【青春音楽ストーリー】アニメ『四月は君の嘘』の魅力を徹底解説!!

2014年にテレビ放送されたアニメ『四月は君の嘘』。全22話と少ない話数ながらも、ストーリー構成がしっかりしていて面白く感動的なアニメなんですよ。

今回の記事では、そんな『四月は君の嘘』の魅力をとことん解説していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

アニメ『四月は君の嘘』とは?作品情報について

まず、アニメ『四月は君の嘘』の作品情報について紹介していきます。

『四月は君の嘘』の作品情報
  • アニメ放送期間:2014年10月9日~2015年3月19日
  • 監督:イシグロキョウヘイ
  • シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
  • キャラクターデザイン・総作画監督:愛敬由紀子
  • プロップデザイン:髙田晃
  • 音響監督:明田川仁
  • 音楽:横山克
  • アニメーション制作:A-1 Pictures
  • 制作国:日本
  • 話数:全22話

アニメ『四月は君の嘘』は、2014年の10月から半年間テレビ放送されました。

母の死後、自分自身の弾くピアノの音が聞こえなくなってしまった少年、有馬公生が、ヴァイオリニストの宮園かをりとの出会いを通し、成長していく姿を描写した青春ストーリーとなっています。

アニメ『四月は君の嘘』の登場人物・声優

次に、アニメ『四月は君の嘘』の主な登場人物と務めた声優を紹介します。

有馬 公生(ありま こうせい;cv.花江 夏樹)

本作の主人公は14歳の中学生。母の夢だった「世界的なピアニスト」になるために、幼い頃から厳しい指導の下で練習に励み、数々のコンクールで優勝をした実力の持ち主です。

しかし、母の死がきっかけで自分が弾くピアノの音が聞こえなくなってしまいます。

宮園 かをり(みやぞの かおり;cv.種田 梨沙)

本作のヒロインで有馬公生の同級生。演奏家として圧倒的な個性があり、聴いた人の記憶に残る演奏を心がけているヴァイオリニストです。

澤部 椿(さわべ つばき;cv.佐倉 綾音)

有馬公生とは家が隣同士の幼なじみで同級生。運動神経に優れ、ソフトボール部でキャプテンを務めています。

アニメ『四月は君の嘘』のあらすじ

次に、アニメ『四月は君の嘘』のあらすじについて簡単に紹介します。

天才ピアニストの有馬公生は、楽譜通り完璧に演奏することでコンクール優勝を多く重ねていました。

彼は11歳の時に母を亡くしてから演奏中に自分のピアノの音が聞こえなくなり、それがきっかけでピアノから離れてしまいます。

時は14歳の春、ヴァイオリニスト宮園かをりと出会います。彼女は、有馬公生の演奏スタイルとは異なり、楽譜を無視し、自分の弾きたいように音楽を奏でる個性的な演奏者でした。

彼女の振る舞いは明るく無邪気。半ば強引に有馬公生をヴァイオリンの伴奏者に任命し、ピアノから遠ざかっていた公生を再びピアノと向き合わせるところから物語は始まります。

アニメ『四月は君の嘘』の見どころ、主題歌と挿入歌に注目!

アニメ『四月は君の嘘』は、中学生の青春ストーリーであると同時に、音楽がテーマとなったお話なので、随所で挿入歌と主題歌を聴くことができます。

挿入歌には、ベートーヴェンの「ヴァイオリンソナタ第9番」やサン=サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」など有名なクラシック音楽が使われています。

主題歌は、Goose Houseの「光るなら」が採用されており、本編中でも流れています。

Goose Houseは他のアーティストをカバーしてYoutubeで公開することが多いですが、「光るなら」は、Goose Houseメンバーがアニメのために書き下ろした曲となっていますよ。

アニメ『四月は君の嘘』のファン評価は?

アニメ『四月は君の嘘』の評価について、Twiiterから感想を紹介します。

最終回まで見ると、涙が止まらないとの感想が多かったです。アニメタイトルがなぜこの名前なのかは、本編を最後まで見るとわかりますよ。

有馬公生が、宮園かをりと共に演奏をしていく中で、公正は過去のトラウマを乗り越えて人間的に成長していく様子が感動的だとの感想がありました。

また、公生とかをりが慕い合う描写は青春ストーリーらしく、心が洗われる感じを受けますよ。

アニメ『四月は君の嘘』は全22話。視聴方法について。

さて、ここまで読んでみて『四月は君の嘘』に興味が湧いてきた方は、実際にアニメを観てみたいと思っているのではありませんか?

全部で22話ある『四月の君の嘘』ですが、以下の5つの定額見放題の動画配信サービスで視聴することができます。

動画配信サービス月額料金(税抜き)無料お試し
U-NEXT1,990円31日
Amazon Prime Video455円30日
dアニメストア500円31日
FOD888円14日
Netflix800円(ベーシックプラン)なし

Netflixは無料お試し期間が設けられていませんが、その他4社の動画配信サービスでは契約して2週間〜4週間は無料で視聴することできますので、ぜひ登録してみてくださいね。

アニメ『四月は君の嘘』の原作、作者について

ここからは、『四月は君の嘘』のアニメ以外の情報をお届けします。このアニメは、月刊少年マガジンから発刊された漫画である『四月は君の嘘』が原作となっています。

単行本は全11巻で、2011年〜2015年まで連載していました。2012年には漫画大賞を、2013年には、講談社漫画賞を受賞しています。シリーズ累計発行部数500万部を突破するベストセラーです。

作者は漫画家の新川 直司で、『四月は君の嘘』の連載終了後、2016年からは、月刊少年マガジンで『さよなら私のクラマー』というサッカー漫画を連載しています。

アニメ『四月は君の嘘』は映画化もされている

また、『四月は君の嘘』は2016年に、映画化も実現しています。

有馬公生役の山崎賢人と、宮園かをり役の広瀬すずなど、豪華なキャスティングとなっています。

映画.comのレビュー評価は、3.1点とまずますの点数です。

原作と異なる描写が多いよで、違和感を覚える人もいるようですが、深く見てみると伏線があって映画のラストでは感動的なシーンがあってよかったと感想を述べている方がいました。

しかも、地上波で鑑賞。普通以上に多かったCMでの中断。
感情の流れが途中でブツブツ切れる、決して良くない条件でも泣けました。

原作とは違う、がっかりした。そんな方々の存在も理解しています。
自分も原作を読んでいたら、同じことを感じたでしょう。
でも幸い、この作品については、全く知りませんでした。
作品のタイトルも意味不明。
ただなんとなく観た、「君の膵臓を食べたい」みたいにすばらしい作品である可能性を期待して観てみた。
半分ぐらいストーリーが進んだところで、かをりと公生の音楽界での頭角が上がっていく展開を予想していました。ところが、予想とは後半の展開が異なったので、少しモヤモヤ感が残りました。

細かな伏線もあって2度見必至、とのレビューを参考に、もう一度観ました。
1度目で作品のテーマが分かったので、それを意識して観ると、この作品はこれはこれで、それなりにきちんと描かれている、と納得出来ました。
2度目の方が泣けました。感動しました。

幼馴染の椿ちゃんの存在は、ホントよかった。
もちろん、かをり役の広瀬すずちゃんはかわいくて、演技にも不満はないけど、あまり名前が知られていない女優さんが演じた方が、もっと感動出来たかも。

主題歌、「ラストシーン」の歌詞が心に沁みます。

引用:https://eiga.com/movie/82931/review/

アニメ『四月は君の嘘』はミュージカル化もされた

なんと、2017年に『四月は君の嘘』はミュージカル化もされたんですよ。Youtubeの公式アカウントavex picturesからPVが公開されています。

ストーリーとプロの演奏の両方を鑑賞することができるミュージカルは、漫画やアニメなどで『四月は君の嘘』を見た方であれば感動するに違いありません。

注意

2020年5月時点では、新型コロナウイルス感染症拡大をうけた緊急事態宣言の延長に伴う政府及び各地方自治体の方針等を踏まえ、『四月は君の嘘』のミュージカル公演は中止されています。

チケットの払い戻しや公演再開時期などの詳細に関しては、公式HPよりご確認下さい。

まとめ

今回の記事では、アニメ『四月は君の嘘』の作品情報や登場人物、あらすじについて紹介しました。

中学生の青春音楽ストーリーでは、クラシック音楽が随所に挿入されていて、音楽をやってきた人なら楽しめるに違いありません。

『四月は君の嘘』は、漫画、映画、ミュージカルと多くの舞台で、その素晴らしさが表現された作品と言えます。

この記事を通して、少しでも『四月は君の嘘』に興味を持ってもらえたら幸いです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ひろき

作業療法士として、発達障がい児に対する療育を仕事にしています。調査データや研究結果を引用して、できるだけ根拠に基づく記事執筆をモットーにしています。客観性を大切にしつつ、読者に寄り添った記事を書くように心がけています。