最近注目を集めているハリス・ディキンソンって?出演作や恋人まとめ

最近世間の注目度が高まっている、ハリス・ディキンソンという青年をご存知ですか?

彼は『ブルックリンの片隅で』『ダーケスト・マインド』といった話題作に続々出演した、今後が楽しみな若手俳優です。

今回は今後飛躍しそうなハリスについて今のうちに知って貰おうと、出演作品やインスタグラム、恋人の情報をまとめてみました。

この記事を読めば、ハリス・ディキンソンの経歴について詳しくなれるので、ぜひ最後までお楽しみください!

ハリス・ディキンソンの基本情報

  • 本名:Harris Dickinson
  • 生年月日:1996年6月24日(201911月現在23歳)
  • 出身地:イギリスのイースト・ロンドン、レイトンストーン
  • 職業:俳優・脚本家・監督
  • 活動期間:2013年〜
  • デビュー作:短編映画『Who Cares(2013)

ハリス・ディキンソンはイングランドにあるレイトンストーンという町出身の俳優で、監督や脚本の経験もあります。4人兄弟の末っ子として誕生しました。

ハリス・ディキンソンが役者を目指すようになったわけ

ハリス・ディキンソンは幼い頃から演じることが好きで、12歳の時にロンドンの芸術学校『RAWアカデミー』に入り、演技の練習を始めました。

当時は役者を仕事にしようとは思っておらず、あくまでも“好きなことの一つ”として演技の練習をしていたそうです。

時が経ち、将来について考えなくてはならない時期に差し掛かった時、ハリスは最初海兵隊になることを選びました。しかし、RAWで長いこと彼の演技を見ていたコーチが「君は俳優の才能がある」と道を示します。

この説得を受けて、ハリス・ディキンソンは海兵隊としての進路を断ち、プロの俳優を目指して真剣に演技に取り組むようになりました。

(参考:https://www.dazeddigital.com/projects/article/35412/1/harris-dickinson-actors-biography-dazed-100-profile)

17歳から短編映画の監督や脚本を手がける

役者を目指すきっかけを語ったインタビュー中に、ハリス・ディキンソンは「多くの人は自分の情熱を無視している。行動することが怖いのか、環境が整っていないからなのか?」と語りました。

(参考:https://www.dazeddigital.com/projects/article/35412/1/harris-dickinson-actors-biography-dazed-100-profile)

この言葉を体現するように、ハリスは自分の情熱に正直に従い、やりたいことに全力で取り組みます。

俳優デビュー作の短編映画『Who Cares』で、ハリスは17歳にして脚本・監督・編集を兼務するという働きぶりをみせました。

その後も出演した『Surface』『Drop』といった短編映画で監督や脚本を担当しています。

『ブルックリンの片隅で』で長編映画初出演&初主演!

いくつかの短編映画に出演して役者経験を積んだハリス・ディキンソンは、2017年公開の映画『ブルックリンの片隅で』に出演し、長編映画進出を果たします。しかもいきなり主演を務めました

『ブルックリンの片隅で』は、自分の心に素直になれない少年フランキーが、誰にも打ち明けられない悩みを解放するために、危険な仕事やドラッグに手を出してしまうという切ないストーリーです。

ハリス・ディキンソンは主人公のフランキーを演じ、言葉以上に表情で魅せる秀逸な演技で、ロンドン映画批評家協会賞ヤング英国/アイルランド・パフォーマー賞を受賞しました。

テレビドラマ『TRUST』では誘拐された富豪の孫役に

ハリス・ディキソンは映画出演と並行してテレビドラマのゲストキャラクターも経験しました。

『Some Girls』『Clique』といったドラマに出演した後、2018年放送の『TRUST/トラスト ゲティ家のスキャンダル』でメインキャストに抜擢されます。

『TRUST/トラスト ゲティ家のスキャンダル』は、実話を基にしており、石油を掘り当てたことで一躍大富豪となったアメリカ人、ジョン・ポール・ゲティとその家族を中心とした物語です。

ゲティ家がイタリア旅行に行った時に、ジョン・ポールの孫にあたるジョン・ポール・ゲティ3世がマフィアによって誘拐されました。

身代金としてゲティ家に1700万ドルを要求するマフィア。しかしジョン・ポールはお金を1セントだろうと払おうとしません。彼は一体何を考えているのか…ということに注目が集まる作品。

ハリス・ディキンソンは誘拐されたジョン・ポール・ゲティ3世としてレギュラー出演します。

ハリス・ディキンソンの最新出演映画2本を紹介

 ハリス・ディキンソンは近年話題作に続々出演しています。今回はその中でも注目の最新出演映画を2本紹介します!

2019年 マレフィセント2

2019年10月18日に公開されたディズニー映画『マレフィセント2』で、ハリス・ディキンソンは主役のオーロラ姫を心底愛している結婚相手のフィリップ王子を演じてます。

2020年 キングスマン: ファースト・エージェント

2020年2月公開予定のスパイアクション映画『キングスマン: ファースト・エージェント』では、上流階級育ちの青年コンラッドを演じているハリス・ディキンソン。

闘いとは無縁の生活を送っていたコンラッドが厳しい訓練を通して、スパイ組織『キングスマン』のファースト・エージェントとして成長するまでを描いています。

ハリス・ディキンソンの出演作品一覧

ハリス・ディキンソンが出演している作品を一覧で紹介します。映画を探す時の参考にしてください。

映画
  • 2013年 Who Cares 短編映画 監督・脚本・編集兼務
  • 2014年 Surface 短編映画 監督・脚本兼務
  • 2014年 Battle Lines 短編映画
  • 2015年 Drop 短編映画 監督・脚本兼務
  • 2017年 ブルックリンの片隅で 主演
  • 2017年 Morning Blues 短編映画
  • 2018年 Postcards from London 主演
  • 2018年 ダーケスト・マインド メインキャスト
  • 2019年 The Medium
  • 2019年 County Lines
  • 2019年 マレフィセント2
  • 2020年 キングスマン: ファースト・エージェント メインキャスト
  • 公開時期未定 The Souvenir Part II メインキャスト

テレビ
  • 2014年 Some Girls
  • 2016年 Home テレビ映画
  • 2017年 法医学捜査班 silent witness
  • 2017年 Clique
  • 2018年 TRUST/トラスト ゲティ家のスキャンダル メインキャスト
  • 2019年 The Dark Crystal: Age of Resistance 声の出演 メインキャスト

セクシーな肉体美がたくさん!ハリス・ディキンソンのインスタ

ハリス・ディキンソンはインスタグラムのアカウントを所有しており、2019年11月現在のフォロワー数は20万人以上となっています。

彼のインスタで注目すべきは、程よく鍛え上げられたセクシーな肉体美ですね。女性がメロメロになりそうなかっこいい写真を何枚か紹介します!

この他にもハリス・ディキンソンの日常を切り取った画像が480件以上投稿されています。彼のプライベートが気になる人はぜひチェックしてみてください。

ハリス・ディキンソンの交際関係を紹介

2019年11月現在、ハリス・ディキンソンはシンガーソングライターの女性ローズ・グレイと交際しています。

2人の関係がいつから始まったのかまでは情報が出てきませんでしたが、かなりの熱愛ぶりでハリスのインスタグラムでは彼女との2ショット写真も何枚か確認できます。

お互いまだ若いので先の展開までは考えていなさそうですが、このままいい感じに関係が続けば、将来的には結婚もありえますね!

ハリス・ディキンソンの紹介まとめ

俳優、監督、脚本とマルチな才能を発揮した短編映画から始まった、ハリス・ディキンソンの経歴を紹介しました。

現在製作中のアメリカ・イギリスのドラマ映画『The Souvenir Part II』ではメインキャストで登場します。公開時期など、詳細はまだ未定なので今後の情報解禁に注目しましょう!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでハリス・ディキンソンの経歴を知っていただけたら、実際に出演作品も観て貰えると嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。