【テロの脅威】「ローン・サバイバー」を実話をもとに徹底解説!

あなたもニュースで耳にしたことがあると思いますが、悲しいことに、現代でもなおテロによる被害は後を絶ちません。

今回紹介する映画「ローン・サバイバー」は、テロに立ち向かうアメリカ兵が実際に行ったある作戦を描いたノンフィクション作品です。

その作戦は、テロ組織の幹部を暗殺するために実行されました。しかし、あるトラブルから作戦は失敗し、1人の兵士を残して部隊は全滅してしまいました。

「ローン・サバイバー」はそんな悲惨な現実を、ニュースでは知ることのできない、唯一生還した兵士の声をもとに製作した映画です。今回は3つの実話をもとに、この作品を徹底的に解説してみました。

(トップ画像出典:https://images.app.goo.gl/zYTEP8yRTUpWcsuu7)

「ローン・サバイバー」とは?

作品情報
  • 公開日:2014年3月21日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • 上映時間:121分
  • 主演・マーク・ウォールバーグ
  • 監督:ピーター・バーグ

「ローン・サバイバー」は、アメリカ軍の特殊部隊とアフガニスタンのテロ組織との抗争を描いたノンフィクション映画です。

2005年に行われたレッド・ウィング作戦唯一の生還者、マーカス・ラトレルを「TED」シリーズで知られるマーク・ウォールバーグが熱演しています。

ローン・サバイバー』(原題: Lone Survivor)は、2013年制作のアメリカ合衆国の映画。ピーター・バーグ監督。

アメリカが誇る精鋭特殊部隊ネイビー・シールズによるアフガニスタンにおけるターリバーン指導者暗殺作戦中に起きた、ネイビー・シールズ史上最大の悲劇といわれるレッド・ウィング作戦を、実際に作戦に参加し、ただ一人奇跡の生還を果たした元隊員マーカス・ラトレルの手記『アフガン、たった一人の生還』を原作に映画化。

(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC

「ローン・サバイバー」の実話①レッド・ウィング作戦とは?

https://pixabay.com/images/id-1447021/

「ローン・サバイバー」で描かれているのは、アメリカ海軍の特殊部隊、ネイビー・シールズの行ったレッド・ウィング作戦という実際に行われた戦闘です。

作戦内容は、アメリカと敵対するテロ組織・タリバンの幹部を暗殺するため、アフガニスタンへ潜入工作を行うというもの。

しかし、無線のトラブル、現場の判断ミスによりシールズ史上最大の悲劇と言われるほどの被害を出してしまいました。この作戦から生還できたのは、原作者のマーカス・ラトレルただ1人です。

「ローン・サバイバー」の実話②ネイビー・シールズとは?

https://pixabay.com/images/id-2507600/

ネイビー・シールズとは、アメリカ海軍の特殊作戦部隊のうち一部隊を指します。

特殊作戦とは?

特殊作戦とは、通常の軍事力では達成できない任務のことを言います。選抜されて特殊な訓練を受けた者だけが就くことのできる任務です。

一言で定義することはできませんが、例えば映画では潜入工作スパイ任務情報操作などがよく題材にされますね。

ネイビー・シールズは、偵察監視ゲリラ戦などの特殊作戦を担当しています。

「ローン・サバイバー」の実話③タリバンとは?

https://pixabay.com/images/id-304048/

いわゆるイスラム過激派と呼ばれるテロ組織のことです。9.11を引き起こした組織と言われています。

ターリバーン(パシュトー語: طالبان‎、Tālibān、英語: Taliban)は、パキスタンとアフガニスタンで活動するイスラム主義組織。ムハンマド・オマルが創設し、1996年から2001年11月頃までアフガニスタンの大部分を実効支配し、アフガニスタン・イスラーム首長国(ターリバーン政権)を樹立した(国際的には一部国家を除いて承認されず)。日本語メディアでは通常タリバン(またはタリバーン)と表記される。
(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3#2007%E5%B9%B4%E4%BB%A5%E5%89%8D

タリバンの誕生は冷戦の時期にまでさかのぼります。当時のソ連がアフガニスタンに侵攻したのをきっかけに、アメリカはアフガニスタンの反乱軍に対し軍事力の援助を行いました。

冷戦とは?
冷戦(れいせん、英: Cold War、露: Холодная война)もしくは冷たい戦争(つめたいせんそう)は、第二次世界大戦後の世界を二分した西側諸国のアメリカを盟主とする資本主義・自由主義陣営と、東側諸国のソ連を盟主とする共産主義・社会主義陣営との対立構造。米ソ冷戦東西冷戦とも呼ばれる。
(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B7%E6%88%A6

アフガニスタンの反乱軍は、アメリカの支援によりソ連軍を撤退させることに成功します。しかし、大量の武器や弾薬はその後も残り続けました。

彼らは長年の戦争や内戦で無法地帯となったアフガニスタンを再起させようと、軍事力による統治を始めました。これがタリバン誕生のきっかけです。

彼らがイスラム過激派とも呼ばれる理由は、自らの軍事行動をイスラム教に基づいたものだと主張しているためです。決してイスラム教信者が皆暴力的なわけではありません。

タリバンの軍事力はやがてアメリカを脅かすほどになり、2001年にあの9.11テロを引き起こしたと言われています。

そして、アメリカとタリバンとの対立は今もなお続いています。「ローン・サバイバー」はその一部であるレッド・ウィング作戦を描いた作品です。

原作者、そして作戦唯一の生還者、マーカス・ラトレル

「ローン・サバイバー」はレッド・ウィング作戦の唯一の生還者マーカス・ラトレルの手記「アフガン、たった一人の生還者」を原作としています。

マーカス・ラトレルは「ローン・サバイバー」の監修にも関わり、この映画がしっかり事実を伝えている作品であると力説しています。

ちなみに、本人もネイビー・シールズの隊員役として登場します。
マーカス・ラトレルのコメント
映画としてハリウッド的に演出された面もあるが、私たちが実際に体験した事実をしっかり描いている
(出典:https://eiga.com/news/20140228/7/

マーカス・ラトレルは作戦で重傷を負いながらも、現地のアフガニスタン人に匿われ、一命をとりとめました。そのことに関して彼は感謝の意を表明しています。

村人たちとはまだ交流をしていて、中でも特に2人と親交があって、その1人はムハンマド・グーラーブさんという人です。彼の子供たちとも連絡を取っています。電気がない村なので、電話をする時は携帯電話やどこかに移動してメールをしています。アメリカで本作戦が公開された時、グーラーブさんを招いて数ヶ月間一緒に過ごしました。彼はアフガニスタンに帰りたいと言いましたが、実は、彼が僕を助けたことによって自身の命をずっと狙われ続けているんです。だから僕は危険なアフガニスタンに戻ってほしくないし、『(アメリカに)残ってほしい』と嘆願したんですが、彼は誇りあるアフガニスタン人として自分の国に戻っていきました。彼は死さえも恐れない人で、それは生きているからなんです。
(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%BD%9C%E6%88%A6_(%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3)

ぼくは、アメリカとタリバンが対立していることはニュースで何となく知っていました。

しかし、レッド・ウィング作戦マーカス・ラトレルの存在は「ローン・サバイバー」を見て初めて知りました。

テロの脅威は現在もなお続いていて、その恐ろしさを伝えようとするマーカス・ラトレルのような方がいらっしゃるということを学ばせてくれる、素晴らしい映画だと思います。

「ローン・サバイバー」の出演キャスト

以上述べてきたように、「ローン・サバイバー」はテロの脅威実話をもとに描いた作品です。ここからは実際にレッド・ウィング作戦に参加した4名を演じたキャスト陣を紹介していきます。

マーク・ウォールバーグ/マーカス・ラトレル一等兵曹

最近では「TED」で有名なマーク・ウォールバーグですが、「ローン・サバイバー」のようなノンフィクションにも出演しています。

コメディも似合いますが、アクション映画で見せる鍛え上げられた肉体が魅力的ですね。

テイラー・キッチュ/マイケル・マーフィ大尉

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」「野蛮なやつら/SAVAGES」などで知られる俳優です。

「ローン・サバイバー」ではレッド・ウィング作戦参加者で最も官位の高い人物、マイケル・マーフィ大尉を演じています。外の3人を生き残らせるために取った命がけの行動が印象的でした。

エミール・ハーシュ/ダニー・ディーツ二等兵曹

ショーン・ペン監督の「イントゥ・ザ・ワイルド」「スピード・レーサー」などが代表作。

テイラー・キッチュとは「野蛮なやつら/SAVAGES」で共演しています。

ベン・フォスター/マシュー・アクセルソン二等兵曹

「パニッシャー」「X-MEN:ファイナルデシジョン」で知られる俳優です。

撮影秘話がわかる「ローン・サバイバー」特別映像

「ローン・サバイバー」には予告編とは別に特別映像が存在します。この映像では、監督のピーター・バーグ、原作者のマーカス・ラトレルのコメントを見ることができます。

マーカス・ラトレルはタリバンの追手から逃れるため、崖を転がり落ちたそうです。そのシーンは特別映像でも登場します。

崖から転がり落ち、地面にたたきつけられるところまで見事に再現していますが、どうやって撮影したんでしょうか・・・

特別映像では予告編の役割も果たしながら、監督、原作者がこの映画にどんな思いを抱いているかがわかるものになっています。

「ローン・サバイバー」への感想

「ローン・サバイバー」にはどのような感想が述べられているのでしょうか?各映画レビューサイトを覗いてみました。

各映画レビューサイトからの評価
  • Yahoo!映画―3.91
  • Filmarks―3.8
  • 映画.com―3.8

2018.11.17
確かに想像以上の出来事だった。彼らが英雄並みのことをしたとも思う。でも、そもそもこれは起きなくていい出来事だと思うんです。そもそもの話ね。
(出典:https://filmarks.com/movies/56377

 

これは映画館で観たかった
迫力が凄い。壮絶。
運悪くどんどん悪い方向に行ってしまって何もかも想定外で現地の様子がすごくリアルだった
沢山銃弾あびたり崖から飛び降りるしかなくて体がボロボロになって、普通の人ならもうその時点で死んだ方がマシだと思える状況でも、この人たちの精神面の強さが凄かった。
最後の最後は本当に奇跡
助けてくれた親子2人だけでもアメリカが保護して欲しかった…
あんな国でそこの方針を破って命懸けで全く他人のアメリカ人を助けるのは凄い勇気だし、偶然その村の人に出会えたことが何よりすごい…
(出典:https://filmarks.com/movies/56377

 

あの時の判断が正しかったのか悪かったのかわからない。その結果が1人になるとは誰も思っていなかったはず。
自分たちは宗教の悪い部分を聞かされていたのだなって思いました。
イスラムの最後の行動にはびっくりしました。

体験談なのでリアルなのは間違いありません。
(出典:https://filmarks.com/movies/56377

映画の演出は非常にリアルなものでしたが、それが実話であることに驚いている方が多い印象でした。

また、自分の抱いていたイメージと現実とのずれを自覚した方も多いようです。

今もなお続くテロの脅威ということに関して深い学びを得られる映画だと思います。

「ローン・サバイバー」を観るなら字幕版がおすすめ!

「ローン・サバイバー」は字幕版、吹き替え版の両方が製作されていますが、個人的には字幕版をおすすめします。

なぜなら、「ローン・サバイバー」で描いているものは人種間の争いだからです。

アメリカ人とアフガニスタン人という異なる人種同士の争いが強調されているのに、両者が同じ言葉を話していたら少し不自然に感じてしまうと思います。

またアメリカ人は、タリバンの脅威を特に強く受けている人種です。登場人物がアメリカ人であることに深い意味があるので、母国語である英語を話している方が自然でしょう。

「ローン・サバイバー」を今から観るなら

ぼくが確認したところ、NETFLIXでは字幕版、吹き替え版の両方を視聴することができました。

NETFLIX以外にも「ローン・サバイバー」を視聴できるVOD(ビデオオンデマンドサービス)をまとめておきましたので、ご自身の好みに合わせてご視聴ください。

「ローン・サバイバー」を視聴できるVOD
  • Amazon prime video
  • U-NEXT
  • ビデオパス
VOD料金(税別)取り扱いのある媒体・ジャンル特徴無料体験期間
U-NEXT月額¥1,990映画、ドラマ、アニメ、雑誌、マンガ、書籍、R-18etc...・最新作の配信がダントツで速い
・1契約で4アカウント作成可能
・映画チケットの割引サービス
31日間
Amazon Prime ビデオ月額¥500
年額¥4,900
映画、アニメ、ドラマ、バラエティetc...・Prime会員になれば、買い物やその他のサービスもお得に利用できる
・月額料金がダントツに安い
30日間
ビデオマーケット月額¥500
月額¥980
映画、アニメ、ドラマ、韓流ドラマetc...・民放各局の人気ドラマが見られる
・韓流ドラマの取り扱い数が豊富
・取り扱い作品本数が圧倒的に多い
初月
Hulu月額¥933映画、アニメ、ドラマ、バラエティ、ニュースetc...・フジテレビと日テレ系列のアニメ作品が多い
・リアルタイムのコンテンツが豊富
2週間
FOD月額¥888映画、アニメ、ドラマ、バラエティ、雑誌、マンガetc...・フジテレビ系列の映画やドラマが豊富
・見逃し配信の期間が限定されない
31日間
dTV月額¥500映画、アニメ、ドラマ、カラオケ音源、ニュース、バラエティetc...・カラオケ音源がある
・過去に放映された海外映画が多い
・キャッシュバックキャンペーンがあり
31日間
WOWOW月額¥2,300映画、ドラマ、アニメ、スポーツ、音楽番組etc...・アーティストのライブ映像やスポーツが観られる
・人気作品のリピート放送がある
・アカデミー賞、グラミー賞の中継もある
初月
TSUTAYA TV月額¥933映画、ドラマ、アニメ、R-18etc...・ダウンロード機能付き
・TSUTAYAの宅配レンタルがセットになったプランがある
30日間
Netflix月額¥800映画、ドラマ、アニメ、ドキュメインタリーetc…定額、低価格で、いつでもどこでも、好きなだけ視聴することができ、広告は一切ありません。

まとめ

以上、テロの脅威を実話をもとに描いた映画「ローン・サバイバー」について解説してきました。

タリバンに対してアメリカ軍が行った特殊作戦、レッド・ウィング作戦を描いています。ネイビー・シールズ史上最悪の被害と言われた作戦で、唯一生還したマーカス・ラトレルの手記をもとに製作されました。

今回紹介した背景事実を知った上でご視聴いただけると、作品によりのめりこめるんじゃないかなと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

とっくん

独立を目指してライターをやっています。(これまでに書いた記事でGoogle検索順位10位内のものがいくつか。→https://film-cue.com/archives/3466)朝寝て昼起きるのが得意です。23歳、趣味はゲーム(任天堂信者)、漫画(冨樫信者)、音楽(B'z信者)。