スタイル抜群の女優ガル・ガドットの経歴・出演作品・交際歴を紹介!

2017年に公開された映画『ワンダーウーマン』で主人公のワンダーウーマンを演じたことで有名な女優のガル・ガドット。

『ワンダーウーマン』続編の『ワンダーウーマン1984』が2020年公開に向けて絶賛製作中ですが、映画が公開される前に彼女のことを知って貰おうと思います。

ということで今回はガル・ガドットの経歴や他の出演作品、交際関係などを紹介します!

(トップ画像出典:https://www.10wallpaper.com/jp/view/Wonder_woman_gal_gadot_2017_Photo_HD_Wallpaper.html)

ガル・ガドットの基本情報

  • 本名:Gal Gadot
  • 生年月日:1985年4月30日(2019年10月現在34歳)
  • 出身地:イスラエル中央地区ペタク・チクヴァ
  • 職業:モデル・女優
  • 活動期間:2004年〜
  • デビュー作:『Bubot(2007)

ガル・ガドットはイスラエル出身のモデル・女優です。彼女の名前はヘブライ語で『ガル(波)』『ガドット(河岸)』を意味するそうです。

教師をしている母、Iritとエンジニアの父、Michaelの間に生まれました。

2004年に『ミス・イスラエル』に輝きモデルデビュー

ガル・ガドットは18歳だった2004年に、地元イスラエルの美人コンテストで優勝し、モデルデビューしました。

イスラエル代表として、そのままエクアドルで開催された『ミスユニバース2004』にも参加しています。

中国の通信機器メーカー『HUAWEI』やイタリアのファッションブランド『GUCCI』の広告モデルを務めるなど、国際的に活躍しました。

下記は彼女の身長やスリーサイズの情報です。漫画の世界から出てきたようなまさにパーフェクトなプロポーションですね!

身体的情報
  • 身長…178cm
  • 体重…58kg
  • バスト…86
  • ウエスト…58
  • ヒップ…86

2007年にテレビドラマ『Bubot』で女優デビュー

モデルとして活躍した3年後、ガル・ガドットはイスラエルで放送されたテレビドラマ『Bubot』に出演して女優デビューを果たしました。

モデル業界で起こる陰謀や恋愛を描いたメロドラマで、全102話が放送されています。ガル・ガドットは、Miriam ‘Merry’ Elkayamというキャラクターを演じました。

イスラエルの作品のせいか情報が少なく、彼女がどういう立ち位置の役所だったのかまでは詳しくわかりませんでした。

ファンの方が作中で彼女が活躍したシーンをまとめている動画がありましたので見てみましょう。


かなり濃厚なキスシーンを披露していますね。彼女がモデル出身で、この作品もモデルを題材にしているということから、かなり重要な役割を果たしていたのではないかと思われます。

『ワイルド・スピード MAX』で映画に初出演

『Bubot』から2年後の2009年、『ワイルド・スピード MAX』に出演してガル・ガドットは映画デビューしました。

『ワイルド・スピード』はカーアクション映画としてシリーズ化されており、ガル・ガドットが出演した『ワイルド・スピード MAX』は第4作目になります。

彼女はジゼル・ヤシャールという役名で、麻薬密売組織を束ねる男・ブラガの秘書という役割でした。

同シリーズには他にも『ワイルド・スピード MEGA MAX』『ワイルド・スピード EURO MISSON』に出演し、彼女の初期の女優キャリアの代表作となりました。

2019年現在はワンダーウーマン役として有名

ガル・ガドットはアメリカの人気漫画『DCコミックス』のキャラクター『ワンダーウーマン』の実写版を演じたことで有名です。

『ワンダーウーマン』はアマゾン族の王女で、本名をダイアナといいます。強靭な肉体と数々の特殊能力を兼ね備えた超人です。

主な特殊能力としては『光速に近い速度で飛行』『動物とテレパシーで会話』などがあります。剣、斧、弓など様々な武器を使いこなし、アマゾン族伝統の格闘術と併せて戦います。

2020年には最新作の『ワンダーウーマン1984』が公開予定です。楽しみですね!

ガル・ガドットの出演作品一覧

ガル・ガドットが出演している作品を一覧で紹介します。映画を探す時の参考にしてください。

映画
  • 2009年 ワイルド・スピード MAX 映画デビュー作
  • 2010年 デート & ナイト
  • 2010年 ナイト&デイ
  • 2011年 ワイルド・スピード MEGA MAX
  • 2013年 ワイルド・スピード EURO MISSION
  • 2014年 Kicking Out Shoshana
  • 2015年 ワイルド・スピード SKY MISSION
  • 2016年 トリプル9 裏切りのコード
  • 2016年 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
  • 2016年 クリミナル 2人の記憶を持つ男
  • 2016年 Mr.&Mrs. スパイ
  • 2017年 ワンダーウーマン
  • 2017年 ジャスティス・リーグ
  • 2018年 シュガー・ラッシュ:オンライン CGアニメ
  • 2020年 ワンダーウーマン1984
  • 2020年 Death on the Nile

テレビ
  • 2007年 Bubut 女優デビュー作品
  • 2009年 The Beautiful Life
  • 2009年 アントラージュ★オレたちのハリウッド
  • 2011年 Asfur
  • 2012年 Eretz Nehederet バラエティ番組 ゲスト
  • 2012年 Kathmanbu
  • 2017年 Saturday Night Live バラエティ番組 ゲスト
  • 2018年 ザ・シンプソンズ アニメ 本人役
  • 2019年 Eurovision Song Contest 2019 音楽番組 ゲスト
  • 放送時期未定 Untitled Hedy Lamarr series

兵役経験が演技に活かされているガル・ガドット

ガル・ガドットは『兵役経験のある女優』というかなり珍しい経歴を持っています。

イスラエルには兵役義務があり、ガル・ガトッドもモデル活動中だった2006年から2年間イスラエル国防軍で兵士のトレーナーをしていました。

兵役中は武器や乗り物の扱いを学び、その経験が女優にも活かされているそうです。

特に出世作となった『ワイルド・スピード MAX』では、彼女の武器の知識や兵役仕込みの身体能力を見たジャスティン・リン監督が、より面白くなるように脚本を変更したほどです。

(参考:https://screenonline.jp/_ct/17126159)

国連名誉大使を2ヶ月で解任となったガル・ガドット

モデルに女優に大活躍のガル・ガドットですが、ここではちょっと残念なエピソードを1つ。

2016年10月に彼女が演じた『ワンダーウーマン』を、男女平等を象徴するキャラクターとして国連が名誉大使に任命しました。

“]

しかし、セクシーな衣装を着たワンダーウーマンが男女平等の象徴というのはおかしい」という抗議が殺到し、名誉大使の再考を嘆願する署名が44,000人以上も集まってしまいます。

署名を受けて、国連は任命からわずか2ヵ月後の2016年12月に『ワンダーウーマン』を名誉大使から解任することに決定しました。

(参考:https://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/32274.html)

ガル・ガドットの交際関係を紹介

ガル・ガドットは『ワイルド・スピード MAX』撮影中の2008年9月に結婚しました。

お相手はイスラエルで不動産経営をしていたヤロン・ヴァーサーノという方。2人の間には2011年と2017年に子供が生まれています。

ヤロンはイスラエルの観光都市、テルアビブに高級ブティックホテルを所有しており、ガル・ガドットも経営を手伝っていました。

なお同ホテルは2015年にロシアの大富豪、ローマン・アブラモビッチに2600万ドルで売却されています。

ガル・ガドットの紹介まとめ

抜群のプロポーションでモデルとして活躍したのち、兵役という特殊な経験を活かして女優としてのキャリアを重ねていくガル・ガドット。

2019年時点で映画デビューしてから10年が経過しました。これからどんな作品に出演してくれるのか、非常に楽しみですね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでガル・ガトットへの興味が高まり、出演作品を観て貰えたら嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。