少年が空を飛ぶ!?『ジュピターズムーン』のあらすじや見所を紹介!

今回は映画『ジュピターズムーン』を紹介します。この作品は、難民で空を飛ぶ少年が難民収容所で働いている医師と協力して、国境警備隊から逃げ切ろうとするというお話です。

何故少年は空を飛べるのか、少年は国境警備隊から逃げ切る事ができるのか、気になりますよね。

本記事では、映画『ジュピターズムーン』のあらすじや3つの見所のほか、レビューや無料で観られる方法も紹介します。ぜひ最後までご覧ください!

(出典:https://pixabay.com/photos/good-night-small-child-little-boy-3027664/#content)

『ジュピターズムーン』の作品情報

作品情報
  • 制作年:2018年
  • 上映時間:128分
  • 監督:コルネル・ムンドルッツォ
  • 脚本:カタ・ヴェーベル
  • 出演者:ジョンボル・イェゲル、メラーブ・ニニッゼ、ギェルギ・ツセルハルミ、モーニカ・バルシャイ etc
  • ジャンル:SF

まずは、映画『ジュピターズムーン』の主な作品情報を上記にまとめてご紹介しました。

監督のコルネル・ムンドルッツォさんは、代表作品として『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)』『Janne da Arc on the Night Bus』などがあります。

スポンサーリンク

『ジュピターズムーン』の主な出演者の紹介

主な出演者
  • ジョンボル・イェゲル(役:アリアン・ダシュニ/シリア難民の少年)
  • メラーブ・ニニッゼ(役:シュテルン・ガーボル医師/医療ミスで追い詰められている医師)
  • ギェルギ・ツセルハルミ(役:ラズロ/国境警備隊の隊長)
  • モーニカ・バルシャイ(役:ヴェラ/シュテルンの恋人で医師)

この他にも出演者はいますが、話の中心になる4人を紹介しました。

シリア難民の少年のアリアン・ダシュニ(演:ジョンボル・イェゲル)が主人公になります。

『ジュピターズムーン』のあらすじ

医療ミスをしたせいで病院で働けないシュテルン(演:メラーブ・ニニッゼ)は、難民収容所で働きながら違法に移民を逃す事で、金儲けをしていました。

ある日、国境警備隊の隊長であるラズロ(演:ギェルギ・ツセルハルミ)に、銃で撃たれたシリア難民の少年であるアリアン(演:ジョンボル・イェゲル)が難民収容所に運ばれて来ます。

シュテルンが瀕死状態のアリアンを診ていると、アリアンは急に宙に浮き始めました。それを見たシュテルンは、金儲けができると考え、アリアンを難民収容所から連れ出してしまいます。

ラズロはアリアンを捕まえる為に、シュテルンの恋人で医師であるヴェラ(演:モーニカ・バルシャイ)に協力してもらい、シュテルンとアリアンを追い詰めますが…

スポンサーリンク

見所①:ラズロに居場所がバレたシュテルンとアリアン

出典:https://pixabay.com/photos/hotel-guest-room-new-door-entrance-1330850/#content

シュテルン(演:メラーブ・ニニッゼ)は自分の家でアリアン(演:ジョンボル・イェゲル)と休んでいると、ラズロ(演:ギェルギ・ツセルハルミ)が来てしまいました。

ラズロは、シュテルンに「アリアンはいるだろう?早くアリアンを引き渡してくれ」と玄関の前で言いますが、シュテルンはとぼけたフリをします。

シュテルンが嘘を付いているのが分かったラズロは、強引に家の中に入って来てしまいました。このピンチにアリアンとシュテルンはどういった対応をとるのか、考えながらご覧ください。

見所②:シュテルンとアリアンの関係が変わったある事件とは?

アリアン(演:ジョンボル・イェゲル)は、シュテルン(演:メラーブ・ニニッゼ)が自分の事をお金稼ぎの為に利用している事に気付き始めました。

アリアンはシュテルンと一緒にいても意味がないと考え、シュテルンの元から離れます。

しかし、その直後にある事件が起きた事で、アリアンはひどく落ち込み、シュテルンはアリアンを金儲けの道具にしか考えていなかった事を猛反省します。

ある事件とは一体何なのか、シュテルンとアリアンはどの様な関係になっていくのか、注目してみてください。

スポンサーリンク

見所③:空を飛んでも逃げ切れそうにない状況

出典:https://unsplash.com/photos/5VQrZbBKMXw

アリアン(演:ジョンボル・イェゲル)とシュテルン(演:メラーブ・ニニッゼ)は、あるホテルに隠れていましたが、ラズロ(演:ギェルギ・ツセルハルミ)に見つかってしまいます。

ラズロは1人ではなく大勢の警察を引き連れて来ていた為、アリアンとシュテルンの逃げ場は無いに等しい状況でした。

その様な状況でも、アリアンは何とかラズロから逃げ切れる所まできていました。しかし、アリアンはラズロに見つかってしまい、銃を目の前で向けられてしまいます。

銃を目の前で向けられているので、空を飛んでも撃たれてしまいます。この大ピンチに、アリアンとシュテルンはどういった行動を取ったのか、目を離さずにご覧ください。

『ジュピターズムーン』を視聴した筆者の感想

『ジュピターズムーン』は、難民を取り扱っている映画なので、難しく感じる部分もありました。事前に、難民について調べてから観た方が、話が頭に入ってくると思います。

ただ、難民について詳しく知らなくても充分に楽しめるのでご安心ください。

主な出演者で紹介した4人は、それぞれ問題を抱えていて苦しみながらも毎日を必死に生きています。

空を飛ぶ少年アリアン(演:ジョンボル・イェゲル)が注目されがちですが、他の登場人物の心情にも目を向けてみた結果、より一層この映画を楽しむ事ができました。

『ジュピターズムーン』のレビュー

出典:https://pixabay.com/photos/stars-rating-travel-four-hotel-1128772/#content

続いては、『ジュピターズムーン』のレビューを紹介します。良いレビューと悪いレビューをそれぞれ2つずつご紹介します。

『ジュピターズムーン』の良いレビュー

『ジュピターズムーン』の最大の見所は、アリアン(演:ジョンボル・イェゲル)が空を飛ぶ事です。

確かに、アリアンは自分の気持ちを表現するのが上手くない印象を受けました。ただ、不器用なりに、どうにかしようとする姿勢は見応えがありました。

『ジュピターズムーン』の悪いレビュー

終盤に能力者同士のバトルというのは残念ながらありませんが、ハラハラするシーンがあるので注目してみてください。

日本に住んでいると、難民というのは親近感があまり無い為、話が分かり辛い部分もあると思います。

しかし、難民という事を考えなくても、アリアンとシュテルン(演:メラーブ・ニニッゼ)の関係性など、楽しめる場面はあるのでご安心ください。

『ジュピターズムーン』を無料で観る方法

出典:https://pixabay.com/photos/room-office-modern-lectronic-2559790/#content

動画配信サービス

『ジュピターズムーン』は上記の動画配信サービスに会員登録をすれば、一定期間は無料で観る事ができます。

また、作品の配信期間が終了すると観れなくなってしまうので、気になっている作品は早めに視聴することをオススメします。

もちろん、無料期間だけ契約して解約する事も可能なのでご安心ください。

動画配信サービスによって観れる動画が異なるので、あなたにあった動画配信サービスを選んでくださいね。

『ジュピターズムーン』のまとめ

今回は、『ジュピターズムーン』のあらすじや3つの見所、感想やレビュー、そして無料で観られる方法をご紹介しました。

『ジュピターズムーン』は、アリアン(演:ジョンボル・イェゲル)がシュテルン(演:メラーブ・ニニッゼ)と協力して、ラズロ(演:ギェルギ・ツセルハルミ)から逃げ切ろうとするという映画です。

刺激的な展開が続く作品が好きな方、登場人物の心情を考えながら作品を観るのが好きな方にはオススメです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

映画をたっぷり楽しみたいなら、動画配信サービスを利用すると良いですよ!僕があなたにオススメしたい動画配信サービスは「U-NEXT」と「Amazon Prime」の2つです。

U-NEXTは「膨大なコンテンツ数」が最大の魅力で、その数なんと“18万本”以上!

Amazon Primeは動画配信以外のサービスも充実しており、月額500円(税込)とは思えないコスパの高さが強みですね!

どちらのサービスも「無料お試し期間」が用意されており、その期間中に解約すれば利用料金は発生しません。(※無料期間:U-NEXT…31日間/Amzon Prime…30日間)

配信作品は定期的に更新されていくので「観たい!」と思っていた作品が、いつのまにか観れなくなってしまうということが起こります。

観れなくなって後悔しないように、今すぐ登録して観たかった作品たちを思い切り楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社会で働き始めて分かった人間関係の疲れ→5社経験するも、人間関係の悩みは避けられない事を認識→なるべく1人でもできて楽しめる仕事としてライター始めました。得意ジャンルは、映画、恋愛。好きな事で場所を選ばす生きていくことを目指しています。