中国で総再生回数3億回突破!アニメ『天官賜福』のネタバレを紹介

「『天官賜福』っていうアニメが気になるんだけど、まずはネタバレを見てから観るのか決めたいな。」

本作品は、中国の「bilibili動画」で配信され、総再生回数3億回を突破した注目のアニメ作品です!とは言うもの、タイトルを見るだけでは、どんな内容の作品なのかイメージできないですよね。

そこで今回は、アニメ『天官賜福』の第1話の内容をネタバレしていきます!更に無料でアニメを楽しめる動画サイトも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/空-雲-雲の形-積雲の雲-3335585/)

TVアニメ『天官賜福』ってどんな作品?

『天官賜福』は、架空の古代中国を舞台として描かれたファンタジーアニメです。

主人公は、元・仙楽国(せんらんこく)の太子である謝憐(シエ・リェン)という美しい男性。

修行を積み、天界(神の世界)へと飛昇して「武神」となった彼ですが、2度も下界へと追放されてしまうんです。

そして800年の時を経て、3度目の飛昇を果たした謝憐は、一から信徒を獲得するために神官として出直していきます。

筆者

本作品は作画がとても綺麗で、中国や歴史に詳しくない方でも存分に楽しめるアニメですよ!

スポンサーリンク

『天官賜福』のメインキャラクターを紹介!

この章では、アニメ『天官賜福』に登場するメインキャラクターを3人紹介しますね!

謝憐(CV:神谷浩史)

主人公の謝憐(シエ・リェン)は、800年前に滅亡した「仙楽国」の太子殿下。剣の達人で美しい容姿も特徴の1つです。

17歳のときに天界へと飛昇して「武神」となりますが、天界の禁を破ったことで下界に追放されてしまいます。

“三界の笑い者”とされる彼には、今や祈りを捧げる信者がいないため、趣味のガラクタ集めをしながら神官として出直していきます。(三界:作中世界に存在する天界・人間界・鬼界(死後の世界)のこと)

そんな謝憐を演じるのは、アニメ『進撃の巨人』のリヴァイなどを担当している神谷浩史さんです。

三郎(CV:福山潤)

三郎(サンラン)は、謝憐の前に現れる謎の少年です。見た目は16・17歳ぐらいで、全身に纏う紅い衣と雪のような白い肌が特徴です。

男性ながら容姿がとても美しく、豊富な知識を持っているようですが、その正体は謎に包まれています。

そんな三郎を演じるのは、アニメ『暗殺教室』の殺せんせーなどを担当している福山潤さんです。

霊文(CV:日笠陽子)

霊文(リンウェン)は、文神の長で人事を司る女性神官。真っ黒な衣に身を包んでいるクールビューティーなキャラクターです。

有能で手際が良い彼女ですが、天界で評判の悪い3人組「三癌(さんがん)」の1人とされています。

謝憐が3度目の飛昇を果たしたとき、彼に力を貸してくれる数少ない神官の1人です。

そんな霊文を演じるのは、アニメ『けいおん!』の秋山澪などを担当している日笠陽子さんです。

筆者

次の章からは、アニメ『天官賜福』の第1話の内容をネタバレしていきます。

作中では難しい用語がたくさん出てくるので、初めて観る方にも分かるように解説していきますね!

『天官賜福』のネタバレ:神の誕生!3度目の飛昇を果たす謝憐

出典:https://pixabay.com/ja/photos/宗教-信仰-クロス-光-手-3717899/#content

何者かの飛昇によって大きく揺れる天界。いつもとは違う揺れの大きさから、飛昇した者を確認しようと神官たちが集まり始めます。

そこには3度目の飛昇を果たした謝憐の姿があり、神官たちは「また、あいつか!」と呆れてしまうんです。

そんな謝憐を迎えた霊文は、彼に対して「最も下界に追放させたい神官の第1位になりました」と落ち着いた口調で説明します。

更に飛昇したときの振動で「ある神官の頭上に鐘が落ちたこと」「何棟もの建物が崩れたこと」も謝憐に伝え、弁償するには888万の功徳(くどく)が必要とも伝えます。

筆者

功徳とは、神官が使う超人的な力「法力(ほうりき)」の源で、天界において通貨のような役割も果たしています。

謝憐は「1万分の1でも差し出すのは無理」と言っているので、飛昇してすぐ大きな負債を抱えたことになります。

また、功徳は信徒の数や信仰心の強さに比例するので、ほぼ法力を使えない状態になっているんですね。

スポンサーリンク

『天官賜福』のネタバレ:功徳を集めるための人手集め

3度目の飛昇を果たした後、大きな負債を抱えてしまった謝憐。そんな彼に霊文は「大丈夫、必ず道は開けます」と伝え、早く功徳を得られる方法を教えます。

その内容とは、他の神官に代わり“北の地で起きている祟りを鎮める”というもので、それによって得られた功徳は「全て殿下(謝憐)に捧げられる」と霊文は言います。

そして謝憐と霊分は、神官の情報交換の場である「通霊陣」で任務の人手を募りますが、誰1人協力してくれる者はいませんでした。

人手が見つからなかった謝憐は、任務地となる下界へと1人で赴くことになります。

『天官賜福』のネタバレ:予想もしない助っ人が登場

出典:https://pixabay.com/ja/photos/カタナ-剣-ブレード-サムライ-3918021/#content

任務地の「與君山(よくんざん)」へと向かう中、謝憐は道中にある茶屋に立ち寄ります。

少し休憩をしていたところ、霊文から「若い神官2人が手を貸してくれる」と連絡が入ります。

茶屋の中を見渡すと、渋々ながらも自分の意思でやってきたという若い神官2人が座っていました。

謝憐を手助けにやってきた神官
  • 南風(ナンフォン):南陽(ナンヤン)将軍の配下で器量の良い青年
  • 扶揺(フーヤオ):玄真(シュエンジェン)将軍の配下で品のある青年

何やら南風と扶揺はとても仲が悪い様子。そんな2人の神官を引き連れ、事件の解明に乗り出すことになります。

筆者

謝憐が3度目の飛昇を果たしたとき、南陽将軍は宮殿を壊され、玄真将軍は頭上に鐘を落とされています。

通霊陣のときには、南陽将軍と玄真将軍に協力を断られていたこともあり、謝憐にとっては予想外の仲間が加わったと言えますね!

スポンサーリンク

『天官賜福』のネタバレ:初任務は「鬼花婿」の捕獲

出典:https://pixabay.com/ja/photos/光-暗闇の中-森林-男-木-3151723/#content

早速事件の説明に入る謝憐。與君山には言い伝えがあり、花嫁ばかりを攫うという「鬼花婿(おにはなむこ)」が住むと言われています。

そして100年の間に17人の花嫁が消え、そのお供たちも殺されたと謝憐は説明します。

17人目の花嫁のときには、役人である父親が40人の精鋭に護衛をさせたものの、道中に攫われてしまったようです。

消えた花嫁に共通点はなく、鬼花婿の姿を見た者もいない…これといったヒントがないまま、彼らは鬼花婿の捕獲に挑みます。

筆者

ちなみにアニメの第1話は、赤い衣装の女性が襲われるシーンから始まりますが、物語の中盤でこの伏線(鬼花婿による事件であること)が回収されます。

『天官賜福』のネタバレ:偽花嫁行列と見当たらない明光廟

謝憐たちが宿探しに向かおうと外に出ると、鬼花婿にかけられた賞金目的のゴロツキたちが偽の花嫁行列をつくっていました。

そこで1人の少女がゴロツキたちに絡まれてしまい、謝憐たちは女の子を救い出します。

騒動の後、北の地を守護する「明光廟(ミアングアンビョウ)」へと向かおうとしますが、町人に「そんなものはない」と言われてしまいます。

ただ、五里先には「南陽廟(ナンヤンビョウ)」があるとのこと。不思議に思いつつも、謝憐たちは南陽廟へと向かうことにします。

筆者

「廟」とは、特定の人物や神仏を祀る宗教施設のことですね!北の地にあるはずの「明光廟」が見当たらないのも気になるポイントです。

『天官賜福』のネタバレ:鬼花婿捕獲への作戦会議

出典:https://unsplash.com/photos/l597wbRH6F0

南陽廟に辿り着き、再び霊文と連絡を取り合う謝憐。そこで霊文から鬼花婿の等級が「絶」「凶」「厲(れい)」「悪」の4つのうち、絶に次いで2番目に強い「」であると伝えられます。

野放しにすれば被害が広がってしまうため、霊文は「一刻も早く解決してください」と謝憐に忠告します。

しかし、鬼花婿を引き寄せるための花嫁がおらず、凶に属する相手には人形も通用しません。そこで南風と扶揺は、謝憐に花嫁役をさせようと考えます。

実際に化粧をしてみるものの、その出来栄えは見るに堪えないものに…そこに謝憐たちに助けられた少女がお礼に訪れ、化粧や着付けも手伝うと申し出てくれます。

『天官賜福』のネタバレ:いよいよ鬼花婿の捕獲へ

美しい花嫁に変身した謝憐は、南風・扶揺・雇った担ぎ手たちと共に、花嫁行列をつくりながら鬼花婿の捕獲に向かいます。

しばらくして與君山に入ると、どこからか笑い声や歌声が聞こえ始めてきます。どうやらこの声は、花嫁に扮した謝憐にしか聞こえていないようです。

そのまま歩き続けていると、目の前から山にいないはずの狼が現れ、100体以上の鬼(死者の霊魂)たちも襲いかかってきます。

倒しても切りがないと判断した謝憐は、法力がないと使えないはずの「法器(神官が使う特殊な道具)」を使って鬼を殲滅。そして自分だけがその場に残り、鬼花婿と対面しようとします。

筆者

1人残った謝憐のもとに、手を差し伸べる謎の人物が現れます。これが鬼花婿なのか、それとも違う人物なのか気になるところです!

その後は、謝憐の過去が流れ始め、エンディングへと向かっていきます。

『天官賜福』が無料で観られる動画サイト

ここまでアニメ『天官賜福』のネタバレを紹介しましたが、以下の動画サイトでは本作品を無料で観ることができます。(2021年7月時点の情報)

『天官賜福』を無料で観られる動画サイト
  • ABEMA
  • Amazonプライム・ビデオ
  • Hulu
  • U-NEXT

上記の動画サイトでは無料トライアルサービスがあり、期間中であれば無料でアニメを楽しめます。

期間中に解約することもできるので、初めての方も安心してお試しできますよ!

筆者

「ABEMA」では第1話を無料配信しているので、まずはそちらで試聴してみるのもおすすめです。

いつまで配信するのかは分からないので、気になる方は早めにチェックしてみてくださいね!

TVアニメ『天官賜福』のネタバレまとめ

今回は、2021年7月より放送されているアニメ『天官賜福』のネタバレを紹介しました。

本作品は「神官」と呼ばれる神たちが中心となる作品で、一から信徒獲得に向けて精を出す謝憐の物語が描かれています。

鬼の存在はもちろん、神官たちの影の歴史や謎に包まれた三郎の正体など、これから明らかにされていくであろう謎の部分にも注目です!

筆者もアニメを観ましたが、特に「作画の美しさ」と「先の読めない展開」には惹かれるものがありました。アジアを中心に話題を呼んでいる作品なので、ぜひこの機会に楽しんでみてくださいね!

映画をたっぷり楽しみたいなら、動画配信サービスを利用すると良いですよ!僕があなたにオススメしたい動画配信サービスは「U-NEXT」と「Amazon Prime」の2つです。

U-NEXTは「膨大なコンテンツ数」が最大の魅力で、その数なんと“18万本”以上!

Amazon Primeは動画配信以外のサービスも充実しており、月額500円(税込)とは思えないコスパの高さが強みですね!

どちらのサービスも「無料お試し期間」が用意されており、その期間中に解約すれば利用料金は発生しません。(※無料期間:U-NEXT…31日間/Amzon Prime…30日間)

配信作品は定期的に更新されていくので「観たい!」と思っていた作品が、いつのまにか観れなくなってしまうということが起こります。

観れなくなって後悔しないように、今すぐ登録して観たかった作品たちを思い切り楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です