデルもしており、その人気は外を歩くとすぐ人だかりができるほど。

売れっ子俳優を両親に持つ超お金持ちです。しかしその両親から役者になる道を勧められており、アニメも禁止されています。なのでアニ研に入れず、映像研で密かにアニメを作ることにしました。

水崎ツバメ役の山下美月も、齋藤飛鳥・梅澤美波と同じく乃木坂46のメンバーです。2020年1月発売のソロ1st写真集『忘れられない人』は、ソロ1st写真集の初週売り上げ歴代1位を記録しています。

created by Rinker
小学館
¥1,980 (2020/10/17 13:59:32時点 Amazon調べ-詳細)

クセ強すぎ!個性的な魅力溢れるキャラクターが勢ぞろい

ここからは、映画『映像研には手を出すな!』の見所や魅力を徹底解説していきます!

まず、この映画の魅力の一つに「クセが強すぎるキャラクター」があります。先ほど紹介した映像研メンバー3人の他にも、たくさんのキャラクターが登場します。

部活動を管理する立場の大・生徒会や、ロボット愛に溢れるロボット研究部員たち。他にも気象研究部、声帯模写部、保存食愛好会など、マニアックすぎる部活動に全力を尽くす生徒たちが続々登場!

自分が愛するモノ・コトには目がない、一癖も二癖もある個性的なキャラクターたちばかりです。ちなみに筆者のお気に入りはたった一人の音響部、百鬼目(どうめき)さんです。

百鬼目さんはとある出来事をきっかけに、映像研と行動を共にするようになります。

アニメと実写が融合した映像が面白い!

アニメ制作をテーマにした作品なので、アニメーションと実写が融合するシーンが度々登場します。

登場人物がイメージしたアニメを掴んで投げ飛ばしたり、浅草みどりが想像した設計をまるで実在するかのように眺めたりする様子は、現実ではありえないと思いつつもやっぱりワクワクさせられます。

下の動画は、アニメーションと実写を融合させたシーンのメイキングです。これだけでも映像の魅力が十分伝わるので、ぜひご覧ください!

映画『映像研には手を出すな!』の評価・口コミ

個性豊かなキャラクターと、夢いっぱいの映像が魅力の『映像研には手を出すな!』。ここでは、映画を鑑賞した人の評価や口コミを紹介しますね。

この作品の魅力を140文字いっぱい使って表現した愛溢れる感想です。良い意味で期待を裏切ってくれる、そんな作品と言えるでしょう。

浅草みどり役を務めた齋藤飛鳥の演技を評価する感想ですね。かなり癖が強い性格のみどりを表情豊かに演じる齋藤飛鳥はとってもキュートでしたよ!

記事の序盤で解説しましたが『映像研には手を出すな!』にはドラマ版やアニメ版もあります。それらを観てなくても楽しめたという好意的な感想ですね。

『映像研には手を出すな!』を映画館で視聴した筆者の感想

ここでは、映画館で実際に『映像研には手を出すな!』を鑑賞した筆者の感想を紹介します。

事前知識がほとんどなかったので、見始めは期待と不安が半々でした。ドラマ版の続きであることも観始めてから知ったくらいです。

しかし、前半でドラマのシーンを振り返りながら話が進んでいったので、人間関係や設定をすぐに理解することができました。

基本的にはギャグだらけのコメディ作品なのですが、アニメ制作に全力で向き合う浅草みどりたちの姿に、思わずホロリと来てしまう場面も。笑いあり、涙ありの秀作でしたね。

映画からでも楽しめる『映像研には手を出すな!』を観に行こう!

乃木坂46の齋藤飛鳥・梅澤美波・山本美月が主演を務めたコメディ映画、『映像研には手を出すな!』の見所や感想を紹介しました。

浅草みどりたち映像研メンバーが頑張る姿に、笑顔と元気と感動を貰える良い作品です。彼女らと同世代の子が観たら、かなり心に響くのではないでしょうか。

関連作品を観ていなくても十分楽しめるので、視聴しようか迷っている方は、ぜひ劇場に足を運んで観賞してください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。