コミカルな演技が面白い、ジャック・ブラックの活動経歴や家族を紹介

ジャック・ブラックといえば映画『スクール・オブ・ロック』で売れないギタリスト、デューイを演じたことで知られる俳優ですね。

濃いヒゲと大きな体が印象的なジャック。そんな彼のこと、あなたはどこまで知っていますか?

今回はジャック・ブラックの出演作品や俳優以外の活動、家族について紹介していきます!この記事を読めば、ジャックがどんな人物なのか詳しく知ることが出来るので、ぜひ最後までお楽しみください!

ジャック・ブラックの基本情報

  • 本名:Thomas Jack Black
  • 生年月日:1969年8月28日(201911月現在50歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ
  • 職業:俳優・歌手
  • 活動期間:1992年〜
  • デビュー作:『ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄(1992)

ジャック・ブラックはカリフォルニア州サンタモニカ出身の俳優、歌手です。

彼は俳優ティム・ロビンスがまとめている劇団『アクターズ・ギャング』のメンバーで、10代の頃から多数の舞台に出演していました。

ジャック・ブラックのブレイク作品『ハイ・フィデリティ』

ジャック・ブラックは1992年に、俳優ティム・ロビンスが監督に挑戦した映画『ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄』に出演して俳優デビューします。

その後テレビドラマのゲスト出演や映画の端役を経験し、デビューから8年が経過した2000年に公開された映画『ハイ・フィデリティ』でようやくブレイクしました。

『ハイ・フィデリティ』はイギリスの小説家ニック・ホーンビーが執筆した同名小説を原作とした映画です。シカゴにあるレコードショップを舞台に、懐かしの音楽と共に主人公ロブの恋愛歴が語られます。

ジャック・ブラックはレコードショップの客で音楽オタクのバリーを演じました。映画の終盤にバリーが歌を披露するシーンがあり、素晴らしい歌声を響かせています。映像を見つけたのでぜひご覧ください!

代表作は初登場1位を記録した『スクール・オブ・ロック』

ジャック・ブラックの代表作は『ハイ・フィデリティ』と同じく音楽関連の映画『スクール・オブ・ロック』です。

『スクール・オブ・ロック』はバンドをクビになったギタリスト、デューイが学校の先生になり、音楽を通じて生徒たちと絆を深めていくという物語です。

ジャック・ブラックは主人公のデューイ役として出演します。劇中ではAC/DCやレッド・ツェッペリンといったロックバンドの名曲が使用されており、ロック好きにはたまらない作品です。

同映画は公開当時アメリカの映画ランキングで初登場1位になり、興行収入も世界累計で1億3000万ドルを突破するほどのメガヒットを記録しました。

CGアニメ『カンフー・パンダ』の主人公としても有名

ジャック・ブラックはCGアニメ映画『カンフー・パンダ』シリーズの主人公であるジャイアントパンダ、ポーの声優としても有名です。

『カンフー・パンダ』 は、カンフーの知識は豊富だけど実戦経験は皆無なジャイアントパンダのポーが、厳しい修行を積んでカンフーマスターを目指す物語です。

2008年公開の一作目は世界累計興行収入が6億ドルを突破する爆発的ヒットとなり、2011年と2016年に続編が公開されました。

最新作は2019年12月公開予定の『ジュマンジ/ネクスト・レベル』

ジャック・ブラック出演の最新映画は、2019年12月13日に日本とアメリカで同時公開予定の映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』です。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』は、4人の高校生がゲームの世界に入り込み、大冒険を繰り広げる人気映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の続編となっております。

ジャック・ブラックはゲームのキャラクター、シェリー・オベロン教授として登場。オベロン教授は考古学や古生物学の知識に長ける反面、スタミナがないという特徴があります。

前作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』ではタイトル通りジャングルが舞台の中心でした。しかし今回はそれに加え、灼熱砂漠や極寒の雪山なども登場し、大幅にスケールアップしています。

ジャック・ブラックの出演作品一覧

ジャック・ブラックが出演している作品を一覧で紹介します。数が多いのでメイン級の活躍をしている作品のみを抜粋しました。

映画
  • 1992年 ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄 デビュー作品
  • 1994年 ネバーエンディング・ストーリー3
  • 1997年 ジャッカル
  • 2000年 ハイ・フィデリティ
  • 2001年 愛しのローズマリー 主演
  • 2003年 スクール・オブ・ロック 主演
  • 2004年 隣のリッチマン
  • 2004年 シャーク・テイル CGアニメ
  • 2005年 キング・コング
  • 2006年 ナチョ・リブレ 覆面の神様 主演 製作兼務
  • 2006年 テネイシャス D 運命のピックをさがせ! 主演
  • 2006年 ホリデイ
  • 2008年 僕らのミライへ逆回転 主演
  • 2008年 カンフー・パンダ CGアニメ 主演
  • 2008年 トロピック・サンダー/史上最低の作戦
  • 2009年 紀元1年が、こんなんだったら!? 主演
  • 2010年 ガリバー旅行記 主演 製作総指揮兼務
  • 2011年 カンフー・パンダ2 CGアニメ 主演
  • 2011年 ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して 主演
  • 2011年 バーニー/みんなが愛した殺人者 主演
  • 2015年 バッド・ブロマンス 主演
  • 2015年 グースバンプス モンスターと秘密の書 主演
  • 2016年 カンフー・パンダ3 CGアニメ 主演
  • 2017年 ポルカ・キング 主演 製作兼務
  • 2017年 ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
  • 2018年 ドント・ウォーリー
  • 2018年 ルイスと不思議の時計 主演
  • 2019年 ジュマンジ/ネクスト・レベル

テレビ
  • 1997年〜2000年 Tenacious D 主演 脚本・製作兼務
  • 2003年〜2004年 Computerman 製作総指揮兼務
  • 2015年 THE BRINK/史上最低の作戦 製作兼務
  • 2018年 Tenacious D in Post-Apocalypto 声の出演 脚本・監督・製作兼務

コミックバンド『テネイシャス D』のメンバーとしての顔ももつ

ジャック・ブラックは、1994年に俳優のカイル・ガスとコミックバンド『テネイシャス D』を結成しました。

ライブでの趣向を凝らした演出と、過激なジョークが大ウケしている『テネイシャス D』は、2018年までに4枚のアルバムと1枚のライブビデオがリリースされています。

ライブチケットは毎回完売するほどの人気を誇っています。下の動画は『テネイシャス D』が2001年にリリースしたアルバム『TENACIOUS D』の収録曲“Tribute”のミュージックビデオです。

ジャック・ブラックはYouTubeチャンネルを開設している

ジャック・ブラックは2018年12月からYouTubeチャンネル『JablinskiGames』を開設し、7日〜10日間に1本のペースで動画投稿しています。


動画のジャンルはコントやゲーム実況の他、所属バンド『テネイシャス D』の活動記録に出演作品のPRとかなり幅広いです。

2019年11月現在、チャンネル登録者数は420万人を超えています。最後に筆者が面白いと思った動画を1つ紹介します!

ジャック・ブラックは2人の子供を持つパパ!家族を紹介!

ジャック・ブラックと一緒にいると楽しそうですよね。そんな彼と時間を共にする相手とは一体どんな人なのでしょうか?

ジャックは2019年現在ターニャ・ヘイデンという女性と夫婦関係にあります。彼女はチェロ奏者として活動中です。

2人は学生時代の同級生で、友人の誕生パーティで15年ぶりの再会を果たし意気投合。あっという間に距離が縮まり2006年3月に結婚しました。結婚から3ヶ月後には長男が、その2年後には次男が誕生しています。

ジャック・ブラックは息子たちを溺愛しており、子育てにとても積極的です。このまま幸せな日々を過ごして欲しいですね!

ジャック・ブラックの紹介まとめ

コミカルな演技で出演するたびに強烈なインパクトを与えるジャック・ブラック。

音楽やYouTubeといった自分がやりたい活動にとても積極的な他、家族を大切にする優しいパパとしての一面も持っていることがわかりましたね。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』は2019年12月13日から公開予定です。公開されたらぜひ映画館へ足を運んで、ジャック演じるオベロン教授の活躍を応援してください!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでジャック・ブラックについて関心が深まったら、関連作品に手を伸ばしてもらえると嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。