映画やドラマでマルチに活躍するジャスティン・セローの経歴まとめ

映画やドラマを観ていて、ジャスティン・セローという男性の名前を何度か目にしたことがありませんか?

彼は俳優や声優といった役者業はもちろん、プロデューサーや脚本家といった裏方としても、多数の作品に貢献してきました。

ジャスティンがどんな作品に関わってきたのか知りたい方の為に、今回は彼の出演作品や交際関係などをまとめて紹介します。

この記事を読めば、ジャスティン・セローの経歴について詳しくなれるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

(トップ画像出典:https://wallpapersafari.com/w/kpyvCe)

ジャスティン・セローの基本情報

  • 本名:Justin Paul Theroux
  • 生年月日:1971年8月10日(20201月現在48歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国、ワシントンD.C.
  • 職業:俳優・脚本家・映画監督
  • 活動期間:1996年〜
  • デビュー作:『I SHOT ANDY WARHOL(1996)

ジャスティン・セローはアメリカの首都ワシントンD.C.出身の俳優です。脚本家やプロデューサーとしてのキャリアもあります。

映画デビュー作品『I SHOT ANDY WARHOL』

90年代前半からブロードウェイやオフ・ブロードウェイで舞台俳優として活躍していたジャスティン・セローは、1996年に『I SHOT ANDY WARHOL』で映画デビューを果たします。

『I SHOT ANDY WARHOL』は、1968年に発生した“アンディ・ウォーホル狙撃事件”を題材にした作品です。

映画の内容は、アメリカ人画家のアンディー・ウォーホルを銃殺しようとした女性、ヴァレリー・ソラナスの人生を紐解いていくというストーリー。

ジャスティン・セローは、マークという青年役として出演しています。 作中でマークがどのような活躍を見せていたのかはわかりませんでした。

ドラマ『LEFTOVERS/残された世界』の主人公として活躍

ジャスティン・セローはテレビドラマ『LEFTOVERS/残された世界』の主人公、ケヴィン・ガーヴィを演じていたことでも有名です。

『LEFTOVERS/残された世界』は、大量の人間が突如消滅した世界で、生き残った人々の人間模様を描いた作品です。2014年〜2017年までに3シーズン全28話が放送されました。

ジャスティン・セローが演じているケヴィンは、舞台となる街の警察署長として登場します。ケヴィンの家族に消滅した人はいませんでしたが、消滅事件の影響で家族関係は崩壊してしまいます。

声優としても多数の出演作を誇るジャスティン・セロー

ジャスティン・セローは、声優として映画に出演する機会も数多くあります。

2010年公開の3Dアニメ映画『メガマインド』では、主人公の宇宙人メガマインドの父親役で出演。ちなみにジャスティンは同映画のプロデューサーも兼務しています。

アメリカで2018年に公開されたSFアクション映画『バンブルビー』では、悪の組織“ディセプティコン”の変形メカ、ドロップキックに声を当てています。

最新主演ドラマ『The Mosquito Coast』を紹介

ジャスティン・セローが主演を予定している最新ドラマ、『The Mosquito Coast』を紹介します。

『The Mosquito Coast』は、作家ポール・セローが1981年に発表した、同名の小説を原作とした作品で、1986年に一度映画化されています。

放送時期は未定ですが、Webテレビサービスの『Apple TV +』で配信予定です。ジャスティン・セローは、主役と製作総指揮を兼務しています。

ジャスティン・セローの出演作品一覧

ここまで紹介した作品の他にも、ジャスティン・セローは多数の作品に出演しました。ということで、こちらの項目では彼が出演した作品を一覧で紹介します。※一部抜粋。

  • 1996年 I SHOT ANDY WARHOL デビュー作品
  • 2001年 マルホランド・ドライブ
  • 2006年 ザ・レジェンド・オブ・ルーシー・キース
  • 2006年 インランド・エンパイア
  • 2007年 ブロークン・イングリッシュ
  • 2010年 メガマインド 3Dアニメ 製作兼務
  • 2016年 ズーランダー No.2 脚本兼務
  • 2016年 ガール・オン・ザ・トレイン
  • 2018年 Mute/ミュート
  • 2018年 The Spy Who Dumped Me
  • 2018年 ビリーブ 未来への大逆転
  • 2018年 バンブルビー 声の出演
  • 2019年 Lady and the Tramp 声の出演
  • 公開時期未定 False Positive
  • 公開時期未定 Violet

テレビ
  • 2000年〜2001年 The District
  • 2003年〜2004年 Six Feet Unber
  • 2014年〜2017年 LEFTOVERS/残された世界 主演
  • 2018年 マニアック
  • 放送時期未定 The Mosquito Coast 主演 製作総指揮兼務

イギリスのバンド『ミューズ』のMVに出演

ジャスティン・セローは、イギリスのロックバンド『ミューズ』のミュージックビデオに出演した経験もあります。

ジャスティンが出演しているMVは、ミューズが2003年に発表したシングル、“ヒステリア”です。

下の動画が“ヒステリア”のミュージックビデオになります。上半身裸のジャスティン・セローが、ベッドルームでヒステリーを起こして暴れるという内容。

映像でジャスティンはときおり涙を流したり、若い女性を撮影した動画を真剣な表情で見つめています。少々意味深な作りですね。

裏方としての実績もあるジャスティン・セロー

『メガマインド』や『The Mosquito Coast』では、ジャスティン・セローが製作を兼務した実績を紹介しました。

それらの作品の他にも、彼が役者として出演せず、完全に裏方として製作に関わった作品もいくつかあります。

日本では未公開の『Dedication(2007年)』という映画では、監督と製作を担当。スーパーヒーロー映画の『アイアンマン2』では脚本を手がけました。

映画『トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008年)』は、ジャスティンが原案し、その上脚本と製作も兼務する活躍を見せた作品です

ジャスティン・セローの交際関係を紹介

ジャスティン・セローは1997年から2011年まで、スタイリストの女性ハイディ・ビベンズと交際していました。

ハイディと別れた2011年、今度は女優のジェニファー・アニストンと付き合い始めたジャスティン。ジャスティンとジェニファーの距離はみるみる縮まり、2015年に結婚します。

2人の関係は長く続くものと誰もが思っていましたが、2018年に電撃離婚を発表し、世間を驚かせます。

その後ジャスティン・セローの間には、女優のエマ・ストーン(画像左)や歌手セレーナ・ゴメス(画像右)、美術家のペトラ・コリンズといった女性との関係が噂されました。

ジャスティン・セローの紹介まとめ

映画製作者や声優、脚本家とマルチな活躍を見せている俳優、ジャスティン・セローについて紹介しました。

今後も『False Positive』や『Violet』といった映画に出演予定のジャスティン。いずれも公開時期は未定なので、彼がどんな活躍を見せるのかはっきりとしていません。情報解禁が楽しみですね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでジャスティン・セローについて興味が沸いたら、出演作品も鑑賞してみて貰えると嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。