『猿の帝国/女囚戦記』のあらすじやキャスト、口コミについて解説!

この記事は、「『猿の帝国/女囚戦記』とはどんな映画?」「『猿の帝国/女囚戦記』のキャストや口コミが気になる」という方向けに書かれています。

『猿の帝国/女囚戦記』がどんな内容の映画なのか、気になる方もいるのではないでしょうか。登場人物やキャスト、視聴した方の口コミについて知りたい方もいるかもしれません。

そんなあなたのために、今回は『猿の帝国/女囚戦記』がどんな映画で、どんなキャストが出演しているのか、口コミについても詳しく紹介していきます。

この記事を読めば、『猿の帝国/女囚戦記』がどんな内容の映画なのかを知ることができ、スムーズに『猿の帝国/女囚戦記』を鑑賞することができます。ぜひ参考にしてください。

『猿の帝国/女囚戦記』とはどんな映画?


『猿の帝国/女囚戦記』は、女囚VS類人猿の戦いが描かれた、カルトムービーの超新星マーク・ポロニア監督の作品です。

『猿の帝国/女囚戦記』は、どこまでも素朴さにこだわり抜いた作品で、実写の上に重ねたようなCG技術を使用しています。

マーク・ポロニア監督の作品はZ級映画と知られていますが、『猿の帝国/女囚戦記』が一体どんな内容なのか気になる方もいるのではないでしょうか。

そこで、次の章からは『猿の帝国/女囚戦記』のあらすじについて詳しく紹介していきます。

『猿の帝国/女囚戦記』のあらすじ

地球よりはるか遠くにある銀河では、女囚デーン、ディール、ジェイダの3人が宇宙船型刑務所に囚われていました。

自由を求めた3人は宇宙船型刑務所の操縦を乗っ取ることに成功し、森林に囲まれた惑星に墜落します。

自由になれたと思った3人でしたが、実は墜落した惑星は凶悪な類人猿が支配していた帝国だったのです。

類人猿が支配する帝国の中で、生命をかけた女囚VS類人猿の戦いが始まることになりました。

『猿の帝国/女囚戦記』の登場人物

『猿の帝国/女囚戦記』は、女囚のデーン、ディール、ジェイダの3人の主人公が登場する物語です。

主人公たちの衣装や銃、そのほか小道具がなんとも安そうで、主人公たちの気怠そうな感じも思わず笑ってしまいます。

また、類人猿たちも精密なCGで描かれているわけではなく、着ぐるみをきて演じているかのようなシュールさも面白いです。

そんな登場人物たちを誰が演じているのか気になる方もいるのではないでしょうか。そこで、次の章からは『猿の帝国/女囚戦記』のキャストを紹介していきます。

『猿の帝国/女囚戦記』のキャスト紹介

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88-1339699/

『猿の帝国/女囚戦記』では、Z級映画ということもあり、超マイナー俳優・女優が出演しています。

  • ジェームズ・カロラス
  • エリザベス・V・コンスタンツォ
  • スティーブ・ディアスパラ
  • ダニエル・ドナヒュー
  • ジェフ・カーケンドール
  • ケン・ヴァン・サント

また、どの登場人物を誰が演じているのかもいまいち明らかになっていません。さらに、出演している女優・俳優の詳細についても情報がありませんでした。これもまたZ級映画のみどころでもあるのかもしれません。

『猿の帝国/女囚戦記』のみどころ

ここからは、『猿の帝国/女囚戦記』のみどころを紹介していきます。『猿の帝国/女囚戦記』1番のみどころは、内容や映像などの凄まじいチープさです。

おもわず「自分でも作れてしまうのでは」と思ってしまうほど、Z級映画の中でもレベルが飛び抜けています。

カメラがたまにピンボケしたり、主人公たちが持っている銃はおもちゃのような作りだったり、そのシュールさに思わず笑ってしまう映画です。

『猿の帝国/女囚戦記』を実際に視聴した方の意見を知りたいという方もいるのではないでしょうか。そこで、次の章から『猿の帝国/女囚戦記』の口コミやSNSの反応について紹介していきます。

『猿の帝国/女囚戦記』の口コミ

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93-%E7%94%B7-%E8%A6%8B-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-3774381/

予算とセンスが無いためか凄まじくチープなのが特徴です。実写の上に重ねたCG技術が一因と考えられます。
色気の無い主婦みたいな3人組の気怠い会話、子孫を残そうと迫力無く闘う猿、最高責任者なのに1人で現場に降りて追手になるスキンヘッド等、刺激なく話は進んでいき視聴者に苦痛を与える仕様。

引用元:https://filmarks.com/movies/75160

あらまどうしましょう!何と評価すれば良いのやら。なんかすごいものを見たよっ。猿たちが被り物。女囚ものだけどセクシーじゃないよ。だらだらしててしかも続くよw 終わらせてよ。辛くてこれ以上見られないよ。

引用元:https://filmarks.com/movies/75160

『猿の帝国/女囚戦記』を実際に鑑賞した方からは、「辛くてこれ以上見ていられない」「見ていて苦痛を感じる」といった声が多数寄せられていました。

たしかに『猿の帝国/女囚戦記』は、内容もシュールすぎて映像もきれいではなく、さらに道具はすべて安物でCGも最先端の技術は一切使われていません。

『猿の帝国/女囚戦記』のようなZ級映画を見慣れない方からすると、最後まで見ていられなくなる映画ではあるでしょう。

しかし、Z級映画マニアや興味がある方からすると、みどころ満載で最後まで楽しめる作品です。

『猿の帝国/女囚戦記』を鑑賞したSNSの反応

ポロニア作品の中で一番つまらなかったです
1分の予告映像の時点で飽きると話題になった今作ですが本編80分見るのつらいレベルだった
見どころは空き缶みたいな宇宙船のシーンです

引用元:https://twitter.com/722rowlet/status/1264800465021104133?s=21

1990年代特撮もびっくりなおもちゃみたいな宇宙船から囚人が謎の惑星へと逃げだし、着ぐるみ感満載の類人猿の帝国(5人ぐらい)とわちゃわちゃ追いかけっこ!する映画でした。そして最後は視聴者置いてけぼりの怒涛の展開!さすがマーク・ポロニア監督だぜ!

引用元:https://twitter.com/aimo01/status/1243117638034665472?s=21

『猿の帝国/女囚戦記』を鑑賞したSNSの反応を見てみると、やはり「見ていられない」といった声が多かったです。

とくに『猿の帝国/女囚戦記』のCGは、A級映画のようにきれいな映像は使用していません。映像もブレているところがあり、見ていられないと感じる方もいるでしょう。

しかし、Z級映画マニアからすると「視聴者置いてけぼりの怒涛の展開が良い」という方もいました。

『猿の帝国/女囚戦記』は、『ジュラシック・ビースト』『ビッグフットVSゾンビ』などのZ級映画を手掛けたマーク・ポロニア監督らしい作品でしょう。

『猿の帝国/女囚戦記』はZ級映画マニアにはたまらない作品

『猿の帝国/女囚戦記』は、Z級映画マニアにはたまらない作品です。ちなみに、Z級映画とはA級やB級といった域では計り知れない異次元に属する映画です。

『猿の帝国/女囚戦記』を見続けていると苦痛に感じるか方もいるかもしれません。しかし、なかなか見られないチープさに思わずハマってしまう方もいるでしょう。

それだけA級やB級とはかけ離れた作品であり、なかなか見られない作品でもあります。Z級映画に興味がある方は、ぜひ鑑賞してみてください。

『猿の帝国/女囚戦記』の視聴方法

ここからは、『猿の帝国/女囚戦記』の視聴方法を紹介していきます。まず、『猿の帝国/女囚戦記』のDVDがAmazonにて販売されていました。

また、Amazonプライム会員だと『猿の帝国/女囚戦記』を視聴できます。Amazonプライム会員でない方は、月額500円でAmazonプライム会員に入会できます。

そのほかにも、VideoMarket(ビデオマーケット)でも視聴可能です。VideoMarket(ビデオマーケット)は初月無料で翌月から月額500円で視聴できます。

まとめ

『猿の帝国/女囚戦記』はマーク・ポロニア監督が描いた作品で、Z級映画として知られていました。

安物の道具・無名のキャスト・着ぐるみ・雑なCGなど、Z級映画ならではの魅力が存分に詰まっています。

そのため、苦痛で最後まで見ていられないと感じる方もいますが、Z級映画マニアにはたまらない作品でしょう。

『猿の帝国/女囚戦記』の視聴方法もAmazonプライムやVideoMarket(ビデオマーケット)で可能なので、気になる方はぜひチェックしてください。

Prime Studentに登録すれば、映画をおトクに楽しめる!

「観てみたい映画はたくさんあるけど、お金がかかるからあんまり観れないなぁ……」

そんな金欠学生なあなたに朗報です。Amazonの学生向け会員プログラム、“Prime Student”に登録すれば、社会人が利用できる“Amazon Prime”と同じサービスを“超格安”で利用できます!

Prime Studentの主な特徴を下に紹介します。本当にメリットだらけなので、学生の内に登録しないともったいないですよ!

Prime Studentの特徴

  • 映画、ドラマ、アニメ、Amazonオリジナル番組などの映像作品が見放題!
  • 200万曲以上の音楽が聴き放題!
  • 漫画、雑誌、小説などが読み放題!
  • Amazonでお買い物するときにもさまざまな特典が!
  • 利用料金は年間プランなら2,450円(税込)、月間プランなら250円(税込)
  • なんと、登録から6ヶ月間は無料で使える!

※社会人が利用できる通常のAmazon Prime会員だと、ちょうど倍の金額(年間プラン4,900円(税込)、月間プラン500円(税込))がかかります。

半年間も無料で使えるので、サービスを十分利用してから継続利用するかどうかを決められます。また、社会人になると会費が倍になるので、学生のうちに登録した方がおトクであることは明らかですよね!

ちなみにPrime Videoの作品ラインナップは定期的に更新されています。つまり、気になっている作品を観ようかどうか迷っているうちに観れなくなってしまうことがあるので、迷うくらいなら、今すぐ登録してみましょう!

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>