実写版アラジンの吹き替えキャストや字幕との比較などを紹介します!

今回は、2019年公開の実写版『アラジン』の吹き替えキャストについて紹介していきます。アラジンというとディズニー映画屈指の名作の一つで、実写版を観たいという方も多いでしょう。

ウィル・スミスが魔神役を務めるなどキャストの豪華さが魅力的ですが、吹き替え版の声優も山寺宏一さんを始め豪華キャストが演じています。

本記事を読むことで実写版『アラジン』の吹き替えキャストや、字幕との比較について把握できます。ぜひ最後までご覧ください。

実写版アラジンの作品情報


まずは、『アラジン』の作品情報について説明していきましょう。
作品情報
  • 監督:ガイ・リッチー
  • キャスト:ウィル・スミス、メナ・マスード、ナオミ・スコット
  • 公開日:2019年5月24日(米)/2019年6月7日(日)
  • 上映時間:128分

本作は言わずと知れたディズニーの名作『アラジン』を実写映画化作品です。監督は『シャーロック・ホームズ』で監督を務めたガイ・リッチー、ランプの魔人をウィル・スミスが務めています。

スポンサーリンク

実写版アラジンの吹き替えキャスト①ジーニー(演:山寺宏一)

『アラジン』でジーニー役の吹き替えを担当しているのは、1992年の原作と同じ山寺宏一さんです。

山寺さんにとって特に思い入れの強い作品らしく、「オファーが来なかったら声優を辞める」と考えるほど熱望していたそうです。

ウィル・スミス演じるジーニーが歌うパレードシーンでは山寺さんがノリノリで歌い上げており、山寺さんファンにはたまりませんね。

ジーニーを演じるのがウィル・スミスということで、アニメ版とはまた異なる声色を見せる山寺さんに注目です。

実写版アラジンの吹き替えキャスト②アラジン(演:中村倫也)

主演のアラジンの吹き替えは、実力派俳優の中村倫也さんが演じています。朝ドラ『半分、青い。』に出演するなど演技力は誰しも認めるところですが、驚くべきはその歌唱力。

本作ではディズニーの名曲『ホール・ニュー・ワールド』を歌うシーンがあり、ジャスミンを演じる木下さんと見事に美しいハーモニーを奏でています。

吹き替え初挑戦だそうですが、アラジンのイメージ通りの声を披露してくれていますよ。

スポンサーリンク

実写版アラジンの吹き替えキャスト③ジャスミン(演:木下晴香)

本作のヒロイン・ジャスミンの吹き替えは、ミュージカル女優の木下晴香さんが演じています。2018年の『ロミオとジュリエット』でのジュリエット役を演じたことでも有名です。

幼い頃からディズニー作品に親しんできた経験から、『アラジン』実写化を知ったときから挑戦したいという思いがあったそうです。

気品がある透き通った声で見事に王女であるジャスミンの声を演じており、『ホール・ニュー・ワールド』では中村倫也さんと共に高い歌唱力を披露しています。

実写版アラジンの吹き替えキャスト④ジャファー(演:北村一輝)

本作の悪役・ジャファーの声を担当しているのは、俳優の北村一輝さんです。ジャファーと言うと、悪役ながらディズニーキャラクターの中で人気があるキャラクターの一人。

濃ゆい顔と味のある演技が魅力の北村さんですが、本作に臨むにあたり自分の個性を消すことを意識し、アニメとは違うジャファーを演じるという意識で演じたそうです。

もっと気になる方は以下のインタビュー動画も覗いてみてください。

スポンサーリンク

吹き替えと字幕はどちらが良いのか

ここまで吹き替えについて紹介してきましたが、「字幕と吹き替えのどちらが良いのか」と思う方もいるでしょう。

筆者は両方観ましたが、ウィル・スミスのファンであること、ジャスミン役のナオミ・スコットの歌唱力があまりに圧巻だったことという理由から字幕の方が良いと思いました。

しかし、山寺さんのコメディ感溢れるジーニーも面白く、中村さんと木下さんの主演もハマっていたので吹き替えでも楽しめると思います。

歌やミュージカルを重視するなら字幕をおすすめし、日本語ならではのコメディ感を楽しみたいなら吹き替えをおすすめします。

曲紹介①フレンド・ライク・ミー(吹き替えvs字幕)

『アラジン』の魅力の一つがミュージックです。吹き替えと字幕で2つの曲を比較していきましょう。1つ目が『フレンド・ライク・ミー』です。

ランプの魔人が初めて登場するシーンで自分の凄さをアピールしている曲です。

吹替版:山寺宏一

吹替版では、山寺宏一さんが1992年のアニメ版と変わらない歌声を披露しています。陽気に「こんな友達いるはずなーい」と歌い上げるテンションがたまりませんね!

字幕版:ウィル・スミス

ウィル・スミスはラッパー出身で、見事にその腕前を披露していますね!原作よりリズミカルで楽しい曲に仕上げています。CGによる魔法の演出も楽しめます。

曲紹介②ホール・ニュー・ワールド(吹き替えvs字幕)

2つ目が『ホール・ニュー・ワールド』です。アカデミー賞最優秀主題歌賞を受賞した名曲中の名曲です。アラジンとジャスミンが魔法の絨毯に乗って旅をしているときに流れます。

吹替版:中村倫也、木下晴香

吹き替え版は中村倫也さんと木下晴香さんが歌い上げます。二人共ミュージカル出身ということだけあって、きれいな歌声が魅力的です。

字幕版:メナ・マスード、ナオミ・スコット

字幕版では主演のメナ・マスードとナオミ・スコットが歌っています。パワフルさと上品さを併せ持つ歌声で魅了されました。

実写版アラジンが観られるサービスは?

実写版『アラジン』が視聴できるVODは、Disney+です。Disney+は月額770円(税込)のVODで、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズといった人気コンテンツがメインで楽しめます。

他のVODでは観られないディズニー作品が見放題だったり、スタッフが語る制作秘話やインタビュー動画などのオリジナルコンテンツがあったりとディズニー系作品に特化しています。

逆にディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ以外のコンテンツは少ないので注意しましょう。31日間は無料体験期間なので、ぜひお気軽にお試しください!

アニメとは違う実写版アラジンを楽しもう

今回は2019年公開の実写版『アラジン』の吹き替えキャストについて紹介しました。吹き替えではベテランの山寺宏一さん、人気俳優の中村倫也さん、若手ミュージカル女優の木下晴香さんなどが活躍しています。

「字幕と吹き替えはどちらの方がいいのか」と悩む方もいるでしょうが、好きな俳優や声優の声がどちらで観られるのか、洋楽と邦楽のどちらが良いのかといった好みで選ぶと良いでしょう。

31日間の無料体験期間もあるので、ぜひDisney+で実写版『アラジン』をお楽しみください。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です