『ランボー』シリーズでおなじみのリチャード・クレンナとは?

映画『ランボー』シリーズでサミュエル・トラウトマン大佐を演じた、リチャード・クレンナという俳優をご存知でしょうか?

リチャード・クレンナは、数々のテレビシリーズや映画に出演していた超演技派俳優です。

そんなリチャード・クレンナについて、「どんな俳優なのか詳しく知りたい」「リチャード・クレンナが出演するおすすめ作品を観てみたい!」という方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、リチャード・クレンナの基本情報やおすすめの作品についてまとめて紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

リチャード・クレンナの基本情報

https://pixabay.com/ja/photos/%E7%94%B7-%E9%8A%83-%E8%BB%8D%E4%BA%8B-%E8%BB%8D-%E5%85%B5%E5%A3%AB-4134645/

アメリカの俳優であるリチャード・クレンナとはどんな人物なのでしょうか。まずは、リチャード・クレンナの基本情報を紹介していきます。

  • 名前:リチャード・クレンナ(Richard Crenna)
  • 本名:ricahard Donald Crena
  • 生年月日:1926年11月30日
  • 没年月日:2003年1月17日(76歳)
  • 出生地:ロサンゼルス
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 職業:俳優
  • 学歴:南カリフォルニア大学卒業
  • 代表作:『ランボー』シリーズ

リチャード・クレンナは、1926年11月30日にアメリカのロサンゼルスで生まれました。彼は、2003年1月17日77歳の時に、肝臓癌でなくなっています。

人気映画『ランボー』シリーズでサミュエル・トラウトマン大佐を演じ、世界中から脚光を浴びた超演技派俳優です。

リチャード・クレンナ出演作品

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E-%E9%A2%A8%E6%99%AF-%E6%B0%97%E5%88%86-%E9%9B%B0%E5%9B%B2%E6%B0%97-64154/

ここでは、リチャード・クレンナの出演作品について紹介していきます。ぜひ、知っている作品を探してみてください。

映画の出演作品
  • 1952年『赤い空』
  • 1966年『砲艦サンパブロ』
  • 1967年『暗くなるまで待って』
  • 1969年『宇宙からの脱出』
  • 1971年『マーベリックの黄金』
  • 1972年『リスボン特急』
  • 1975年『軍用列車』
  • 1980年『ゴースト/血のシャワー』
  • 1981年『白いドレスの女』
  • 1982年『ランボー』
  • 1984年『フラミンゴキッド』
  • 1985年『ランボー/怒りの脱出』
  • 1986年『鷲の翼に乗って』
  • 1988年『ランボー3/怒りのアフガン』
  • 1989年『リバイアサン』
  • 1993年『ホット・ショット2』
  • 1995年『サブリナ』
  • 1998年『裸の銃を持つ逃亡者』
  • 2008年『ランボー/最後の戦場』
  • 【テレビシリーズの出演作品】
  • 1994〜2000年『シカゴホープ』
  • 2000年『ジェシカおばさんの事件簿』

リチャード・クレンナは多くの作品に出演していますが、中でもおすすめの作品が以下4つです。

おすすめの作品
  1. 『ランボー』シリーズ
  2. 『砲艦サンパブロ』
  3. 『暗くなるまで待って』
  4. 『ホット・ショット』

どの作品もリチャード・クレンナが映画界脚光を浴びるきっかけとなった作品であり、戦争・サスペンス・コメディと全く違ったジャンルでリチャード・クレンナの演技が見られます。

そこで、次の章からはそれぞれの映画について詳しく解説していきます。

リチャード・クレンナといえば『ランボー』シリーズ

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89-%E5%8B%9D%E5%88%A9%E3%81%AE%E6%97%A5-%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%A9-182507/

おすすめの作品1つ目は、『ランボー』シリーズです。リチャード・クレンナが出演した『ランボー』シリーズは以下4つ。

  1. 『ランボー』
  2. 『ランボー/怒りの脱出』
  3. 『ランボー3/怒りのアフガン』
  4. 『ランボー/最後の戦場』

『ランボー』シリーズでは、ランボーの元上官であり、ランボーと共に3年間戦い抜いた最後の生き残りであるサミュエル・トラウトマン大佐を演じています。

ランボーを息子のように思う良き理解者として戦ったサミュエル・トラウトマン大佐の姿は、最後まで勇ましくカッコよかったですね。

アカデミー賞にノミネートされた『砲艦サンパブロ』

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%88%A6%E8%89%A6-%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%9E%E5%B7%9E-%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB-1110098/

2つ目は、美術賞撮影賞編集賞などさまざまなアカデミー賞ノミネートされた『砲艦サンパブロ』です。

今作品は1920年代の中国を舞台に描かれており、アメリカ海軍の砲艦サンパブロにおける反抗的な水平の姿が描かれています。

リチャード・クレンナは、中国人の支配下で何もできない状況が続いていたものの、名誉挽回のために宣教師たちの救出に向かうコリンズ船長を演じていました。

最後は激しい戦闘の末、戦死してしまうものの、最後まで緊迫感のある演技を披露しています。

映画評論家からの評価が高い『暗くなるまで待って』

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%A3%AE%E6%9E%97-%E9%9C%A7-%E6%9C%A8-%E5%AF%A9%E7%BE%8E%E7%9A%84%E3%81%AA-3394066/

3つ目は、映画評論家の双葉十三郎さんから100点中80点の高評価を得た『暗くなるまで待って』です。

アメリカで製作されたサスペンス映画であり、『暗くなるまで待って』の舞台劇を映画化したものですね。

『暗くなるまで待って』では、3人組犯罪グループの1人であるマイク・トールマンを演じていました。

詐欺師としてある人形を探し出そうとしており、そのときの緊張感や緊迫感が感じられる演技を披露しています。

『ランボー』や様々な映画をパロディした『ホット・ショット2』


4つ目は、『ランボー』『スターウォーズ』『ターミネーター』など、さまざまな映画をパロディした『ホット・ショット2』です。

『ホット・ショット2』は、1993年にアメリカで製作されたコメディ映画ですね。

今作品でリチャード・クレンナは、『ランボー』シリーズとは違い、ギャグを連発しまくるデントン・ウォルターズ大佐を演じています。

『ランボー』を観ていた方からすると、トラウトマン大佐のシリアスな演技とは全く違ったコメディでギャグを連発する姿が、たまらなく面白い作品でしょう。

リチャード・クレンナの生い立ち

ここからは、リチャード・クレンナこ生い立ちについて紹介していきます。リチャード・クレンナはカリフォルニア州ロサンゼルスで生まれました。

俳優を目指すきっかけとなったのは、高校時代に先生の紹介で出演した、NBCラジオでした。

その後、南カリフォルニア大学を卒業し、ラジオ番組で有名になると活躍の場をテレビへ移します。

テレビシリーズの『マッコイじいさん』『スラッタリー物語』に出演すると一気に人気者となり、その勢いのまま映画界進出しました。

リチャード・クレンナが再び脚光を浴びたきっかけ

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9-336695/

映画『砲艦サンパブロ』や『暗くなるまで待って』で活躍すると、一躍注目を集めます。しかし、その後映画では低迷してしまい、再び活躍の場をテレビに戻しました。

そんなリチャード・クレンナが映画で再び脚光を浴びるきっかけとなった作品が、『ランボー』です。

今作品でランボーの元上官であるサミュエル・トラウトマン大佐を演じると、それ以降『ランボー』シリーズの中心人物として出演しています。

また、コメディ映画の『ホット・ショット2』では、『ランボー』で演じたサミュエル・トラウトマン大佐を自らパロディし、注目を集めました。

リチャード・クレンナの結婚について

リチャード・クレンナは1959年ペンニ・スウィーニー結婚すると、3人の子供に恵まれました。

長男のリチャード・アンソニー・クレナは、俳優として活動しているようですね。しかし、出演作品などの情報は見つかりませんでした。

長女のマリア・クレナは、アメリカのテレビ、ラジオ、ネットワークを有する放送局であるCBS放送の副社長を務めているようです。

次女のシーナ・クレアは、ソーシャルワーカーとして福祉関係の仕事に就いているようです。

まとめ

この記事では、『ランボー』シリーズでおなじみのリチャード・クレンナについてまとめました。

リチャード・クレンナはアメリカの俳優であり、『ランボー』シリーズのサミュエル・トラウトマン大佐を演じ、一気に知名度を上げました。

その他にも、『砲艦サンパブロ』や『暗くなるまで待って』など、数々の作品に出演しています。

77歳という年齢で人生に幕を下ろしたリチャード・クレンナの名は、今後も多くの作品を通して語り継がれていくのではないでしょうか。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>