海外映画(アクション)

『ブラックレイン』のあらすじやキャスト・口コミなどについて解説!

この記事は、「『ブラックレイン』とはどんな映画?」「『ブラックレイン』のあらすじやキャストについて知りたい」という方向けに書かれています。

『ブラックレイン』がどんな映画なのか、気になる方もいるのではないでしょうか。また、『ブラックレイン』の口コミや視聴方法について知りたい方もいるかもしれません。

そんなあなたのために、今回は『ブラックレイン』のあらすじやキャスト、口コミや視聴方法についてまとめて紹介していきます。

この記事を読めば、『ブラックレイン』がどんな映画なのかを理解でき、よりスムーズに『ブラックレイン』を鑑賞できます。ぜひ参考にしてください。

『ブラックレイン』とは?


『ブラックレイン』とは、1989年9月22日アメリカ公開され、1989年10月7日日本でも公開されたアクション映画です。

監督はリドリー・スコットが務め、主演にはマイケル・ダグラスアンディ・ガルシアなど、大物俳優が出演しています。

大阪の街を舞台に、日米の警察たちが協力しながらヤクザと戦う物語が描かれた作品です。

そんな『ブラックレイン』がどんな内容なのか、気になる方もいるのではないでしょうか。そこで、次の章からは『ブラックレイン』のあらすじについて紹介していきます。

『ブラックレイン』のあらすじ

ニックとチャーリーはニューヨーク市警の刑事であり、あるときヤクザの佐藤を逮捕して日本へ連行していました。

しかし、大阪に到着した直後に佐藤の仲間によって連行を阻止され、そのまま逃亡されてしまいます。

ニックとチャーリーは言葉が通じない日本で困惑しながらも、佐藤の追跡を続けました。

しかし、チャーリーが佐藤に惨殺されてしまいます。復活に燃えるニックは、ベテラン警部補の松本とともに、佐藤を追跡することになりました。

『ブラックレイン』の登場人物

この章では、映画『ブラックレイン』の登場人物を紹介していきます。

まず、『ブラックレイン』の主人公はニックチャーリーです。ヤクザの佐藤を捕まえるために、大阪で捜査を続けます。

そんなニックとチャーリーを監視するのは、ベテラン刑事の松本警部補です。のちにニックとともに佐藤を追跡することになります。

ニックとチャーリーから逃げたヤクザは佐藤です。佐藤は大阪に到着後仲間とともに逃亡し、のちにチャーリーを惨殺します。

『ブラックレイン』のキャスト紹介

出典 https://pixabay.com/ja/illustrations/%E6%98%A0%E7%94%BB%E9%A4%A8-%E6%98%A0%E7%94%BB-%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-4153289/

ここでは、『ブラックレイン』のメインキャストについて紹介していきます。

ニック(演:マイケル・ダグラス)

マイケル・ダグラスは、1944年9月25日にアメリカのニュージャージー州で生まれました。

俳優やプロデューサーとして活躍し、これまでに『アメリカン・プレジデント』『アントマン』シリーズなどに出演しています。

アカデミー賞作品賞・主演男優賞や、エミー賞主演男優賞など、数多くの賞を受賞しています。

主な出演作品
  • 『アメリカン・プレジデント』
  • 『ウォール街』

チャーリー(演:アンディ・ガルシア)

アンディ・ガルシアは、1956年4月12日にキューバ・ハバナで生まれました。

映画俳優として活躍し、これまでに『アンタッチャブル』『オーシャンズ』シリーズなどに出演しています。

1995年には映画産業への貢献などに対して、ハリウッド名声の歩道に名前が刻まれました。

主な出演作品
  • 『アンタッチャブル』
  • 『ゴッドファーザー PART III』

松本(演:高倉健)

高倉健さんは、1931年2月16日に福岡県中間市で生まれました。俳優や歌手として活躍していました。

これまでに、『海峡』『南極物語』『鉄道員(ぽっぽや)』などに出演しています。

日本アカデミー賞最優秀主演男優賞や、ブルーリボン賞主演男優賞など、数多くの賞を受賞してきた日本を代表する俳優です。

主な出演作品
  • 『海峡』
  • 『鉄道員(ぽっぽや)』

佐藤(演:松田優作)

松田優作は、1949年9月21日に山口県下関市で生まれました。俳優や歌手として活躍していました。

これまでに、『太陽にほえろ!』『俺たちの勲章』『探偵物語』などに出演しています。

日本アカデミー賞優秀主演男優賞や、報知映画賞主演男優賞など数多くの賞を受賞してきた日本を代表する俳優です。

主な出演作品
  • 『太陽にほえろ!』
  • 『探偵物語』

松田優作はオーディションで佐藤役を獲得

『ブラックレイン』の佐藤役を決めるオーディションには、松田優作さんのほかに、萩原健一さんや遠藤憲一さんらが参加していました。

松田優作さんは、オーディションで自分で締めていたネクタイを外し、ネクタイを手錠に見立てて手首に結びました。

その状態で本番さながらの迫真の演技を披露し、見事佐藤役を獲得しています。

しかし、当初松田優作さんは一次審査で落とされていたものの、日本側のスタッフがアメリカ側のスタッフに説得し、オーディションに参加できたそうです。

『ブラックレイン』のみどころ

出典:https://pixabay.com/photos/room-office-modern-lectronic-2559790/#content

『ブラックレイン』のみどころといえば、今では見られない超豪華キャスト演技力でしょう。

主演のマイケル・ダグラスやアンディ・ガルシアは超演技派ハリウッド俳優で、日本を代表する俳優の高倉健さんや松田優作さんらも出演しています。

とくに、松田優作さんが醸し出す迫力や眼力には圧倒されます。また、喧嘩っ早いニックと陽気なチャーリーに振り回される日本の堅物刑事である松本のコラボも、面白く見応え抜群です。

『ブラックレイン』を鑑賞した感想

ここでは、『ブラックレイン』を鑑賞した感想を紹介していきます。

『ブラックレイン』では、マイケル・ダグラスや松田優作さんなど、大物俳優の演技が見られるため、それだけでも見る価値がある映画でした。

映画中盤になると、事件が一気に動き出すのですが、この後どんな展開になるのかワクワクしました。最後の結末もニックの生き様が込められていてよかったです。

また、『ブラックレイン』で描かれた日本はどこか異国らしさが立ち込めており、ここでしか見られない世界観を楽しめます。

『ブラックレイン』の口コミ

出典:https://pixabay.com/photos/review-opinion-feedback-stars-5207277/#content

ここでは、『ブラックレイン』の口コミ反応を紹介していきます。

松田優作の名を世界に広めた偉大な遺作!
いや〜ビックリ!
面白い笑!

引用元:https://filmarks.com/movies/8520/reviews/92082809

面白かったです。これが洋画か…ほぼ舞台が日本なのですがなんだか別の国みたいで不思議。

引用元:https://filmarks.com/movies/8520/reviews/92049598

『ブラックレイン』を鑑賞した方からは、「面白かった」「世界観が不思議だった」といった声が見られました。

刑事ものの映画のため見づらいと感じる方もいるかもしれませんが、ニックと松本のちぐはぐなコンビが面白く、ところどころで笑える映画です。

また、『ブラックレイン』は松田優作さんの遺作でもあり、世界に名を轟かせた作品でもあります。

マイケル・ダグラスやアンディ・ガルシアにも引けをとらない、松田優作さんの演技力にも注目です。

『ブラックレイン』の視聴方法

ここでは、『ブラックレイン』の視聴方法を紹介していきます。まず、『ブラックレイン』はAmazonでDVDが販売されていました。

created by Rinker
¥299
(2021/09/24 19:19:45時点 Amazon調べ-詳細)

また、『ブラックレイン』はAmazonプライムでも視聴可能です。Amazonプライム会員でない方は、月額500円で加入できます。

そのほかにも、huluで視聴可能です。まだhulu会員でない方は、2週間無料トライアルで視聴できます。お家でゆっくり鑑賞したい方は、ぜひ参考にしてください。

まとめ

『ブラックレイン』は1989年9月22日にアメリカで公開され、1989年10月7日に日本でも公開されたアクション映画でした。

主演はマイケル・ダグラスやアンディ・ガルシアが務め、日本を代表する高倉健さんや松田優作さんらも出演しています。

刑事ものの映画ですがところどころで面白さもあり、最初から最後まで楽しめる映画です。

Amazonプライムやhuluなどで視聴できるため、ぜひお家でゆっくり『ブラックレイン』を鑑賞してください。

ABOUT ME
しょうご
しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。