『ルパート・グリント』ハリー・ポッターの主人公ハリーの同級生とは

世界的に有名な映画『ハリー・ポッター』の主人公ハリーの同級生のロナルド・ウィーズリー役を演じた方を覚えていますか?

その方こそ、俳優のルパート・グリントさんです。今回はそんな彼の現在や当時の想いなどを振り返って見ていきます!

(トップ画像出典:https://twitter.com/EW/status/842130577281146884)

ルパート・グリントのプロフィール

  • 【名前】ルパート・グリント(Rupert Grint)
  • 【生年月日】1988年8月24日
  • 【国籍】イギリス
  • 【身長】173cm
  • 【趣味】一輪車、絵を描くこと、ゴルフ

ルパート・グリントさんの父親ナイジェル・グリントさんは土産物屋の販売員、母親のジョーン・グリントさんは主婦。

『ハリー・ポッター』シリーズで有名な彼ですが、俳優となる前は学校や地元の劇団の舞台に立っていました。

ルパート・グリントの経歴

ルパート・グリントさんは元々『ハリー・ポッター』のファンだったことから、ロン役を演じたかったためにオーディションに応募したそう。見事ロン役に選ばれたのですから、素晴らしいことですよね!

『ハリー・ポッター』以外ではコメディ映画『サンダーパンツ!」やローラ・リニーさんとジュリー・ウォルターズさん共演の『Driving Lessons』、BBCラジオのナレーターとしても活躍しています。

2011年1月に経済史フォーブス誌が『スクリーン上で最も稼いだカップル』のランキングを発表し、『ハリー・ポッター』シリーズのルパート・グリントさんとエマ・ワトソンさんが1位にランクインしました。

ルパート・グリントの出演映画

それでは早速、ルパート・グリントさんがこれまで出演してきた映画をみていきましょう。

映画
  • 2001年 – ハリー・ポッターと賢者の石
  • 2002年 – ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 2002年 – サンダーパンツ!
  • 2004年 – ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 2005年 – ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 2006年 – Driving Lessons
  • 2007年 – ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 2009年 – ターゲット
  • 2009年 – ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 2010年 – ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
  • 2011年 – ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
  • 2013年 – バレット・オブ・ラヴ
  • 2014年 – Postman Pat: The Movie
  • 2015年 – Enemy of Man
  • 2018年 – Sick Note 〜診断書で人生復活⁈〜

観るべきルパート・グリントの出演映画

これまでいろんな映画に出演されてきたルパート・グリントさんですが、個人的にイチオシする作品を1つご紹介します。

こちらの映画は劇場公開が終了しているので、動画配信サービスのHuluなどでご覧ください。

サンダーパンツ!

オナラが異常なほど出てしまうのが悩みのいじめられっ子が、天才少年発明家の助けを借りて、オナラの力で宇宙へと旅立つ様子を描いたコメディ作品になっています。

ハリウッドにはない独特のシニカルな要素もあり、笑いあり涙ありで大人でも楽しめる作品だと思うので、この映画は観るべきなのでオススメします!

『ハリー・ポッター』の最初の作品の心情

『ハリー・ポッター』で有名なルパート・グリントさんですが、あるインタビュー記事で当時の心情を以下のように答えています。

「『ハリー・ポッター』の最初の数作品は、まるで夢の中を生きているようでした。3,4作目を撮っている頃、ものすごい責任の重みを感じるようになったんです。

とんでもない人気で、プロモーションやレッドカーペットでは正気を失いかけていました。僕はそういう環境が得意ではないので。」

引用:https://theriver.jp/rupert-talks-potter/

ルパート・グリントさんの少年だった頃に、こんな一面があっただなんてファンの方でも意外な発見ではないのでしょうか。

途中で『ハリー・ポッター』を辞めようとしていた

そんなルパート・グリントさんですが、一見何事もうまくいっているように見えますが実は一時期辞めたいと思っていた時期があったのです。

「ハリー・ポッター」シリーズ第1作目の大ヒット以降、世界中から注目を浴び、常にパパラッチに追い回されるようになったルパート・グリントさん。

一般の学生たちと同じような普通の生活を送りたいと願い、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の撮影終了後に一度シリーズを辞めようとしたことまであったそうです。

普段通っていた学校に居るよりも、同じ撮影現場のハリー役ダニエル・ラドクリフさんやハーマイオニー役エマ・ワトソンさんを含む共演者たちと、交流しているほうがずっと楽しかったとインタビューで答えています。

ルパート・グリントの7年間バレなかった交際!?

実はルパート・グリントさんはジョージア・グルームさんと7年間も交際していたのですが、全く公になっていませんでした。

ふたりの2ショットをツイートしたことで発覚し、このツイートがバイラル化したことで一気に世間に知れ渡りました。

しかしツイッター上では、「どうやって2011年からデートしてきたの?」「なんで今になって知られる羽目になったんだ?」と、交際の内容よりも7年間全く気がつかなかったことに驚く声が多いようです。

若くして大金を手にしたルパート・グリント

『ハリー・ポッター』に出演したことでルパート・グリントさんが稼いだギャラの総額は日本円にして約40億円だと言われています。

そんな大金を手にして購入したもののなかには、アイスクリーム販売用のトラックやホバークラフト、そして等身大サイズのダチョウの骨の標本などがあるそうです。

彼の一風変わった消費行動には共演者たちの間でも有名で、「ダニエルには、僕が少しずつネバーランドを作っているみたいだって言われたよ。お金の使い方は難しかったな」と、照れ臭そうに話しています。

ルパート・グリントの願望とは

大ヒットシリーズに出演して、素晴らしいキャリアをスタートしたルパート・グリントさんはいつかパパになりたいという願望があると言います。インタビューでは以下の通りに答えています。

「まだ30歳になったって気がしないよ。未来がどうなるかは分からない。流れに任せて、面白いキャラクターを演じてどうなっていくか見るよ。

近いうちに結婚して、子供ができたらいいなって思うな。もし息子ができたら『ロン』って名付けるかって?すごく良い名前だけど多分その名前はつけないね。

1音節のファーストネームと合わせるにはグリントはちょっと難しい苗字だから。」

引用:http://japan.techinsight.jp/2018/12/lily201812031046.html/2

流れに身を任せて、結婚して息子が欲しいという思いはパパらしいお考えですね。

まとめ

今回は大人気映画である『ハリー・ポッター』シリーズで、人気キャラクターのロナルド・ウィーズリー役を演じたルパート・グリントさんについてご紹介してきましたがいかがでしたか?

昔と違って今ではすっかり大人になってしまったルパート・グリントさんですが、当時からファンだった方も一緒に歳を重ねて成長してきたと思います。

子供を作りたいと願望もあるそんなルパート・グリントさんの活躍を祈りながら、これからも見守っていきましょう!

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

教頭先生

ライター歴1年。生まれはフィリピン、育ちはタイ。2歳から15歳の間バンコクで生活。帰国後、金融系ITプログラマーとして就職するも、わずか3ヶ月で退社。その後は職を転々とし、現在はフリーランスとして活動中。twitterではフォロワーの方とお電話してお話しているので、覗いてもらえると幸いです。