『えとたま』シリーズのストーリーやキャラ、公式コンテンツを紹介!

ネコの美少女が、十二支の神様を目指して戦っていくアニメ『えとたま』シリーズについて紹介していきます。

この記事には今シリーズのストーリーやメインキャラの情報・筆者がオススメする3つの見どころなどが書かれています。最後まで読み切れば、今シリーズをより深く楽しめることでしょう!

さらに今なら”無料”で『えとたま』を観られる動画サイトも紹介しています。ぜひ最後まで読んでくださいね!

(トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/00MAHmixauc)

【”干支神”を目指す!】『えとたま』シリーズの作品情報

まずは2021年の春から、第2期が放送予定であるアニメ『えとたま』シリーズの作品情報を紹介していきます。

『えとたま』シリーズの作品情報
  • 放送時期:2015年4〜6月(第1期)、2021年春〜(第2期)
  • 監督:追崎史敏
  • メイン声優:村川梨衣、下野紘
  • ジャンル:萌え擬人化、コメディ、ファンタジー

今作は動物を模したあどけない少女(えと娘)たちが、「干支神」と呼ばれる存在になるために努力していく作品です。

ちなみに『えとたま』シリーズの正式名称は、以下のようになっていますよ。

『えとたま』シリーズの正式名称
  • 第1期→『えとたま』
  • 第2期→『えとたま ~猫客万来~』
かずひさ

『えとたま ~猫客万来~』ですが、2021年3月現在では「いつ・どこの放送局」で放送されるかは公表されていません。

スポンサーリンク

『えとたま』シリーズで使われる”用語”を紹介!

opened book on brown table

https://unsplash.com/photos/FQvadXmA524

えと娘たちが「干支神」になるため努力していく『えとたま』シリーズ。ここではそんな今シリーズで使われる用語について紹介しますね!

えと娘

神の使者として、人々と神々を結ぶ架け橋となる存在。通常活動時は「アダルトモード」と呼ばれる、普通の少女の姿をしています。

そして「ソルラル(後述)」をチャージすることによって、動物の被り物を装着した状態である「プリティモード」に変身して戦っていきますよ。

ソルラル(萌力)

えと娘が持つパワーの源。人間が持つ「正なる感情(人の想いや想像力)」が源で、えと娘の属性の元となる動物の姿で取り込まれます。

干支神たちは自力でチャージできますが、えと娘は外部からのチャージが必要&これがないとプリティモードに変身できません。

干支神

えと娘の頂点に立つ、十二支を模したメンバー。それぞれが日本の各地方の守護を担当しています。

60年に1度のETM12(後述)で選抜されますが、新メンバーとして加わるには12人全員を倒さないとなれません。

ETM12

干支神を決めるため、60年に1度行われる神事。プリティモードになったえと娘が異世界に移動し、そこで”とあるアイテム”をかけたバトルが繰り広げられます。

バトルの模様はブラウン管方式の「萌力テレビ」で中継され、誰でも見られるようになりますよ。

【ネコ型のえと娘!】『えとたま』シリーズストーリー

多くの用語も本編を盛り上げてくれる『えとたま』シリーズ。そんな今シリーズのストーリーを、簡単に紹介していきますね。

干支神」は60年に1度の「干支神選抜祭」(通称:ETM12)にて勝ち残った強者であり、えと娘たちの憧れの存在でした。

そして今年もETM12が開催されることになり、日本全土から数多のえと娘が集結。その中に、一匹のネコ型えと娘がいました。

彼女の名は「にゃ~たん」。不遇なことで知られている彼女と普通の高校生「天戸タケル」が出会うとき、物語は始まる…というストーリーですね。

スポンサーリンク

『えとたま』シリーズのメインキャラクターを紹介!

にゃ~たんと天戸タケルがメインキャラとなって進んでいく『えとたま』シリーズ。ここではそんな2人について紹介しますね!

にゃ~たん(声 – 村川梨衣)

今作のヒロインで、「干支神にもっとも近い存在」と言われている女性がにゃ~たんです。

高い実力を誇っている彼女ですが、ETM12が開催されるたび妨害にあってしまい、干支神になれずにいました。

声をあてているのは、アニメ『装甲娘戦機』でユイを演じる村川梨衣(りえ)さんですね。

天戸タケル(声 – 下野紘)

秋葉原でひとり暮らしをしている男子高校生で、ETM12に巻き込まれることになったのが天戸(あまと)タケルです。

格安の借家を見つけたタケルですが、そこにはにゃ〜たんや干支神が居着いていました。それがキッカケとなり、今はえと娘達と同居する形になっています。

声をあてているのは、アニメ『ピーター・グリルと賢者の時間』でピーター・グリルを演じた下野紘(ひろ)さんですね。

「可愛すぎるえと娘たち」に注目!

three woman sitting near the flower

https://unsplash.com/photos/gYdjZzXNWlg

ネコのにゃ~たんと人間のタケルが活躍する『えとたま』シリーズ。ここからは3つの項目に分けて”筆者オススメの見どころ”を紹介していきます。

まずオススメするのは、「可愛すぎるえと娘たち」です!今作に登場するえと娘と干支神は、みんな目を惹かれる女性ばかりですよ!

整った顔立ちと自由奔放な性格をしているにゃ~たんを始め、彼女のことが大好きなナイスボディ美女。そして小柄で冷静な幼女など、ありとあらゆるタイプの女性が集まっています!

あなたの心を奪ってくれるキャラが、確実に見つかることでしょう。今作を観るときは、自分の推しキャラをぜひ探してみてくださいね。

スポンサーリンク

「3Dで描かれたバトルシーン」を堪能しよう!

次にオススメするのは「3Dのバトルシーン」です!実は今作、日常パートは普通の2Dアニメーションなのですが、バトルシーンは3Dで描かれているんですね。

日常では人間のような頭身をしているえと娘たち。しかしバトルになると2頭身の幼女になり、3Dのアニメーションでヌルヌル動いて戦います。

「1つのアニメで2つの躍動感を楽しめる!」と表現できるので、えと娘が日常パートで暴れまくる姿と、ヌルヌル動くバトルシーンをぜひ見比べてみましょう。

「にゃ~たんは干支神になれるのか?」を見守ろう!

Question Mark, Question, Mark, Symbol, Sign, Ask, Help

https://pixabay.com/photos/question-mark-question-mark-symbol-3470783/#content

最後にオススメするのは「にゃ~たんは干支神になれるのか?」です!

実は干支神になるためには、12人の干支神全員とバトルして勝たないとダメなんですね。もちろん神たちは、みんな高い実力を誇っています。

そして中には、殺意や恨みをむき出しにしてにゃ~たんに襲いかかる神も…。さまざまな理由で負けられない12人たちに、次々と勝っていかなければなりません。

ETM12が開催されるたびに妨害され、高い実力を発揮できなかったにゃ~たん。今回こそは干支神になれるのかを見守っていきましょう。

【面白い】第1期を観た人のレビューを紹介!

Board, Chalk, Feedback, Review, Study, School

https://pixabay.com/photos/board-chalk-feedback-review-study-3700116/#content

たくさんの見どころを楽しめる『えとたま』。そんな今作(第1期)を観た他の人たちは、どんなレビューを残しているのでしょう?

十二支の美少女擬人化バトルアニメ?キャラが良くてバトルアクションもいいです。

十二支の美少女擬人化でCGで描かれる2頭身キャラのバトルシーンも見応えありました。キャラ同士のやりとりも面白く主人公にゃ~たんを演じる村川梨衣さんの演技も良かったです。十二支の擬人化なので日本人には馴染みがあると思います。

引用:https://www.anikore.jp/review/1840480/

キャラはかわいいw
バトルになるともっとかわいい2.5頭身w

日常ギャグみたいのが好きだったらおすすめかも☆

引用:https://www.anikore.jp/review/1218506/

2頭身のバトルシーンが可愛くて面白い!」や「笑いどころが多くて好き!」というレビューが残されていました。

今作の特徴を一言で表すと”可愛くて面白い”。キャラたちは美少女ばかりですし、かなりぶっ飛んだ面白さを感じられます。

かずひさ

にゃ~たんを始めとしたえと娘&干支神たちは、すごくハイテンションですよ。それが今作の面白さに繋がっています!

『えとたま』シリーズの公式コンテンツを紹介!

ノートパソコンとスマートフォンの両方を使用している人

https://unsplash.com/photos/tLZhFRLj6nY

多くの人たちを楽しませているアニメ『えとたま』シリーズには、3つの”公式コンテンツ”が運営されています。それが以下ですね。

公式サイトでは各キャラクターのイラストや、「出演声優たちのインタビュー」などを観られます。

そして公式Twitterには可愛らしい4コマ漫画や、出演声優の「サイン入り台本プレゼント企画」などが満載!第2期のアニメ放送が始まる前でも、十分に楽しめるアカウントですよ。

かずひさ

3つとも素晴らしすぎるコンテンツになっています。ぜひ覗いてみて、最新情報やいろいろな記事を楽しんでくださいね。

”無料”で『えとたま』を観られる動画サイト

テレビ, 男, 見, ルーム, オフィス, 近代的な, 技術, 画面, 見制御, ホーム, デスク, テーブル

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93-%E7%94%B7-%E8%A6%8B-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-3774381/#content

それではココで、『えとたま』を”無料”で観られる動画サイトを紹介します。紹介するのは大手の動画サイトなので、安心して観てくださいね。

作品の配信期間が終わると観られなくなるので、今すぐ観て楽しむことをオススメします。

『えとたま』(第1期)を観られる動画サイト

これらのサイトには「30日のお試し期間」があり、その期間内ならタダで見ることができます。そして無料期間だけ楽しんで解約するのもOKですよ。安心して利用してください!

『えとたま』シリーズについての情報まとめ

ネコの美少女が、十二支の神様を目指して戦っていくアニメ『えとたま』シリーズについて紹介しました。

動物を模したあどけない少女(えと娘)たちが、「干支神」になるために努力していく作品ですよ。

可愛すぎるえと娘たち・3Dで描かれたバトルシーン・にゃ~たんは干支神になれるのか…。筆者がオススメした以外にも、数多くの見どころを楽しめることでしょう。

可愛い女性たちが全力でバトルしていく『えとたま』シリーズを、あなたもぜひ楽しんでくださいね!

映画をたっぷり楽しみたいなら、動画配信サービスを利用すると良いですよ!僕があなたにオススメしたい動画配信サービスは「U-NEXT」と「Amazon Prime」の2つです。

U-NEXTは「膨大なコンテンツ数」が最大の魅力で、その数なんと“18万本”以上!

Amazon Primeは動画配信以外のサービスも充実しており、月額500円(税込)とは思えないコスパの高さが強みですね!

どちらのサービスも「無料お試し期間」が用意されており、その期間中に解約すれば利用料金は発生しません。(※無料期間:U-NEXT…31日間/Amzon Prime…30日間)

配信作品は定期的に更新されていくので「観たい!」と思っていた作品が、いつのまにか観れなくなってしまうということが起こります。

観れなくなって後悔しないように、今すぐ登録して観たかった作品たちを思い切り楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライターとして映画や俳優の記事を100以上、ブロガーとして合計200記事以上書いてます。ブログでは効率の良い筋トレやストレッチ、オススメのアイテムを紹介中!「自宅で・簡単に・効果的な筋トレ」をモットーに、情報・知識を発信しているので、ぜひ覗いてみてくださいね!